アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

New Entries

Timeline

優しくカワイく撮ってあげたい

神戸元町 双頭鹿の剥製

神戸元町商店街、文明堂薬局さんの前に置かれた、双頭(体が一つで頭が二つ)の鹿の剥製。
撮影のご了解はいただいた。
私が幼稚園の頃から記憶にあるので、かれこれ50年ほどになろうか。
それよりも前から存在していたはずなので、もっと歴史は長いのだと思う。

今から28年前、私は、この世に生まれてくることができず数週間だけで消えた命を授かった。
先日、その子が夢に出てきて「私は頭が二つあったから生まれてくることができなかった。」と話した。
そして、その夢の中でこの双頭の鹿を手に持って「怖い?」と聞くので、これは昔から知ってるし怖くないよ、と応えた。
「元町に会いに行ってあげて。」と話すその姿は長身の28歳。体は半透明だった。
28年経って、女の子だったんだな、と判った。

まぁ、夢の中の話ではあったが、その後、この鹿に会いに行くことにした。
webでもそれなりに有名なようだが、少し怖い感じの画像が多いので、もっと優しく可愛い雰囲気で撮ってあげようと思った。

夢の中での話とはいえ、この世に不思議なことは数多くある。

メルマガ配信エラーの扱い(お願い)

---定期告知---

【平成のデジタルフォト通信】宮本章光オフィシャルメルマガ[ Link ]につきましてのお願いとご連絡。

毎回お読みいただきありがとうございます。

携帯キャリアアドレス(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、i.softbank.ne.jpなど)でのご登録が増えていますが、毎回、ある程度の配信エラーが発生しています。
また、
フリーアドレス(yahoo.ne.jp等)でも、発生するケースが増えています。

過去には、せっかくご登録いただいたので「配信一回目のエラー」が発生してもそのままリストに残しておき、二回連続でエラーが発生すれば登録削除、という判断をさせていただいておりましたが、一回目二回目の管理が煩雑化するため、「配信エラーが一回でも記録された」メールアドレスは、その時点で削除、と変更させていただいています。

昨日の配信でもエラーが発生しておりましたので、該当アドレスは削除の扱いとさせていただきます。

当方では、配信サーバーサービスを利用しており、SPFレコードの設定も確認済みです。
しかしながら管理の煩雑化は避けたく、大変勝手を申しますがご理解いただきたく何卒よろしくお願いいたします。

フィルター遊びに飽きたら

photo AKIRA MIYAMOTO

フィルター遊びに飽きたら...。

意図的に構図を崩してみる。

思いもよらない結果が手に入る、その意外性を楽しんでみるのも良いかもしれない。
故意に階調や色調を破壊し、意表をついた結果で人目をひく。といった手法と、ある意味では同じベクトルを持っているのかもしれない。

ただし、撮影時の足元には十分にご注意を。
そして、周囲の人や物に対する配慮も忘れずに。歩きスマホは危険です。
安全第一。平衡感覚を崩すことによる事故等一切の責任は負えません。すべて自己責任にてお願いいたします。

スマホカメラで業務使用に耐える写真を撮る

[定期告知]
(この記事は定期告知PRです)

スマホカメラで業務使用できる写真?
そんなもの撮れるわけないだろう...。といった声が多い。
もちろん、釣り目的でいい加減なことを書くつもりはない。

今必要なスキルは、ただ構えてシャッターボタンをタップすることではなく、必要な最終アウトプットが確実にできること、そして使途を意識した撮影ができること。

営業担当のカバンの中やポケットにあるスマホカメラが、これほどまでに有効活用できるのだと再認識し始めた企業が増えている。
パンフレットやポスターに利用するオフセット印刷350dpi解像度に耐えるかどうかではなく。
明暗差の大きな自然界の被写体に耐えるダイナミックレンジが必要かどうかではなく。
照明を駆使したスタジオ撮影による総合カタログ用の商品撮影ではなく。

こうしたケースでは、確かにスマホでは歯が立たない、と知ると同時に、そうではない被写体と使途によっては、日々のアーカイブ的な意味合いやスクープ的なショットなど、「営業担当兼自社撮影者」が確実に手に入れることができる画像・動画データの底上げをして行く必要が急務だといった認識が高まっている。

こうした企業様の声にお応すえる「仕事に使う写真術」
今夏は、数多くのお問い合わせをいただいています。また、実施・開講も増加しています。

「仕事に使う写真術」[Link]にて詳細ご確認ください。
また、
セミナー・ワークショップ系は「出張写真教室・カメラ研修セミナー・講演講師派遣」[Link]にてご確認ください。

[当方、該当ページイメージ]
seminar_photolesson.jpg

Macのログイン画面が英語表記になった場合(覚え書き)

【Macのログイン画面や終了画面が英語表記になった場合に日本語に戻す方法】(覚え書き)

ちょうどmacOSのアップデートが配布されているタイミングだが、こうした更新を適用した後、ログイン画面や終了画面で「英語表記」になってしまうことがある。

もちろん、平易な言葉であるし、それまでは日本語で見慣れていたメッセージであるため、書かれている内容に困ることはない。(Enter Password の表示を見て、理解できない人はそう多くないと思う。)

ただ、やはり日本語OS環境であるから、すべてのフローにおいて日本語表示される統一感は欲しい。
ということで、
主たる言語を日本語に設定し直す方法の覚え書き。

1.ターミナル起動(command+spaceでterminalとタイプするのが早い)
2. sudo languagesetup をタイプ
3.ログインパスワードを入力
4.「主に日本語を使用する」[6] を入力
5.exit

以上、覚え書き。

Categories / Archives