アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

New Entries

Popular Categories

2nd.popular category

人気カテゴリーNo.2

【インフォメーション】

>Information

4th.popular category

人気カテゴリーNo.4

【お金・キャッシュレス】

>Money/Cashless

 

Timeline

いつもの道で

photo AkiraMiyamoto 宮本章光
植物は言葉を話さないし、自分から移動することもない。
だが、季節ごとに趣きを変える。

凝った構図でもなければ、特殊な光線の環境でもない。
しかし、
その佇まいと斜面に根を張る力強さ。そして、樹皮の質感...。

ここを通ると必ず撮影することになる、その不思議な力は何だろう。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

FreeSmartphone"handy"が増えてきた

handy FreeSmartphone
FreeSmartphone"hanady"を備えるホテルが増えてきた。

2年ほど前からホテルの客室に備わっているのを目にしていたが、定宿を決めていることもあり、そのホテルだけの導入なのだろう...と、あまり意識することがなかった。
今回、定宿以外で宿泊し「これは、いつもあそこで見かけるスマホじゃないか。」と新たに意識した次第。

個人的には利用機会はないのだが、Tokyo2020に向けて訪日外国人の利用を見込む...といった記事もwebには散見される。
当然、利用する人はするだろうし、利用しない人は一切触れることさえもないだろう。

ここで思うのは、
世の中、いつでもどこでもBig Data収集。
匿名であるかどうかを別としても、もう行動データとターゲティングからは離れられない時代になったということ。
当然、それらが活用され「より便利な世の中」になるのは大いに歓迎したい。
しかしながら、プライベートな空間であってほしい(と個人的には感じている)ホテルの客室内および滞在期間中の行動データは収集して欲しくないもの。
嫌なら使わなければいいだけ。であり、それ以上の何ものでもないのだが...。

テクノロジーは人間側の感覚を一気に飛び越える。といった感覚には慣れているはずながら、何かしらモヤモヤしたものを感じるのは、GAFA(アメリカ合衆国に本拠を置く、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc. の4つの主要IT企業の頭文字を取って総称する呼称。)に見るようなデータを握る特定企業が巨大化・寡占化してしまった世の中に対するある種の拒否感、そして、そこに日本企業が入り込む余地がない現状に対する焦燥感が背景にあるのかもしれない。

便利だから...。タダだから...。
その先に作られた、現在の日本の状況。
プロセスとともにその結果は自分たちのアクションが作り上げたもの。と、考えるほどにモヤモヤが立ち込める。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

FUJIFILMのカラーと不思議なご縁

富士フィルムのカラーイメージ photo 宮本章光 Akira Miyamoto
猛暑が続く。
あまりの暑さに公園廻りは諦めたものの、この風景が目に止まった。
「これ、FUJIFILMのカラー!」
そんな感覚での一枚。撮影はiPhone7 plus。

いつもは「能動的に自分の意思で撮る、と意識して複数枚を撮る。」
しかし、このカットは珍しく本当に一枚だけ。
今になって思えば、何かの力によって「撮るよう導かれた」のかも、とさえ感じる。

この約6時間後。
隣の席に、たまたま乗り合わせた見ず知らずの方。
手には「X-T10」(FUJIFILM ミラーレスカメラ)。

写真・カメラ談義で移動時間を楽しく過ごせたのは有意義であったと思う。
6時間前にこのカットを撮ったことはすっかり意識の外。
そして戻ってから、この不思議な巡り合わせにあらためて気づいたのだった。

Twitter [宮本章光/陽の視点] @And_EM
[Link]
https://twitter.com/And_EM/status/1156847618330284032

たまたま、隣り合わせた方と「写真談義」になることもある。
不思議なご縁に感謝。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

iPhone休眠画像救出Project:リニューアル

iPhone休眠画像救出Project

iPhone休眠画像救出Projectはじめます。
と、ご案内を公開したのが、6月27日。

その後約一ヶ月の状況を振り返り、内容を一部調整・リニューアルしました。

【iPhone休眠画像救出Project】
https://am327.stores.jp [ Link ]

変更事項は、
1.
zip圧縮ファイルのみのご提供であったため、スマートフォンでアクセスいただいた方は、スマホ単独でファイル処理をするのが難しい。
(自分の手でPC/Macへ転送してからファイル解凍・スマホへ戻す。この作業ができない。と思われ購入を断念した。とのご意見。)
[対応]=jpegファイル一枚ごとにご提供
2.
まとめて購入しているのにおトク感がないため、購入を諦めた。
[対応]=一枚単価と別に、上記zipファイルにて提供のアルバムは10パーセントOffに。
3.
複数枚の提供にも関わらず、すべての画像の一覧がない。
[対応]=一枚ごとのご提供に。

といった形に変更いたしました。
どうぞご利用ください。
【iPhone休眠画像救出Project】
https://am327.stores.jp [ Link ]

【pringコミュニケーションも引き続き進行中です】
pring ID=amco99

帳端(ちょうは)という言葉をご存じですか

卒業後、現在の業務を開業するより前には商社やメーカー等に在籍していたため、多くの取引先との間でお金のやりとりを経験することができた。
特に商社時代には、卸商(二次卸商店)を得意先とする部署に長く所属していたこともあり、この「帳端(ちょうは)」という言葉とは切っても切れない関係にあった。


帳端とは、文字通り「帳面の端」のことで、月次の商取引の「端=多くの場合月末」に来ると、翌月請求にすべきか、当月にすべきか。について取引先と必ず交渉する必要が出てくる。

簡単な例えを書いてみる。
本日7月24日。あと一週間で7月が終わる。
「販売側の立場」では、今月7月の売り上げを少しでも積み上げたい。
「購入側の立場」では、今月に購入しても(更に客先へは)一週間では売り捌けない。
といった判断があるため、
「販売側」は、7月売り上げを立てたいが、「購入側」は8月の仕入れにしたい。
といった利害関係が出てくる。
まさに「帳端」の扱いで双方の腕の見せ所となるのである。

購入側では、必要のないものは支払いを伸ばす(先送り)することにより、キャッシュフローをプラスに保てるメリットが出てくるため、こうした帳端の感覚は必要なものであった。

(当然商売なので、こんな単純な話では終わらず、7月購入する代わりに単価ダウンの要望があったり...など、力関係や別条件の提示などさまざまな交渉があり、実務経験を積んでゆくことができたのは今となっては宝物だと思う。)


で、令和の今。
先般騒がれた金融庁の年金問題以降、投資や資産運用それに保険絡みなど、非常に盛んなセールストークとともに、一億総マネ活...とでもいうような雰囲気になっているが、そんな方との会話の中で「帳端」の言葉はご存知?と聞いてみると、回答はほぼNo。
では、支払いを先延ばしするような施策は行なっています?とお聞きしてみても、ほぼNo。

ここに大きなギャップを感じるのは、私だけではないはずだと思う。
足元を固める金銭感覚なくして、投資や運用ばかりに目が行くのは...ま、それも時代の流れだろうし必要なことではあるのだが。

ちなみに、個人レベルでも「帳端」を意識するならば...。
クレジットカードによる物品購入の例を考えてみる。
契約カードの支払い条件が「1日〜月末(31日)締めの翌月26日引き落とし」だと仮定すると。
まさに、今日のような24日に購入するのをあと一週間控えて8月1日にすれば、支払い日は8月26日からいきなり9月26日で良い。ということになる。

この程度のことは誰でも意識してるさ。と仰るかもしれない。
また、月次に決まった金額が振り込まれる給与所得者の立場ならば、支払いを先送りするメリットはあまり感じないかもしれない。
だが、これを事業資金で考えるなら、その間のキャッシュフローをプラスで保てるメリットはいくらでも出てくる。
製造業であるなら、原材料の仕入れと製品完成・販売までのタイムラグも長くなるため、支払いを延ばすことは立派なマネ活の一つとも言える。

まして、借り入れ資金であるならば(多くはそうだと思う)支払い金利を極力下げるために必要な感覚だと思う。

更に「1日〜月末」契約のものと「16日〜翌15日」契約のものとを使い分ける。といったような形があるし、企業活動であるなら支払いサイトに合わせて金融機関を使い分ける。というスキルも必要になるだろう。

この時代。自衛のために、一億総マネ活は必要な感覚だと思う。
そして、いかにお金に働いてもらうかに意識を巡らせるのもこれからの時代は必須だと思う。

でもその前に、やはりこうした「足元をしっかり固める」感覚は、どのようなフィールド・どのようなフェーズにおいても必要ではないだろうか。と感じるのである。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

何かを感じていただけたなら、pringをご活用いただき応援いただけますと嬉しく思います。

Categories / Archives