アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

ノイズを隠すための高コントラスト

photo by AKIRA MIYAMTO

少し古めのアーカイブから、当時のコンパクトデジカメデータを引き出して画像を触ってみる。

現在(2015年10月)と大きく差を感じるのは、シャドウ部分のノイズ処理。
今ではセンサーが飛躍的に大きくなったこともあるが、普及クラスのモデルではさほどサイズに変化はないため、暗部のノイズ消去の技術が上がったということだろう。

実際、シャドウ部分のガンマカーブを触ろうとすると盛大にノイズが浮いてくる。
なるほど、シャドウ部分は階調がほぼ見えない程度にまで潰され、それはノイズ隠しのチューニングでもあったことをうかがい知ることができる。


旧日比谷図書館(現:日比谷図書文化館)、2008年に改築前の姿を残すために撮影したもの。
当時は、ポケットにはまだコンデジの時代であった。
2015/10/25(Sun) 20:00:07 | ISO_Noize
5910911
rssロゴ

New Entries

2nd.popular category

人気カテゴリーNo.2

【インフォメーション】

>Information

4th.popular category

人気カテゴリーNo.4

【お金・キャッシュレス】

>Money/Cashless

 

Categories / Archives