アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

思考停止は淘汰を自ら意志表示

過去記事【羊として生きる道】[Link]
でも綴りました。
自分自身の近未来は、自身の意志によって方向付けるものに違いありません。

言われるまま従順な生き方をする。
それは「自ら考える必要がない」ので、とても楽な生き方かもしれません。
繰り返しますが、それは個々人の自由です。

ただ、
生命は「淘汰」という現象と切っても切れない関係にあるように思われます。
いま、
宇宙規模の超弩級イベントが「予定された通りに」続々と進行中です。
これらのスケジュールは、人間如き存在が変更することはできないとされています。
この流れの中において「思考停止人間」は、その淘汰の対象となってしまう可能性について認識しておく必要はないでしょうか。


「進化」とは、物理的に目に見える変化のことだけではなく、もっと精神的な部分においても求められているはずです。そして、まさにその部分こそが必要とされており、今がその瞬間なのです。

物質社会が終焉を迎えていることは何度も何度も重ねて綴りました。
経済破綻させるのが目的だからさぁ...。と軽快に語りながら、その本人は物質第一の社会から全く卒業できていない。といったような笑うに笑えない事例もありました。
また、
精神性・霊性を重んじる考え方に対し、スピってる...と馬鹿にしスルーする態度も同じく、思考停止と同類項に分類されてしまう可能性を感じます。


精神性・霊性の進化が求められている今のタイミングにおいて、
自らの意思によって、そして自らの行動によって、その進化から外れるのならば、これは「自身を淘汰」してほしい。という意志表示をしているようにも見えます。

淘汰とは、
生命自らの意思ではなく、その時々その時点での種々プライオリティによって決定されるのではなかったでしょうか。


宇宙は・地球は、そして歴史は、「精神性の成熟」に関して、いま最も高い優先順位を付け、わたしたちをフィルターにかけているのではないかと思っています。
経済破綻させるのが目的...とともに、それをネタとして笑い飛ばす思考停止した人たちまで「淘汰」しようとしているのでしょうか。

大自然の、大宇宙の摂理は、ここまでドラスティックなもの。と驚かざるを得ません。
切り株の内側から、新たな別の生命が芽吹くように、5D NewEarthにおいて新時代を生き続けたいと思っています。



【関連・参考記事】別windowで開きます
羊として生きる道[Link]
歯車は止まった瞬間に鉄クズ[Link]

NaturePhoto AKIRA MIYAMOTO
2020/10/29(Thu) 20:17:46 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories