アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

勘こそが最も力になる

「勘」。

この言葉を聞くと、何かいい加減で、あやふやな当てモンのようなイメージを持たれるかもしれません。
化学式で証明できませんし、数式による演繹もできません。

けれども、結果として「最適で最も確率の高い」アウトプットを得ることができる。という体感を得ています。


そもそも、勘という言葉を使う時点で、
いい加減な判断...といったイメージを勝手に当てはめているだけではないでしょうか。

実際には、
膨大な経験値や実績に立脚し判断を行っており、サイコロの目で決めているようなイメージとは程遠い正確性があるはずなのです。


対局にある、権威あるコンサルに提案を求める方法や、多数の人的資源を投入し検討プロセスを経て得られた結果と比較してみても、勘が導き出した結果は遜色ない、あるいは確率では上回ることもあるように感じます。

勘がアテにならない。
とおっしゃるのであれば、それは経験値のサンプリング数が少なすぎるのか、判断アルゴリズムが誤っているか。
ということではないでしょうか。

勘とは、
テキトーな博打的な判断を言うのではないことに気づくべきではないかと思います。


今、こうした勘が求められているはずです。
磨いてください。
そして動作クロック数を上げてください。

何ごとも、磨かずして光ることはありません。








2020/06/30(Tue) 20:40:11 | globalism
5947159
rssロゴ

New Entries

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【グローバリズム】

>globalism

2nd.popular category

人気カテゴリーNo.2

【インフォメーション】

>Information

4th.popular category

人気カテゴリーNo.4

【お金・キャッシュレス】

>Money/Cashless

 

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします