アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

新しい仕事:5次元新地球で生きる

これから新しい仕事が加速度的に数多く創出されるのでは?と感じています。


えっ?
経済破綻しかかっています、商店街シャッターだらけですよ...。と。


もう、この発言が出る時点で、「思考が完全に分岐」していることが判ります。
この現在の経済社会が、再び続くことはありません。小学生でもわかります。

物質社会は終わりました。
数を追い、カネを追い、地位と名誉のステイタスを誇る。そんな時代は終わったのです。
経済も国家も、とっくに「実質」破綻しています。

それなのに、いまから国勢調査だとか。


コロナが終われば...頑張って元の世界に戻そう!
と、勇ましいスローガンを掲げる人たちも少なくありません。
ですが、その実、ご自身の行動はマスクマンで感染者数を追っている...残念な人と言わざるを得ません。

あなたがマスクを捨てないからコロナは終わらないんですよ。
そんな簡単な図式も理解できていない。真逆なんです。
重ねて残念です。

はい、ネガティブ波動リリース・破棄します。



うまく人類が次元上昇を果たし5次元新地球に移行できたのなら、新しい秩序に基づく社会を「白紙から創り上げ」なくてはなりません。

もちろん、
いきなり高次元宇宙人にカラダが置き換わるわけではありませんので、目の前の現実はそのまま。
(一部、物質的なものが消滅する...との記述もありますが、これは不明ですし実際に次元上昇をしなければ何もわかりません。)


政治は崩壊していますから、まずは「町内会」のような自治精神の集合体が必要でしょう。
仕組みづくりで旗を振る立場も必要でしょう。

学校制度も崩壊している可能性があります。(これは希望的観測に過ぎませんが)
寺子屋の先生を名乗り出るのも良いかもしれません。

くだらない「強制」をするのではなく、共同体としてのルール作りにスキルを活かせる人も必要でしょう。
告知のためにwebを活用するのなら、そのためにパソコンスクールの知識や講師歴が役立つ人たちも活躍の場ができてきます。

こうして、名実ともにホンモノの自治体が形成されるのではないかと予想しています。


その基盤となるBI(ベイシックインカム)は、国が整える必要がありますが、
GESARA(USA)/NESARAの実行が近いかも。との声も、もはや大きくなる一方です。

すでにQFS Moneyが稼働し、海外送金SWIFTシステムも終了した。と書かれている記事も多い状況です。
また、
ここ数日のdocomo口座問題は、地方銀行を巻き込んだ「金融リセット」のための施策だと考えてよいかと思っています。(真偽不明)


よく、webでは「働かなくてよい社会」という言葉を耳にします。
ですが、
正確には、「お金に縛られない社会」が、まず今の経済社会崩壊のあとの繋ぎとして実現したあと、次元上昇による「分岐した道」のポジティブタイムラインがさらに成熟してから、働かなくてもよい社会に移行することになるように思われます。


兎にも角にも、
次元上昇のタイミングが冬至近辺に。
と語られていますが、何度も書き綴ってきましたように、いきなり風景が変わることはないと思われるため、地に足をつけた思考で、一歩づつ進めてゆきたいものです。

思考は、ポジティブタイムラインのみにフォーカスを。
OSのクリーンインストールは、あと少しの期間で完了するようです。
2020/09/19(Sat) 17:32:34 | New Age

New Entries

Archives / Serch

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories

Donation/応援をお願いいたします