アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Content

神も救世主も現れない!

もはや、コロナ脳の人たちとの接点は不要ですが、
「ある程度気づいた・目が覚めた方々」が陥っているようにみえる落とし穴。

例えば、
Qanon系の人たちは、もう我慢の限界「早く緊急放送を!」というイメージ。
また、
スピリチュアル系の人たち、あるいはCOBRA系の人たちは、
心を一にして瞑想・いつまでも祈りを続けて...。でしょうか。

(写真下に本文続く)
夜明け前が一番暗い photo AKIRA MIYAMOTO

個人的には、いずれも支持する。だとか傾注する。といった状況にまでは至りませんが、
これらの情報源に真実が隠されていることが多いので、少なからず注視していることには違いありません。
当然、真偽はともに混在しているであろうことを理解の上で、さまざまな情報源から自らの判断を下すべきである点は忘れずに。


今必要なこと。
それは「ひたすら待ち続ける」ことではない、と思うのです。
いえ、
もう、個人レベルではどうすることもできない状態なのは確かです。
疲弊し、精神的な「持って行き場のない」ストレスも相当なレベルです。


この5か月ほど、もう嫌というほど伝え続けてきました。
この場のアーカイブも、とてつもない物量になりました。(月別アーカイブ [ Link ]
個別にお伝えした方々からは、けんもほろろに否定され・拒否され、その後は音信不通。
おそらく、今だに居眠りし続けているのだろうと思っていますが...。

世の中は、いまもなお膠着状態が続き、その間にも「悪の権力者」は悪法を通し、国は滅亡へ一直線。
このまま悪化が続くと、
ワクチン強制接種・否定する者は外出拘束、マネー利用権利まで剥奪となる立法化。
そして、超監視社会へ向かい、ムーンショット計画で機械に置き換えらえる魂...。
(これ、政府が公式に発表していますから。)

そこに至る前には、
若年層への5G電磁波による攻撃との合わせ技で「第二波・第三波」がすでに準備完了しているとも解釈できる発言が某首長の口からも発せられています。

ここまで酷い状況にも関わらず、
更に、意図的に発生させるといわれる甚大災害までも情報には窮しません。
すべては、主権を奪い・命を奪う。このミッションを達成するためです。
(これを否定する人は、害にしかなりませんので消えていただきたい。)


どうすればよいのでしょうか。
これ以上、何を伝えればよいのでしょう。


個人的に導いた結論は、
やはり、個々人の心の中で乗り越えるしかない。これに尽きるのかと感じています。

トランプ大統領に頼りたい。その気持ちは山々ですが、私たち自身の国に蔓延る悪を放置して、自分は趣味にいそしんでいる...。これでは何も変わりませんし、天使たるETもやってきません。
あるいは、
祈るだけでは何も変わらないのではないか、と思われます。


今の激しく渦巻く流れは、
地球レベル・太陽系レベルのエネルギーバランスが影響していることは、さまざまな科学的裏付けのあるデータからも確認できます。
そこには、次元の変化が存在しているであろうことが証明されているわけです。

これをスピ系の、どこかフワフワした過去からのイメージと結びつけ、否定から入る人たちが多数みられます。
私自身は、スピリチュアルの世界を否定するわけではありませんし、またその真理を知ったわけでもありませんが、こうしたイメージで語られることで、随分と誤解もあるのだろうと想像します。


詰まるところ、
宇宙の摂理は、個々人の心の中にある。という哲学や禅にも通ずるような部分、関係しているように見える部分が、実は真理なのではないかと考えています。



夜明け前が最も暗く、最も寒い。
今、真っ暗で冷え切った夜明け前なのだと思っています。

自らの精神力を高め、夜明けを必ず迎える。という強い思いなくして、来年2021年は迎えられないかもしれません。


今ほんとうに必要なものは、自らの氣の力であり、魂の力なのだと考えています。

他人事のようにスルーしていては、神や救世主は絶対にやってきません。
神や救世主は、自らの心の中に導くもの。あるいは、自らの心をもって神と一にするものだと思っています。








2020/07/13(Mon) 21:09:59 | spiritual
5995339
rssロゴ

New Entries

1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【グローバリズム】

>globalism

2nd.popular category

人気カテゴリーNo.2

【インフォメーション】

>Information

4th.popular category

人気カテゴリーNo.4

【お金・キャッシュレス】

>Money/Cashless

 

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします