アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

New Entries

 

Timeline

類は友を呼ぶ:うまくゆかない現実ゲーム

似たもの同士は「引き合う」。
まるで磁石のように...。


この言葉については、実感・実体験してきた方も多いはずです。
いつの間にか、それが商売ネタにされて「引き寄せの法則」だとかの看板を掲げられているのもご存じの通りです。

それなのに、
---「ポジティブに考えればよいことが起きる」
---「ネガティブ思考に嵌れば望ましくないことが続く」

といった、同じ感覚・延長線上にある考え方については懐疑的。
そして、
「思っていたのに実現しなかった」
「願っても良いことは起きなかった」
と、
否定論で確定・固着させてしまいます。


以前にも書いたことがあるように思いますが、
この3次元地球では「タイムラグ」が大きい。そのように仕向ける闇の勢力があるから。
といわれています。

このタイムラグは、次元が高くなるにつれ、そのレスポンスがリアルタイムに近づくようです。
低次元のこの肉体世界は、
「その遅延」と「うまくゆかない現実」を、まるでゲームのように楽しむための世界なのだ。といいます。

そして、この惑星・この次元・この時期を「自らの意志によって選択」し、生まれてきているのが自分自身だと。


すべての人間は、それを忘れているために気づかないのです。
本来備わっているとされる12本のDNA構造(認識できるのは2本)のうち、12本目にあたる部分には「アカシックレコード」(ミュージシャンやレーベルのことではありません)と呼ばれる「記憶媒体=内臓SSD」のような箇所がある。とも。

これとて、
科学的に存在が証明されていない...と、否定から入る人たちも多数。

誰が正しい、誰が誤り...。
そんな論議を続ける。

なるほど、
「うまくゆかない現実ゲーム」を楽しむ場所とは、こういうことなんだな、と気づく瞬間です。


今回、Mother Gaia地球は、5次元上昇を選択したわけで、人類だけがそれを拒否することはできません。
拒否する人たちは、3次元体験がまだまだ物足りない...との意思表示をしているわけで、そうした苦しみながらゲームが続けられる場所へ行くのだと。

わたしは、5D NewErthへの移行を希望し、自ら波動を高めるべく「垢のリリース」をさらに進めたいと思います。









「負」のタイムラインは見なければ消滅する

「負」のタイムラインは見なければ消滅する。

まさに言葉通りでしょうか。
ネガティブ意識にもって行かず、ネガティブ思考に持ち込まず。

この状態を維持し続けるならば、
その結果、
「負」のタイムラインはいずれ消滅します。

そこに目を向ければ「見える」ものと思いますが、それを自分の内側に入れなければそれで良い、ということなのです。



ここで繰り返し綴っていますように、
ご自身で「人体実験」された方はよく理解できるはずです。

(サザエさんの)磯野家でカツオがいたずらばかりしている状況をイメージしてみます。
姉のサザエさんが、そのたびに「こらぁ!カツオ~!」と反応するから、ますますカツオも悪さを重ねます。

誰も一切反応せずスルーされ続けたならば、カツオは恐らくその行動を停止するはずです。
愉快犯...といいいますか、悪さをしてその反応を楽しむ。
ここに根源があるように見えます。


ネガティブ思考も似たようなところがあるかもしれません。
都度、反応し自分の内側にその「負」の波動を入れてしまうため「同期する」のです。

入れなければ、相手は勝手に消えてゆきます。


そのうち、
---そんなこともあったよな。
---そんな人もいたよね。
という状態になり消滅してゆくはずです。


これこそが「道が分岐」し次元上昇する。ということなのかなと思います。
5次元新地球=5D NewErth は、到達地点ではなく、そこから新たな魂の時代を始めるきっかけ。

そのための"Event"であり、"Full Disclosure"。


よく、
目的と手段を取り違える例が語られます。

会議のための資料つくりなのに、資料作成がゴールになっている...。
仕事のためのPCなのに、PCのクリーンナップが目的になっている...。

ま、それを趣味のごとく楽しむ人たちもあることとは思いますが。



ともあれ、
ネガティブ波動にチューニングしない。
それだけ。
でも、実はこれが一番難しい。

なぜなら、
物質社会で何度も何度も転生してきた魂は、もうDNAレベルに「染みついて」いるからだ。といいます。

これが「手放し」。
少しニュアンスが異なるかもしれませんが。


ここでご縁のあります皆様とともに、5D NewErthでご一緒できますよう。










元の生活に戻そう!と叫ぶ人たち

---元の生活に戻りたい。
---昨年までの生活を取り戻したい。
---自分たちの行動で取り戻そう。

こういった内容の発言をなさる人たちが増えてきたように見えます。



イメージについては理解できないことはなく、行動することは大変に尊いのですが、

それでは、
「腐敗した政治が継続するのはどう改善する」
「搾取され続け悪化の一途とたどる奴隷生活を抜本的に改善するにはどうすれば」

これらの事項については、どのように考えていらっしゃるでしょう?



とにかく、目の前の「辛さ」「異常さ」から解放されたい一心で、それ以上の部分に対する考察が不足しているようにも見えます。

SNSから離れてしばらく経ちますので、直近の姿を深く観察していませんが、

アベヤメロ! の次は、
スガヤメロ! に置き換わっただけ?

事の根本が何も解決されていないのでは、と感じることが少なくありません。



意識が具現化する。だからポジティブに...だと?
そんな浮ついたイメージを語るほうが、よほど異常ではないのか?現実逃避ではないのか?

はい、過去にはその声に賛同していた自分がいます。
しかし、
「人体実験」を繰り返してきた結果、それは誤りであったこと。
そして、
権力や支配者が「心の内面にあるパワーをスポイルして」支配するために、本来のこうした力を隠し・意識できなくしてきたことに気が付きます。
また、
そのように刷り込んできたメディア、もっと言えば、そのような思考しかできなくしてきた教育制度。


これらの真実に気が付き、それ以外の部分にフォーカスすることで目の前の事象が変化してきたことを自ら検証したがゆえに、その重要性を綴っているのです。



もとに戻すのならば、
元の状態に存在していた、よくない部分を削除・消去しなくてはなりません。

単に、元に戻りたい!
だけでは、何も進歩がないように感じています。



OSの再インストールにより、「垢・カス」を消し去りまっさらにすることができます。
今、世界は、そして地球・宇宙は、クリーンインストールの真っただ中だと思われます。

「しばらくお待ちください...あと数か月」
のスクリーン表示が消えるまでに、自分自身が取り組み・乗り越えておくことに意識を集中すべき時だと感じます。














「心」が仕上がった人は楽しみを待つ

物質社会から精神社会へ。

いま、2020年9月半ばを過ぎて、いまだに「感染者数」だとか「マスクで自粛」など語る人。
彼らは「別次元の人だ」、と断言できるレベルになりました。

5次元新地球ではご一緒することはないでしょう。
それが、その方ご自身の決定事項であり、さらにこれからも3次元の従来世界を経験したい・まだまだ経験し足りない...との意思表示であるからです。


その前に、自分自身のほうでも「5D移行への確固たる意志を固める」時期に入っているように感じます。
もはや、
何も怖いものはなく、
何も失うものさえなく、
新たな次元に魂の歩みを進めるだけ。



あちら側=グローバリスト側の企業は、
SDGs等々をスローガンに掲げ派手にPRを続けますが、もう人々の目はごまかせません。

大変残念ながら、
そうした企業に籍を置き社員として勤める人たち。
将来を考える時間はもうほとんど残されていないのではないでしょうか。

ここ数日のdocomo口座・郵貯事件もしかり。
地銀の機能が根こそぎストップしている現状を見てもよくわかるはず。
金融機関にお勤めの方々も同じかもしれません。


自分の会社は大丈夫。
今年だって、毎月給料も減っていないし...。
煩いことはスルーして楽しく過ごそう...。な人々。

それもご自身の決定事項ですから誰も否定はしません。



「自らの心」が熟成され仕上がった人々は、
「臭いものに蓋をすることによる」消極的な楽しみを感じるのではなく、もう怖いものは何もなくなった。という高次の境地に達しているはずです。

これこそが次元上昇への準備かと感じています。
更に意識を高め、固め、より一層高い波長・波動を維持し続けること。

心が仕上がった人は、楽しみを待つのみ。となっているのではないでしょうか。









5次元新地球へ向けて

太陽活動が極小期を脱した。との情報が流れてきました。

極小期からの活動再開時には、ソーラーフラッシュの可能性もあるように聞きます。
激しい電磁波・磁気嵐によって、地球上のすべての電子機器は破壊される、と語られている現象です。


現実には、その場に及んで初めて「その現象を体験」することになるわけで、どれほど壮絶な状態になるのか、あるいは、大したことなく済むのか。
その発生時期は、この11月との記事もあります。
これだけは、予測がつかないものと考えられます。


併せて、
地球においては、先般のシューマン共振の停止から再起動...と、目まぐるしく繰り広げられる宇宙のイベントが「予定通り」に進行しています。

意識と心をフォーカスする先は、
感染症ではありませんし、狂った世の中でもありません。
また、
自身の行動は、
スルーすることではなく、あるいは叫ぶことでもなく、もはや覚醒しない人を叩き起こしてまわることでもありません。



宇宙規模のイベントは、トンでも論ではなく、スピ系・ニューエイジ系の得体のしれない遠い世界の論説でもありません。

想像を絶する長期間に及ぶ輪廻を終えるイベントであるがゆえに、人類がアーカイブした過去事例や歴史から推し量ることができず、現実味をもって感じることができない点を理解すべきです。
そして、
いままで通りの生活が戻り・継続できる...といった安易な妄信から脱し、これから起きるとされている現象・事象をしかり認識すべきタイミングに入っています。



宇宙には、地球の科学をはるかに超越した生命体の存在もあるであろうと考えられ(否定するほうが困難である)、webにはそうした高次の存在からのチャネリング情報も多数確認することができます。
日本語に訳されたものを掲載するサイトも大量にあります。

当然、
それらの信憑性・信頼性には全幅の信頼を置くことが難しいものも多いであろうことは予想できます。
しかし、
100パーセント信頼できるものを探しているうちに、宇宙のイベントは容赦なくスケジュール通りに進んで行きます。


この場でも多く書き綴ってきましたように、
Mother Gaia地球は、今月初めの再起動時より、すでに5次元存在のレイヤーを稼働しているといわれます。
わたしたちには、そのレイヤー・マトリックスは、現時点では認識することさえできません。

ですが、人類の側も、
まもなく年内にも「肉体を持ったまま=死という形を経ずに」次元上昇する。と語られています。
宇宙の歴史でも、これは初めてといわれます。



現実離れしすぎたことを言うな!
という声が聞こえますが、こちらに言わせると、いつまでも旧来の3次元世界に居続けるなら今回の次元上昇の列車には乗れませんよ、ということになります。
当然、5次元への上昇は拒否することになり、新地球で生存を継続することさえできません。



すべては自分の意志と行動で。
壮大な歴史の一ページに記す、想像を絶するイベントの主役に抜擢されておきながら、それを自ら断ってしまう...。
なんと馬鹿げた行為でしょうか。


この機会を生かしてこそ、輪廻転生の集大成を飾ることができるのではないでしょうか。
この期間を大いに楽しみたい、と感じています。











1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【New Age】

>New Age

 

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします