アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

ディスクロージャーその先を見据えて

ディスクロージャー(Disclosure)。
何が開示されるのか。それは散々語られていますのでもう必要ないと思います。

昨2020年8月に【真実が公開されたときにあなたは?】[Link]
を書いています。
セミの合唱がBGMだった時期に、コイツわけのわからんことを書いてるよな〜、とスルーしていた人たちも、今となっては目を逸らせないはずです。
今度こそ本当にいよいよでしょうか。

webでは、まだかまだか!と騒々しいのですが、とても大切なこと。
それは、
真実が公開されたその後、自分自身がどのように生きてゆくのか?だと思うのです。

真実の公開とともに黄金時代の幕開けだ!と喜びましょう。それは誰も同じでしょう。
多いに喜びを分かち合いたいと思います。
ですがその後、
自分の存在価値、自分の役目、自分の果たせる仕事はどこにあるのか。
ここが大切になってくるはずだ、と感じています。

少なくとも、いま生きているわたし達が生まれて以来、ずっと体験してきた資本主義経済・貨幣基盤の社会が崩壊する訳ですから、これまでの思考スタイルの多くが役に立たなくなるであろうことは予想に難くありません。
当然、いきなりの変化は混乱の原因となりますので少しづつ変化が起きてくるでしょう。
その間にしっかりと「地に足をつけて」考える必要があると思われます。

今、存在している企業や業務形態が激しく変化することは容易にイメージできますし、いつまでも旧来のスタイルにしがみ付いている限り、その泥舟とともに息絶える道を選択していることになります。
ここをよく考えたいものです。

そして、
稼ぐ必要のない世の中バンザーイ、の次にくる、自分の価値の創造と役割の認識。
ここを今から準備しておくのも悪くないように思います。

権力者の支配するピラミッドの社会はもう終わります。
終わってからお祭りに参加し、その場に及んで燃え尽きて終わってしまわぬように。

それからもう一つ大切なこと。
旧来の奴隷として生きる道を選択した人たち(=大半の人たちかもしれませんが:もう分岐しましたね)は、他惑星に転生させられる、とのことですから、やはりもう何度も語り続けられてきましたように、これで永遠のお別れです。お世話になりました。ありがとうございました。
もし乗り換え希望があるのなら、まだできるかもしれません。個々人の自由意志に委ねられています。

数万年、数十万年間だとかの再度の転生の後に、再び巡り合えるようでしたら、その時の再会を喜びたいと思っています。


先手先手を打って行動する。
今このタイミングでこそ使われるべき言葉ではないでしょうか。
もちろん、いまこの瞬間瞬間をブレずに生きる。その基本があってこそです。




【直前記事】
まだ「他人」に頼りますか
【前々記事】
「サトラレ」時代への心算はできていますか
2021/01/05(Tue) 20:33:27 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories