アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

日本人としての誇りを忘れず

photo AKIRA MIYAMOTO

現在、歴史・文明の大転換期を過ごしています。
いえ、それよりも更に壮大な宇宙の輪廻を体感している今このタイミングです。

ディスクロージャーが近いように感じています。
あるいは、
The Event(COBRA)のタイミングも近いのかもしれません。
いずれも不明ながら、さほど遠くないうちにその機を迎えるはずです。

どちらも、昨2020年には嫌というほど綴りました。アーカイブは全て残してあります。


世界でも類を見ないほど「眠り続ける」人たちが多いと感じるこの国の人たち。
しかし、それは「洗脳」が深すぎたための被害者であるといった現実を忘れてはなりません。
権力者にとって、それ以上に優れていては困る対象であったからこそ、その根を絶やすために戦後の洗脳が激しく行われてきた事実。そして、教育から食べ物に至るまで、その種を根絶するための手段を厭わない政策が次々に行われてきました。

この日本という国がこの世のスタート地点であったこと。様々な情報から知ることができます。
「言霊」についても、その神聖なパワーが権力者の脅威となるために、漢字レベルから蔑ろにする政策が次々と重ねられてきたのです。

このように、特定権力者が支配を強固にする目的で、本来備えていた潜在能力をスポイルし、奴隷化・家畜化を進められてしまったこと。そのこと自体さえ判らないようにされてしまったこと。
いまこそ、そこに気づき、本来の覚醒に至る必要があります。

そして、その段階にまで至ったのであれば、
次は、優れた民族やそうでない民族...といった区別なく、人類は本当はみな対等・平等であり、等しく豊になれる権利があることにまで意識を巡らせます。
さらには、
こうした二極化の体験をするために地球に転生してきたことを知り、その目的を果たすために「いまのこのタイミングに生きている」ことまで知る必要があります。


ディスクロージャーもイベントも、
新しい次元、新しい地球のスタートとしてのトリガーの役目を果たします。
しかし、
そのプロセス自体が目的になってしまったのでは、その後の展開に至る前に燃え尽きてしまいます。
いまこそ日本人としての誇りを再認識し、この転換時期を乗り越え、新地球での中心地たるこの国のリーダーとして歩みを進めて行きたいものです。

準備はできていますか。
まもなく嵐がやってくるように伝えられています。
ポジティブエネルギーを心にチャージし、高い波動を維持し続けてください。



【直前記事】
ETコンタクトが近いのでしょうか
【前々記事】
新聞社在籍だった父が50年前に語った言葉
2021/01/10(Sun) 20:46:38 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories