アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

迷ったなら「言霊」と「直感」に訊く

現在、情報戦争の真っ只中。
情報の受け取り方・扱い方如何によって、命にまで関わる。
現在、まさに命にまで及ぶ状況に陥っていることは否定できないはずです。


先般、
「情報が正しいか早いかは関係ない」[Link]
を綴りました。
溢れる情報の中、何を判断基準とするのが良いのか。

個人レベルで扱う情報は、
「正しいか早いかは関係なく、心の波動を高めるかどうか。」
この基準で判断する時代に入っているように感じています。

しかし、
あまりにも混乱が大きく、そして「対立」が激化することにより、そのノイズの影響が激しく「波動そのものを感じることができない」状況に陥ることも多々。


以前から、
直感・勘に尋ねるのが最も適切な答えを得られる可能性が高いこと。
そして、それを実行してきたわたしの感覚にも触れてきました。
ここで、
さらに強固な判断結果を得るための材料として、「言霊(ことだま)」にその役目を担ってもらうのが良いのでは、と思っています。
日本語の持つ本来のパワーを、いま一度、感じ取る必要があるのは、と。


さまざまな情報に触れるとき、その媒体としての「言葉」にフォーカスしてみるのです。
その情報「発信者」が語り、記述する「言葉」に耳を傾けてみます。

漢字ひと文字、言葉ひとこと。
その扱いがとても「丁寧」な場合、あるいは反対に「乱雑」な場合。
その扱いがとても「親しみ」に溢れている場合、あるいは反対に「拒絶的」な場合...。

言葉を発する人の心が「言霊」に託され「言葉」として表出します。

その奥深い部分を観察してみるのです。
これを、以前から行ってきた「直感・勘」と併せて波動を感じてみるのです。



ここで共鳴したものが、自分自身にとって「必要であり正しい」情報だ。と思われます。
当然、人によって結果は異なります。
そして、その結果は「一瞬一瞬ごとに」変化します。

これこそが、
自分が創り出す「タイムライン」であり、
自分が創り出す「マトリックス」なのだ。
と気づく瞬間です。

結果を創り出すのは、自分自身の思考と意識である。といった人体実験。
もうご自身で証明されたことと思います。

これが「うまく行かない現実ゲーム」であり、目の前はマトリックスである。ということなのです。


これからも奴隷生活を続け、3D世界でのさらに苦しい輪廻転生を繰り返したいでしょうか。
そうでないのであれば、5D NewEarth へ移行する準備を進めてください。
自分自身の「内側に尋ねる」。
そして、心地よさを感じるもの、それのみを維持し続ける。

これだけです。
2020/09/24(Thu) 20:30:44 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories