アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

時間切れの可能性?

みんな平等で、
みんな同じで...。

それはひとつの考え方です。
しかし、
「自らの意思により」同じになりたくない人たちもあって当然だと思うのです。


【もう間に合わないかもしれない】

覚醒しないこと、それは、
覚醒時期が相対的に早いか遅いか?ではないように感じます。
それは、
覚醒したくない、するつもりはない。
との、ご自身の意志表示ということでしょう。


同じことを、あと2ヶ月ほどの「速習コース」で体感する、となると、歪みが大きく耐えきれない可能性もあるかもしれません。
結果として、ゴールに到着する前に放棄してしまう、という結論。
何より、
試験勉強のように数をこなせば良い、というものではなく、個々人の精神性・霊性の成熟が不可欠であるため、もう間に合わない可能性も高くなっていますよ。ということです。


約10ヶ月を経てのわたしの身体的変遷を辿ってみます。
(精神的変遷はこの場のアーカイブが全てを語っています)

自身の肉体に訪れる、激しい頭痛や睡魔、関節の痛み・酷い肩こり。歯に突然に石を噛んだような衝撃と脳内への響き。
これらは、ある時期に頻発し、そして突然消滅・回復します。
そして、
時計が止まる体験、秒針の刻みが変化する体験、意識が突然に別の場所にゆく体験。
リアルすぎる夢の記憶(実は夢の中こそ真の自分...)と続きます。
夢の中では、何度も死を迎え、その瞬間の様々なシチュエーションが明確に現れます。
過去生での、それぞれの最期をトレースしているかのような、その夢の中での展開...。

夢の中で特定の場所が繰り返し現れ、ある時それらを「卒業」すると、精算されたかのように綺麗に消える。
こうして浄化されながら、
現実では、続いて周囲の動物・植物に変化が現れ、さらに顕著に見えるようになります。
エンジェルナンバー(あらゆる所にゾロ目が並ぶ)が頻発し、どうでも良いことと大切なこととの区別をはっきりと「感じる」ようになります。
また、
自分のところだけ風が吹かない、雨が少ない台風(向かいの家には激しく降り雨戸が音を立てているにもかかわらず...)等々。
そして、
自然の氣を強烈に感じるようになります。


大丈夫か?
頭、疲れてないか?

今年、多くの人たちが口を揃えて言いました。
ですが、
大丈夫?なのは、そちらの方では?

もう間に合わないかもしれません。
はい、
それがあなたの「意志表示」ということなのだと思います。
これからも、3D地球と同じ環境のある他星系に転生し、現在よりも激しく劣化した激しく苦しい奴隷人生・転生を繰り返す、といわれます。


ここで、今後永遠に経験することのないとされる輪廻転生を卒業し、5D NewEarthへ確実に降り立つために、さらに磨きをかけたいと思っています。
カリ・ユガの時代は終わり、もう道は完全に分岐しているのだろうと感じています。
2020/10/10(Sat) 15:42:12 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories