アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

2020冬至の区切りに向けて整える

それは、以前2012年に騒がれたような「一夜にして激変する」現象とはならないように思われます。
その年には空騒ぎをしたために、「目の前で花火が上がるかのごとく派手な現象」が何も起きなかったことに対して散々な罵声が溢れました。
当時の記録を残す「放置され廃虚となったBlog」を、現在でも各所に見ることができます。

もちろん、その裏では着々と変化が続いてきていることはご存じの通りなのですが。
今回も、目の前の風景は、いつもと同じように...。継続してゆくはずです。

ですが、
心理的には大きな変化を感じる可能性が高い。と伝えられています。
目の前の風景が変わらないのであれば、心理的にも大きな感情の変化もないのではないか?
そのように語る人も多いように見えます。

これこそが「分岐した道」を端的に表現しているわけで、
心の感覚センサー感度を上げてきた(バイブレーションを上げた)人たちにとっては、何らかの大きな変化があるのではないか。と期待しています。
反対に、センサー感度を上げずに「下げた・センサーを切った」(波動を下げた)人たちには、さらに多くの「ネガティブ」方向への変化が加速する可能性が高い。
とも伝えられています。


前投稿のように、宇宙規模でのスケジュールは人間が望むかどうかに関わらず「予定通りに」やってきます。
ソーラフラッシュの先駆けのような現象が発生する可能性も語られています。
避けられない宇宙の摂理に対して、その時期がいつなのか?その情報を探し回るのではなく、来たるべき5D NewEarthとともに魂を磨き進化させる方向へ転換する時ではないかと思うのです。

すでにどちらを選択するか(したか)によって「分岐」が明確化しており、さらに磨きをかけるためには、どのようなアクションが必要なのか。
あと約2ヶ月間に取り組むべきことは必然的に決まってきます。
心を整え、ガラス窓の向こう側にフォーカスしないことです。

明けの明星(金星)は、新たな夜明けに向け輝き続けています。


【参考・関連投稿】別windowで開きます
ガラス仕切りの部屋
すべてを受け入れる覚悟はあるか
ソーラーフラッシュ検索の裏を見る

IMG_5883_2020.jpg
2020/10/26(Mon) 12:22:15 | TheCosmos

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories