アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

New Entries

Timeline

2020夏オンラインミーティング

こちらでご縁のあります皆さま、いつもありがとうございます。
また、
過去にカルチャー・グループレッスン等でご縁のありました皆さま、大変ご無沙汰しております。

恒例の夏の講座を「オンライン実施」の形でスタートしています。
これとは別に、
簡易なオンラインミーティングを実施いたします。
(イメージ画像の下に本文続きます)

AirRESERVEimage.png

大変勝手を申しますが、それぞれ15分間の「近況ご挨拶」程度になりますことご理解ご了承ください。

7月5日(日)15:30〜(Facetime)と、16:00〜(Skype)。
7月11日(土)15:30〜(Facetime)と、16:00〜(Skype)。
を予定しています。


以下URLからお申し込みください。
費用は不要です。

[ Link ]https://airrsv.net/photo-primary/calendar

(定例の授業コンテンツも掲載されていますのでお間違いのありませんよう。
上記記載の時間帯枠をクリックしてください。)
ブラウザのCookieが有効になっていないと手続きが進みませんのでご確認ください。

Facetimeの時間枠、Skypeの時間枠と、利用なさるアプリによって時間が異なります。
ご都合・環境に合わせ、いずれかの枠を選択ください。
(もう耳タコだと思います。Zoomは利用しません。)


息苦しい半年が過ぎたところです。
近況報告会のようなイメージでお目にかかれますように。






飯舘村写真集が完成しました

飯舘村写真集 photographer AKIRA MIYAMOTO

貴重なご縁をいただいておりました、福島県飯舘村様での待望の写真集が完成しました。
(非売品)

A4タテ24ページ中綴じ製本による構成で、村の制作物として発行されました。
昨夏から撮影をスタート、続き、秋・冬・春と、4シーズンにわたる撮影による感慨深い写真集です。

同村に関しましては、
3.11以降、多方面での報道やジャーナリストの方々による貴重な記録が数多く存在しています。
当然、こうした現実を忘れることはできません。
ただ、これらとは異なる「日本一美しい村」の一つとしての存在を伝えるための切り口が今回のテーマでした。

毎回、村を離れるのが名残惜しい感覚になる場所。
そして自然の氣から常に力を与えてもらえる場所。
そんな不思議な力のある村です。

これからも貴重なご縁を大切にしたく思います。
ありがとうございました。






楽天ペイ(実店舗決済)を解約

IMG_5575_2020.jpg

クレーム公開の場所ではありませんので詳細は控えますが...。

楽天ペイ(実店舗決済)を解約いたしました。
ユーザーアプリのことではなく、事業者(いわゆるお店側)の加盟店資格を、ということです。
ネガティブ要素が積み重なりますと継続する意味がなくなりますので。

この国では、これからの世の中に必要なことすべてが消滅したようです。
新たな世界の創出に向けて心に氣を載せてゆきたいものです。

尚、
私たちとのお仕事でのクレジット決済は、他事業者の契約がありますので今後もご利用可能です。






2020年後半へ

飯舘村真野川渓谷 photo AKIRA MIYAMOTO

7月1日、2020年後半がスタート。

悪党の「分断工作」に嵌らないようネガティブな氣を避け、良質な氣で満たす。
いまこそ、大自然の力を最大限に借りるとき。
借りは結果でお返しできるよう...。


2019年8月、飯舘村真野川渓谷。




勘こそが最も力になる

「勘」。

この言葉を聞くと、何かいい加減で、あやふやな当てモンのようなイメージを持たれるかもしれません。
化学式で証明できませんし、数式による演繹もできません。

けれども、結果として「最適で最も確率の高い」アウトプットを得ることができる。という体感を得ています。


そもそも、勘という言葉を使う時点で、
いい加減な判断...といったイメージを勝手に当てはめているだけではないでしょうか。

実際には、
膨大な経験値や実績に立脚し判断を行っており、サイコロの目で決めているようなイメージとは程遠い正確性があるはずなのです。


対局にある、権威あるコンサルに提案を求める方法や、多数の人的資源を投入し検討プロセスを経て得られた結果と比較してみても、勘が導き出した結果は遜色ない、あるいは確率では上回ることもあるように感じます。

勘がアテにならない。
とおっしゃるのであれば、それは経験値のサンプリング数が少なすぎるのか、判断アルゴリズムが誤っているか。
ということではないでしょうか。

勘とは、
テキトーな博打的な判断を言うのではないことに気づくべきではないかと思います。


今、こうした勘が求められているはずです。
磨いてください。
そして動作クロック数を上げてください。

何ごとも、磨かずして光ることはありません。








1st.popular category

人気カテゴリーNo.1

【グローバリズム】

>globalism

2nd.popular category

人気カテゴリーNo.2

【インフォメーション】

>Information

4th.popular category

人気カテゴリーNo.4

【お金・キャッシュレス】

>Money/Cashless

 

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします