アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

リロイ・ジョーンズ名言

リロイ・ジョーンズ(アミリ・バラカ)1968年

-----
奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、
驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。
そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。
-----


「そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。」

このフレーズを、2020年に置き換えてみます。

「そしてテレビに洗脳されていない自由人を嘲笑さえする。」
「そしてマスクの同調圧力に屈していない自由人を嘲笑さえする。」








偶然ではなく必然

この世に起こることは、すべて偶然ではなく必然である。
といいます。

地球に住む生き物の「意識の総意」が目の前の事象を作り出す。
タイムラインは無数にあり、どのタイムラインが具現化するのかは、その瞬間瞬間の積み重ねである「意識」によって変化する。

まさにマトリックスのように、現実とはすなわち「必然の積み重ね」により創り出されている。
と語られています。
それならば、
より望ましいタイムラインを創り出せるよう意識すべきでしょう。








国は私たちを守りません

ここで、この文字が読める人は、
「この国はわたしたちを守らない」どころか「人口削減目標にまっしぐら」であることを、すでにこの時点までの経験で理解しているはずです。

それなのに、
毎日会社に通って、休みの日になれば趣味で楽しく...。
これ以外に「何もしない」。


どうして何もしないのでしょう?

ビラ配りなんてしなくてもいいですし、
ご近所まわりをし啓蒙活動する必要もありません。


必要なことは、
前の記事に書いたように、自分の内側に氣を集めること。自分自身の内面に隠されてきた優れた力に意識を集中すること。
もちろん、
いきなり、念力...で巨石が動くわけはありません。
いきなり、念じたら雨が止むわけでもありません。

恐怖による洗脳から完全に離れ、楽しいことだけを考える。
これがトリガーになって少しづつ光がさしてくるのだといいます。

共に新しい地球で過ごせますよう...。
何もしないままですと、今後はこの世・この地球では生きて行けないようです。







本当はみんな天才で超能力者

本来、人間が持つ力は想像を超えたものである。といいます。

---意思の力で物事を具現化できる。
---言語を使わずともコミュニケーションができる。
---病を自らの力で治癒できる。

特に、日本人はDNA構造に他民族には見られない優れた特徴があり、同様のタイプを持つ民族は、モンゴル・ウィグル・チベットなどの地域にも存在している。とのこと。


ここ数百年間で行われてきたこと。
それは、
こうした優れたDNAを持つ民族を殺し、この世から消すことだった、ということです。

そのために、
マスメディアを使った洗脳をはじめ、種々「国民を痛めつける」政策、食品添加物による健康阻害、医療制度や利権に絡む「ビジネスに徹した」ガン治療など。
最終仕上げは、考える力を一切削いでしまう教育システムでしょうか。

もはや、何に対しても「疑問」を抱かず、プロパガンダに徹するメディアを盲信するばかり...。


もう、流れに任せているだけでは日本人は絶滅してしまいます。

本当は、
心でイメージしたことが具現化できる能力がある!
テレパシーのように意思の疎通ができる!
病は自分で治せる!

そんなパワーを持っていたのです。
それなのに、こうした力を消滅させるように仕向けてきた悪の勢力の餌食になっていたわけです。

これらのパワーを取り戻すために、
狂った勢力や、狂った世の中に意識をフォーカスするのではなく、自分の内側に氣を集める必要があります。
自分は、本当はすごい人間だった。
そう感じ、そう考え、そう信じることが必要なのだ、と語られています。


自分はダメな人間だから努力しなければならない。
自分には能力がないから、やっても結果は出ないのだろう。

こうした思考に陥るように、わざと仕組まれていた世の中。
長い暗黒の時代はもう終わりを迎えようとしています。

氣のパワーを向ける先・方向は、「自分の心」です。
その氣を、一人ひとりが持ち続けることで、新たな地球にふさわしい人間になれるのだ。ということです。








いつまでやるんだ!と叫ぶ人

この騒動、いつまでやってんねん!
そんな声。よく見かけるようになりました。

いつまでも長引かせているのは、
「いつまでも思考停止しているあなた自身」です。

この発想、眠り続けている限り出てこないのかもしれませんが。


ですから、
目が覚めた人から、眠り続ける人を直ちに「たたき起こして」欲しいのです。

狂ったことにはNoを発言し、
おかしなことには反対し行動する。

当たり前のことが当たり前にできない...。
その時点で「あなたは眠っている」証拠であり、それに気づいていない証明です。


地球・宇宙は待ったなしです。
悪・闇に惑わされず、人間本来が持っている自らの力に意識を集め、一人ひとりのエネルギーを集める必要があるのだ。といわれています。








5995269
rss_logo

New Entries

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします