アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

口に入れるものを選ぶ大切さ

もう、何度耳にしたことでしょうか。

--「そんなバカなことがあるかい」
--「そんなことができるわけがない」

ほぼ今年の9か月間すべて、何度も何度も繰り返されてきた言葉です。



食べ物に関ししっかりと関心・意識を持たねば体を壊す。
それは、添加物の影響だけではなく、大々的に日本人の命を狙っているといった背景があるのだから...。

すると、「そんなバカなことがあるかい」とレスポンス。


政府は国民を守りませんよ。
いままで散々経験してきていますでしょう?
自分で守るその第一歩は、食の安全からです...。特別に意識しなければ、デフォルトで「危ない」のが現在の世の中ですよ。

すると、「そんなことができるわけがない」と返ります。


食べ物だけではなく、
今年2020年初から、さまざまな事項・事象で、すべて同じ反応でした。
とにかく、
そんなことができるわけがない...。そんなバカなことがあるかい...。
と、オウム返しの言葉しか聞こえてきませんでした。


こちらでご縁のあります皆様には、もう十分だと思います。
すでにVirus祭りも終わりました。
羊として生きる人たちは、ガラス窓の向こう側の部屋に「みえているだけ」です。



しっかりと心を平穏に維持できたなら、次は口にするものについて意識する必要があります。
何より、
「直観・勘」を信頼する時点での安定性と正当性に関わります。
そして、
ソーラーフラッシュ時には、体内の「重金属」に反応してしまう。との論説もあります。
体内の金属に反応して発火する可能性もゼロではない、とのこと。
容易に理解できます。
(これ、お分かりですね?:「五人の爺さん」の○人手段テクノロジーと同じ原理でしょうか。)


金属なんて食べていない?でしょう。
ところが...なのです。

社会情勢に対する真実探しの旅を終えたのなら、次は「食」にフォーカスされてはいかがでしょうか。

ソーラーフラッシュがいつに起きるのか?
これを探し回るより、「よろしくない食べ物」を口にしないことのほうが重要度が高いように感じます。
怖いのは、蓄積されること。
完全無欠なものがない以上、排せつ排出にも意識が必要かもしれません。
2020/10/20(Tue) 16:41:03 | Mental

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories

Donation/応援をお願いいたします