アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

羊として生きる道

言われたことだけを忠実に守って生きる「ヒツジ」たち。

それも一つの生き方。肯定も否定もいずれのジャッジもしません。
ただ、
25,000年から26,000年ごと(あるいは半期の13,000年)の大転換期を迎えていることを知ったのなら、その生き方が望ましいのかどうか...。


そのような宇宙規模で超弩級の大転換が起きようとしていることを知らずに「楽な道」というだけでヒツジの生き方を選んでいないでしょうか。
まさに、自分の頭で考え・判断・選択する極めて重要なタイミングが、この2020年(だった=もう過去形で良いかと)かもしれません。


情報は、誰にでも均等に手に入る時代です。

手元のスマホはゲームとLINEかSNSにしか使わず、休日にはテレビでVirusに踊らされながらビールで乾杯。PCは電源も入れない...だって、スパムメールばかりだからさぁ...。と。
毎日、真面目に働いたら月額の給与も減らず会社も(今のところ)安泰だから...。

政府がいう通り、会社がいう通り、その指示に従って生きていれば何も不自由しない。
それの何が不満?という論法のヒツジさまたち。
この時点で「それを遥かに上回る至福の精神世界」を体験できる可能性は消滅してしまいました。


約85パーセントの人たちは、再び「奴隷として生きる3次元他星系」で、永遠に続く輪廻を繰り返す。
約10パーセントの人たちは、5次元に上昇した新地球で、動物以下から再び転生をやり直す。
そして、
約5パーセントの人たちが、魂を進化させ、望むものを何でも手にでき、人と人との結びつき・自然や多くの生き物たちとの絆を大切にしながら、貨幣経済の存在しない精神世界が実現する世の中を「自分たちの手で」構築してゆくことができる。
と語られています。


「ヒツジとして生きる方法を選択」した人たちは、85パーセントに含まれ、10パーセントや5パーセントのグループには決して入ることができない、といわれます。
そして、2020年10月。
もう、その分岐が確定したかのように見えます。

全て、自らの「直感と勘」に委ね、それを信頼してきた数十年間の集大成が、いま最終ステージで役に立つことを証明してくれているように感じています。
まだまだ山積する課題をクリアしながら、そのグループに入れていただくために精進を重ねたい、と思っています。


羊として生きる道。
それは、ご自身の選択であり他人は決して触れることができません。
(別の世界・選択肢があることを知らずとも)満足している限りそれも一つの生き方なのだ。と、ようやく客観視できるようになりました。

ただ、
極めて大きな別の選択肢・世界が展開する可能性が高い大転換期に差し掛かっていること。
それだけは伝えてゆきたく思います。それが役目だと思うからです。
2020/10/16(Fri) 14:21:37 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories

Donation/応援をお願いいたします