アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

中身より「看板とバッジ」な人々

もう終わりました。
そんな時代、そんな社会はもう終わったのです。


何が語られているか、
何が伝えられているか。

そうした中身よりも、
「誰が語っているか」
「どの会社・どの先生」が話しているか。

その部分にしか関心が向かない人たち、大多数の日本人。


あの先生が話してたから...。
あのテレビで言うてから...。

だから正しい。
無名の私が書いている内容など信用するに値しない。
口では言わずとも、いままで返してきた態度がそれを語っています。

というより、まだテレビご覧になっているのですか。
ご近所でも、テレビの音が終日聞こえるところがありますが...。
いずれその場所は、5D NewEarthでは「更地になる」と感じています。



こんな判断を続けていますと、いずれ「大きなしっぺ返し」を受けることになります。
いえ、もう天罰が下っているのです。まだ判りませんか?

【このままでは経済破綻すると?】[Link]
で書きましたが、できるだけ多くの人々がポジティブな意識の集合体として団結してほしいのです。
その集合体意識が具現化し、これからの社会が決まるからです。
8月の針の目のトンネルの話でも、集合体としての意識が少なすぎたために3年間その機会が伸びてしまったように聞きます。


多少「起床」が早かったかもしれない立場でも「同じ波長に合わせ」さまざまな内容を伝えてきたつもりです。

これは現在、他星系から届くメッセージを伝える高次存在たち(といわれる)も同じように感じているのかもしれません。

いつまでも目を覚まさない地球人に、熱心に大宇宙の摂理を伝えようとしてくる彼ら。
低次に波動を落とし伝えてくる努力。
但し、
チャネリング情報は、あまり(といいますか、ほとんど)信用していないのですが。



どの時点で、いつのタイミングで、完全に離れ、線引きするのが良いのか。

自らの波動をまだ自由自在に制御できない者にとっては、やはりいきなり高波長に調整するのは難しいので、ウォームアップの時間が必要なのです。
いえ、
もうそんなグズグズはとっくに終えて、そして外側に作り出される他者のマトリックスなど見ず切り捨てて、自分自身・個々人の内側に気がついた人たちだけで5D NewEarthに向かえばよいのかもしれません。


看板とバッジにしか目が行かない日本人。早く目を覚ませ。
現在の延長線上に未来は存在していません。
2020/09/27(Sun) 15:53:03 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories