アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

近未来を本気で考える時

自分自身の近未来、それは数ヶ月から1年ほどのイメージ。
会計でいうところのOne Year Ruleの範囲かもしれません。

-----いずれ近いうちに世の中が「元に戻る」。
だから、今は心を平穏に保つのですよね?-----



昨日までの記事で伝えたかったことは、100パーセント伝わりませんでした。
わかりにくい文章とともに、こちらの能力のなさもあるように感じています。


元に戻りたい、と願う人はそのまま現状がさらに悪化・凄惨化し重ねて苦しみ、再び26,000年の輪廻を繰り返す。
それが自身の希望であり、それが意思表示だから。です。

背景として考慮すべきは、
今、宇宙規模での非常に重要なタイミングに入っているということなのです。
それは、人間の意識や行動では変えることができない宇宙規模の周期だから、といわれます。

過去に栄えた文明が滅んだ周期。
西洋・東洋の文化・技術覇権転換期。
そして、
地球の地政学的な変動期、また、その物理的一斉浄化の時期。
太陽活動の極小期と、続き予想されるソーラーフラッシュまで。
さらには次元上昇なる未知の要素まで。

これら以外にも、さまざまな要因が複雑に絡み合う、そんな大変な時期に突入していることは確かだと思われます。
この重要な機会に、
人間のレベルでは「マトリックスから脱出し、輪廻転生のサイクルを終了させ、魂としての新たな生き方」に移行して行きましょう。ということだと伝えられています。


ですので、穏やかにしておけば、いずれ嵐が去って「元に戻る」のではないわけです。
まさに、そのような話とは次元が違う。ということです。

ですので、道は分岐し、それぞれの将来は別々に創られる。と伝えられている通りだと思うのです。


---非科学的な話は信用しない...。
---証明できない話はウソに決まっている...。

はい、どうぞご自由に。
それが自身の選択であるならば、何も、そして誰も否定も強要もしません。
その通りに近未来は創られることでしょう。


平穏を保つことは、現時点で作り出されるマトリックスを、ポジティブ方向のベクトルに向けるためであり、昨年までの状態に戻すことが目的ではないのです。

あらたな未来を「自分の手・自分の意識」で拓いてゆこうとする姿勢は忘れたくありません。
そのため、
同じ価値観を共有できる方々に、自分のフィルターとソート基準ではありますが、溢れる情報を、ここにまとめて綴っています。
2020/09/02(Wed) 12:25:43 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories