アンドエム演奏会ビデオ撮影ページヘッダーイメージ

オーケストラ・クラシック演奏会撮影・ブルーレイ・DVD制作

プロ音楽家とアマオケの皆様へ定期演奏会コンサートビデオ制作

演奏会ビデオ撮影・DVD・Blu-ray(ブルーレイ)撮影制作

ミューザ川崎イメージ/アンド・エム演奏会ビデオ撮影

オーケストラ・クラシック定期演奏会、管弦楽コンサート撮影を中心に、アンサンブル・室内楽まで「演奏会・コンサート専門」のDVDビデオ・Blu-ray(ブルーレイディスク)制作・web用映像制作を行っています。


日本のクラシック音楽界を支える実力ある市民・企業オーケストラ、学生オーケストラ・管弦楽団とともに、プロ音楽家の方々との、 コンサートDVD、ブルーレイビデオ撮影制作ハイレゾレコーディングでのご縁を大切にしています。

また、NHK様放送番組での素材のご提供やCATV様放送番組でのオーケストラ演奏会撮影・制作のお手伝いもさせていただいています。

私たちの強みは...、
「音質のクオリティが高い」
「音楽性を感じることができる映像」
「後から鑑賞できる完成度」
にあります。

私たちは、webに溢れる「ビデオ業者」ではありません。
多くの場合、定期演奏会ごとにほぼ100パーセントのリピート指名をいただけること。
次のホール予約が取れた時点で日程確保依頼をいただけること。
webでの派手なPRやイメージに振ったアピール、キャンペーンをしなくとも、常にこうしたご縁をいただけることを大変嬉しく感じています。


■写真撮影(デジタルカメラ:スチル写真)については、
演奏会・発表会写真撮影[Link]へ。

■レコーディング(演奏会録音)については、
クラシックコンサートハイレゾ録音[Link]へ。

音楽性に徹底的にこだわった制作

クラシック演奏会専門ビデオ撮影

単なる動画撮影を超えた音楽性、鑑賞できる品質を。
クラシックの演奏会だからこそこだわる演奏会ビデオ制作の背景。

>演奏会ビデオのこだわり

ご発注からコンサート当日まで

お問い合わせから当日までの流れ

オーケストラ定期演奏会・コンサート撮影・制作をスムーズに進めるための「ご発注から当日まで」を順にご案内いたします。

>ご発注〜当日までの流れ

クラシック演奏会参考ビデオ

オーケストラ定期演奏会ビデオイメージ

オーケストラ・管弦楽・室内楽の演奏会サンプルビデオをご紹介いたします。
基本スタンスは非公開ですが。

>演奏会のサンプルビデオ

ご縁をいただいた皆様のお声

オーケストラビデオご縁の皆様よりいただいたお声

クラシック演奏会・オーケストラビデオ撮影制作でご縁のありました皆様よりいただきましたお声をご紹介しています。

>皆様よりいただいたお声

演奏会・コンサートビデオだからこそ音楽性に徹底的にこだわった記録を

東京芸術劇場アンド・エム演奏会ビデオ撮影

クラシック演奏会、一期一会の貴重な演奏記録としてのビデオ、DVD記録、ブルーレイ制作だからこそ、
「音楽演奏にこだわった演奏家の演奏作品」を「徹底的に音と音楽性にこだわった演奏会記録作品」に仕上げる 必要がある、と考えています。


ご縁のある演奏会はオーケストラコンサートが9割以上、1割はプロ音楽家の弦楽・管楽アンサンブル、ソロリサイタルです。
クラシック演奏会、オーケストラ専門の記録制作会社であること。ここに価値が生まれる理由があります。


「楽譜が読める」とアピールする業者が増えてきましたが、楽譜はカメラ割り(シーンチェンジ)の進行表ではないと思うのです。
私たちは、自身のステージ演奏経験を活かし、シーンチェンジひとつ一つについて意味を考え、楽譜に記された作曲家の意図と演奏者の表現に合致したコンサートビデオ・DVD/Blu-rayの制作を心がけています。

お付き合いいただいているプロ音楽家の方々やアマチュア・市民・企業オケ、学生オケの皆様から高く評価いただいている理由はここにあるのだと思っています。


演奏会ビデオ動画制作アンド・エム演奏会ビデオ撮影 業務機器使用アンド・エム演奏会ビデオ撮影 レコーディング機器使用2アンド・エム演奏会ビデオ撮影

-----[映像記録制作の現状と当方でのこだわり]


■1【演】クラシック演奏会・発表会ビデオ撮影(当ページ)

自身の楽器演奏に基づくオーケストラの音楽性を追求した譜読み、撮影、編集と、テレビ放送番組制作まで手がける間違いのない実績でお応えします。


■2【映】オーケストラコンサートビデオと制作会社の現状

映像制作会社は、音楽性よりも、機器の調整・設定やハンドリングにフォーカスしがちな傾向があるのかもしれません。


■3【音】クラシック演奏会の音声の扱い

音に対してあまり注意を払わないケースが多い現状。当方ではクラシック演奏会レコーディングに供する機器を併用し撮影・収録しています。


■4【劣】劣化して当然の収録が行われている現状

オーケストラ演奏の音声信号は非常にデリケート。ホール支給音声信号をそのままカメラに入力してマスターに使うのですか?


■5【線】音質キャラクターを決めるもう一つの要素

オケ演奏の音声信号は、運用するケーブルによってもその音質や雰囲気が変わってしまうことがあります。


■6【感】計数管理では実現できない収録者の感性

クラシック演奏会を理解し、楽器演奏・ステージ乗り経験が生きる感性の世界も大切にしたいと考えています。


■7【精】音楽に精通したクラシック演奏会専門のビデオ会社

楽譜が読める。というアピールはもう過去のもの。スコアはシーンチェンジのための進行表ではないと思うのです。


■8【板】「音」と「音楽性」にこだわったブルーレイ・DVD制作

まだまだディスク納品は続きます。クラシックコンサートに特化したディスク制作にも品質優先のポリシーを貫きます。


コンサートビデオ撮影オーダープラン・価格についてはこちらをご確認ください。
演奏会・コンサート写真撮影についてはこちらに記載しております。


今すぐお問合せください。スケジュールも調整可能な場合があります。

phone:090-5657-2552(アンド・エム宮本 陽)
webフォーム:お申し込み・お問合せ

オーケストラ演奏会撮影制作 ご発注からコンサート当日まで

オーケストラ定期演奏会・クラシックコンサート撮影・ビデオ制作をよりスムーズに進めるための「ご発注から当日まで」を順を追ってご案内いたします。音楽家の方のリサイタルも基本事項は同じです。


オーケストラスコア配置図イメージ/アンド・エム演奏会ビデオ撮影 コンサートホールケーブル敷設イメージ/演奏会ビデオ撮影

【 ご発注時 】

----- 演奏会情報の確認 --------------------

■1.開催年:
本年、来年の間違いを防ぐため年次もお聞かせください。
■2.開催日時:
未確定でも構いません。まず月日と昼公演・夜公演だけお聞かせください。
■3.開催ホール:
場所とホール名をお聞かせください。
■4.演奏曲目:
暫定で構いません。現代曲や初演などは準備に時間が必要です。


【 ご発注後 】

----- 演奏曲の譜読み準備 --------------------

■5.スコアお手配:
紙媒体かPDFデータでお借り。当方手持ち有りの場合は不要です。
■6.舞台配置特記:
1Vn、2Vnが対向配置など特記事項を。未決定でも構いません。
■7.演奏曲特記:
暫定で構いません。第一楽章のみリピート無し等、あとから変更もOK。


【 ホール打合せ 】

----- 撮影ありのご依頼を --------------------

■8.業者ありの連絡:
撮影が入る旨、ホールへご連絡を。
■9.電源など借用:
電源や音声関係設備借用の意向をお伝えください。詳細打合せ。
■10.客席借用:
客席位置での撮影ご了解を(チケット確認)。


【 直前から当日 】

----- 変更・確定事項の確認 --------------------

■11.演奏に関して:
リピート、カットなど最終確定内容を確認。
■12.舞台に関して:
プルト表をお手配ください。
■13.進行に関して:
進行表をお手配ください。
■14.決済に関して:
詳細ご確認。


以上、記録ご担当の方との確認事項の概要です。
定期演奏会ごとにご担当が変わるケースも多く、不安に感じていらっしゃる方が多いと思います。 ですが、しっかりと連絡を取りながら進めますので心配は無用です。
怖い・煩い業者ではありませんのでご安心ください。
楽器演奏(昔ですが...)のお話しなども交えてコミュニケーションが図れればと思っています。


コンサートビデオ撮影オーダープラン・価格についてはこちらをご確認ください。
演奏会・コンサート写真撮影についてはこちらに記載しております。


phone:090-5657-2552(アンド・エム宮本 陽)
webフォーム:お申し込み・お問合せ

クラシック演奏会・オーケストラコンサートビデオ Smaples

オーケストラ・クラシック演奏会、管弦楽コンサート、アンサンブル・室内楽まで、当方で撮影・制作を行ったサンプルです。
当方、オーケストラ演奏会、クラシックコンサート・アンサンブル専門専業です。発表会から吹奏楽まで...といったような広汎な撮影制作・映像公開を行っていません。


webでの一般公開は、原則としてプロ音楽家の方々のプロモーションに役立てていただける映像に限定しています。
撮影者(会社)の制作によりシーンチェンジを行ったものは、音楽家の方の演奏・表現意図を邪魔する可能性があり、また、誰がどのように演奏しているか、といった個々の音楽家の方々の演奏を全編を通してすべて見ることができるよう、ご要望に基づきFix Version(固定映像)のみを掲載しています。


オーケストラコンサートの映像につきましては、「新規にご発注をご検討いただいている場合に限り」パスワードご連絡の方法によりシーンチェンジを含めた全編完成映像をご覧いただけるようにしています。
良いところだけを数分間ご覧いただくのではなく、トータルでその演奏会を鑑賞していただくことにより本当のクオリティを体感していただけるはずです。
相当数のアマチュアオーケストラコンサートアーカイブがあります。 ([Link]詳細は、予定の演奏会情報を含めお問い合わせください。
同業者の方はご遠慮願います。


----■【ピアノソロ:ピアニスト 米川幸余 様】

Chopin / Nocturne Nr.7 cis-moll Op.27-1
Sachiyo Yonekawa
Ishibashi Memorial Hall
4, Sep. 2016
STEINWAY 1887 NewYork CD54957


Camera:4K-6Cam
Record:192kHz/24bit Hi-Res 4ch-Rec:2ch-MixFinish


----■【弦楽五重奏曲:NHK交響楽団 弦楽器奏者の方々】

Brahms / StringQuintet No.2-4mov.
Vivace ma non troppo presto
"Mafuyu-no-Atsui Classic" vol.5
Satonone Hall
14,Feb. 2016
Rintaro Omiya (Vn.1)
Yuki Naoi (Vn.2)
Ryo Muramaatsu (Va.1)
Shotaro Nakamura (Va.2)
Hiroya Ichi (Vc.)


Camera:HD-2Cam
Record:192kHz/24bit Hi-Res 4ch-Rec:2ch-MixFinish


----■【Interview:NHK交響楽団 篠崎史紀様・中村翔太郎様】

Why Called MARO?
"Mafuyu-no-Atsui Classic" vol.5
Satonone Hall
14,Feb. 2016
Fuminori Maro Shinozaki (Vn.Interview)
Shotaro Nakamura (Va.Interview)


Camera:HD-2Cam
Record:Monoral+2ch.Stereo


私たちは、その媒体に合わせ最適なクオリティで視聴できるよう制作しています。当然、奏者の方々の至高の演奏があってのことですが、その場の緊張感と迫力・空気感まで感じていただけるものと思います。
こうした感動を伝えることができる記録制作を心がけ日々努力を重ねています。


オーケストラ定期演奏会等の映像サンプルでは、もちろん僅少なミスやブレなどが見える部分もあります。すべて毎回完璧などと大言壮語を並べる意図はありません。ですがトータルでご覧いただくことで、その傷を補って余りある完成度である点、ご理解いただけるものと思います。


VimeoとYouTubeには、他の楽章・曲をはじめ、多くのオーケストラ演奏会アーカイブを置いています。
申し訳ありませんが、大半は非公開です。登録者はほとんどなく無名Channelです。
何でも公開して数を競う必要はありませんし、上記のような新規お問い合わせ等の必要時に視聴できるwebプラットフォームとして利用できればそれで良く、不特定多数へ向け無尽蔵に公開するといったスタンスは当方にはありません。


又、YouTubeでは、手当たり次第に版権を主張する悪質な業者が多く(当方のコンテンツ再生により、当該業者は他者の映像にも関わらず勝手にCM収入を得られる)「著作権侵害に対する異議申立て」と、申し立て30日経過後の再度の権利主張に対する「再度の異議申し立て」といった手間がかかるため、積極的に利用することはありません。


【Vimeo: https://vimeo.com/concertmastertv/】
【YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCITwSgi4e11VJn09XTaj3kQ】


VimeoBanner/演奏会ビデオ撮影


YouTubeBanner/演奏会ビデオ撮影

皆様よりいただいたお声

クラシック演奏会・オーケストラビデオ撮影制作でご縁のありました皆様よりいただきましたお声をご紹介いたします。


オーケストラ演奏会撮影・BD制作
最初、検索して情報を見た時点では、テレビ番組の制作やプロの音楽家のために。と書いてあったので、アマチュア演奏団体には難しい業者かもしれないと思いながら、一応、数件問い合わせをしてみた中の一つでした。
ところが、思いもよらぬ楽器演奏のお話しや、今回の演奏曲に対する読解と過去の実績などをお聞きし、急に親しみが持てました(本当に失礼しました)。
2回目のメール返信で、これは間違いない!!と直感したのですが、今納品されたディスクを見て自分たちの演奏ではないのではと思える仕上がりに感動しています。


オーケストラ演奏会撮影・DVD制作
当楽団の過去の演奏会のDVDをいろいろ観賞して検討しましたが、 And EMさんに撮っていただいた映像は非常に満足のいく素敵なもので、我々としてはAnd EMさんにお願いしない理由がないとの結論に至りました。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
メイン2楽章のホルンソロの入りがとても素敵に編集していただいて感激いたしました。 団員を代表してお礼申し上げます。ありがとうございました! 今年の秋に今年度担当者とまたお会いできるのを楽しみにしています。


オーケストラ演奏会DVD・BD制作/リハ音源ご提供
頂戴しましたリハーサル音源ですが、無事問題なく再生できました。
それにしても、ものすごい音質ですね・・・! (月並みな表現しかできずもどかしいのですが) 演奏部分を聞いて、思わず仰天してしまいました。
キメ細かさはもちろんのこと、とにかく各楽器の音に「生気」のようなものを感じると言いますか・・・。 私共も、本番は毎回三点吊りからの音声を舞台袖でCD-Rに録っておりまして、特に****では何度も録音しているのですが、 それと同じマイクからの音声とは思えないほどの臨場感に、しばし唖然として聞き入ってしまいました。
本当に「音」を大事に収録してくださって、改めて御礼申し上げます。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
早速DVDを団員で鑑賞させていただいたのですが、とても好評でした。
臨場感あふれる映像で、演奏会当時を思い出す、だとかソロなどの演奏が皆万遍なく映っていてよかった、などの感想がありました。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
この度はお忙しい中、我が団の演奏会の映像制作をしていただき、誠にありがとうございました。 ご丁寧にご対応していただいたおかげで、とてもスムーズに進めることができました。 ぜひ、今後ともよろしくお願いいたします。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
こちらこそ拙いメールの文章や面と向かっての応対等で「こいつは大丈夫だろうか?」と何度不安にさせたことかわかりませんし、最初のうちは正直メールが来る度にびくびくしていました。
ですが、宮本さん方2人がプライドと誇りを持って撮影に臨んでいることを知り、また大変親切な応対をして下さったお陰でここまでやってこれたのではないかと思います。
途中こちら側のゴタゴタ等もあって多々ご迷惑をおかけしましたが、本当にありがとうございました。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
オープニング映像は皆お気に入りだそうです(コンミスと先生が会話しているシーンが好評でした)。 素敵なDVDを制作していただき、誠にありがとうございます。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
およそ1年もの長い間、最後まで直筆の文書等、心温まる丁寧なご対応をしてくださり、そして何より本団の演奏会にお力添えいただき、誠にありがとうございました。 団員一同を代表して御礼申し上げます。


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
1年間、宮本様との連絡を担当させていただき、大変お世話になりました。 いつも丁寧・親切にご対応いただきまして、誠に感謝しております。 今後とも、****オーケストラをどうぞよろしくお願いいたします!


オーケストラ演奏会撮影・DVD/BD制作
本日DVD.BD到着いたしました。無事に受け取り完了いたしました。
実際に手にとってみて、宮本様が大変丁寧に作り上げてくださったことがひしひしと伝わってまいりました。本当にありがとうございました。


弦楽アンサンブル演奏会撮影・DVD制作
昨日は撮影をしていただき、ありがとうございました。 宮本様は全て安心してお任せできるため、非常に助かります。 今後ともよろしくお願いいたします。


クラシックコンサート撮影・BD制作
この度は、色々お骨折りをしていただきありがとうございます。
VIMEOの動画拝見させて頂きました。画像も音質も素晴らしく嬉しい限りです。


いかがでしょうか。
今すぐお問合せください。スケジュールも調整可能な場合があります。

phone:090-5657-2552(アンド・エム宮本 陽)
webフォーム:お申し込み・お問合せ

コンサートの映像記録をより印象的に残すためのノウハウ

いますぐお問い合わせ

(電話番号タップでスマートフォンからコール可能です)

And EM 電話によるお問い合わせ  アンド・エムお問い合わせ電話番号 And EM メールフォームによるお問い合わせ And EM メールフォームによるお問い合わせ

SSLロックイメージSSL/TLSについて

当web siteは、全ページの暗号化(常時SSL化)を完了しています。