アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

宇宙に氣を馳せる

私たちが生まれてから目にするもの、教育として学んだこと、それらほぼすべてがウソであった。
と、気がつく人。いつまでも気がつかない人...。

今年2020年、すでに約半年の時間を過ごしながら、後者のまま眠り続ける大多数の人たちは、もうムリだ。
と、宇宙の仕組みから切り捨てられる時期かもしれません。
ラッシュ時の満員電車に乗れない人のように...。
ドアの前で「剥ぎ取られる」しか残されていないのかもしれません。

すべてはご自身の行動結果。ということです。

(写真下へ本文続く)
IITATE village photo AKIRA MIYAMOTO

このところ書いていますように、例えで言うならば、もう第5戦、第6戦あたりに来ています。

「宇宙」...のワードを聞いた瞬間に、骨髄反射的に拒否反応を示す方が多いようです。
なぜそのような「傲慢」な発想になるのか理解に苦しみます。

人間は地球上の一つの生物に過ぎません。
そして、その地球は太陽系の、そして銀河系の...さらに大宇宙の一員でしかありません。
それなのに、
宇宙や宇宙人なんて、そんな「非現実的」な話題に持ち込む「あなたはおかしい・狂っている」と。


これ、いつか聞いた言葉です。それもつい数ヶ月前に。
コロナは「他の目的」のために仕組まれた壮大な世界規模のプランデミックですよ。
との言葉を伝えたものの、かたくなに拒否し、
あなたは狂っている、医療崩壊してしまう!感染したらどうするんだ!怖い怖い!
私には関係がない...等々。

そして、君は奇妙な宗教に侵されている。頭が狂っている。
と、あからさまに拒絶しスルーし続けた人たち...。


いま、その後数ヶ月が経過し、あの時点で語っていたことは、ほぼ証明されたはずです。

次のフェーズは、
自らの心の中にある氣を高め、意識の次元をあげる必要があると言われます。
それが宇宙の摂理であるからだ、と。


この地球上で数百年間行われてきたことは、
少数の悪の権力者が、大多数の民衆を苦しめ奴隷化してきた歴史です。

権力者が人民を抑圧するために、
1.恐怖(戦争)
2.分断(金融システム)
3.宗教(イエズス会,他)
を利用してきました。

これらは歴史に基づき証明され、その悪事が語られるようになりました。
ここまでで、例えでいうところの4回戦ほどまで過ぎました。


これに加え、実は4つ目の要素として
【時間】もその手段だった。といわれています。

一方向にしか進まず、二度と戻れない。
そして、絶対に先にも後にも自分の意図ではコントロールできない。
現時点の地球においては、これは真実に違いありません。
ただ、
そうではない他の生命体や他の星が存在するのかもしれません。

ここを否定し論破できるほどの材料を、現時点のわたしたち地球人は持ち合わせていないのです。


そして今、
地球そのものが大きく変化し、ポールシフトが目前に迫りその兆候が顕著になっています。
また、シューマン共振の周波数が上がり、ガイア理論で示されるような生命体としての地球の変化が大きくなっています。
(私の小学校時代の将来の夢は「天文学者」だったのは以前に書きました。)

その理由として、
高次元にシフトするために、地球そのものとそこに生存する生命体すべてに対し、課題が与えられているのだ、といわれます。

神が存在しないことは、上記のように権力者の悪事の道具に使われてきたことで証明されていますし、最先端の量子論が、宇宙の波動と人の心に宿る氣との関係までも解き明かそうとしはじめています。
すべては、自らの氣の波動と宇宙の波動との関係性で語られているのです。

ここまで「科学でも示すことができる」材料が揃ってきている段階でありながら、
自分自身が高次の意識へ移行しなければ、そこで魂は途絶える。と語られている通りだと思うのです。


いまもなお、2月や3月の時点と同じ思考で、感染者数を追い、自粛警察・マスク警察をやっている...。
そんなあなたの魂は近いうちに滅びますよ。
ということなのです。

早くエントリーシートを出して、第6戦まで上がってください。
次の時代、次の世界でもお話しができますように。


イメージ写真:
飯舘村・あいの沢 2020年1月。







宇宙人は存在しないと仰る方へ

私が小学生のときに書いた「将来の夢」は、天文学者になることでした。
ですが残念ながら、中学へ入るまでにその夢は実現不可能だと悟りました。


私は、中学校から私学へ通いました。
在籍する小学校からの私立への合格者は、その年には私一人という稀有な年度だったことを思い出します。

当時、小学生ながらテレビの通信高校講座でしたか、21~22時頃?から放送されていた高校生向けの地学や天文学の番組を欠かさず視聴していました。
本来の中学受験のための勉強時間が必要ですので、これらに時間を費やすことはいわゆる「ダメな行動」ということは、当然小学生でも理解していました。
しかし、その内容は十分理解できるとともに、宇宙の規模や歴史、理論なども自分の関心のど真ん中をめがけて入ってくる内容だったのです。

親からは、興味本位で高校向けの番組を見ずに受験勉強を。と言われたことも何度か。
ですが、その番組だけは毎回止めることができなかったのです。

また、
近所の叔父様たちが、宇宙旅行...と称し、近隣の小学生たちを集め、宇宙に関する知識を紙芝居風に手書きのイラストと解説で語る時間を作ってくれる。
といった、現在では考えられないような活発なコミュニティもありました。

こうした環境もあり、
天文学者になる。と夢を描いたものでした。


ただ、中学への受験勉強の段階では、どうしても数学(小学校ですので算数レベル)の成績が伸びなかったのです。
何か、抽象的な壁を感じ、意欲的に向き合うことができなかった、というのが実感です。
参考書の表紙の色づかいやデザインが気に入らなかった...だとか、そういう感覚の類です。

そして、結果として現れる数字は、受験勉強においては足を引っ張るだけの科目となったのです。
これは中学校へ進学してからも続き、固まってしまったイメージがハードルになったまま大学に進むまで離解しませんでした。
その後、大学で会計学や財務諸表論に触れ、数字への世界が一気に開花するのですが、それはまた別の機会に。


現在、
宇宙軍(US)と宇宙作戦隊(JP:自衛隊)が創設され、既に活動を開始していると伝えられています。

多くの人たちは、宇宙軍...?何するの?宇宙人との交信か?
バカバカしい、税金の無駄づかいも大概にしとけや...。などの声も散見されます。


ま、人それぞれご自身の考え方でよいですし、何も肯定も否定もしません。

しかし、一つだけ考えておく必要がありますのは、
広大な、まさに天文学的に巨大であると考えられる宇宙において、地球にのみ唯一無二の人間が生物として存在している。
他に生命体は存在し得ない。
という思考は、あまりにも無理があるのではと思われることです。
しかも、地球には人間以外にさまざまな生物が存在しています。



進化論や人類の進化に関する理論は、現在ではもはや否定されるケースも多いようで、人間そのものは過去どこかのタイミングで、地球外生命体により遺伝子操作され創り出された。
という論説も少なくないようです。

いわゆる「人類の進化」にはDNAレベルで無理があり、突然変異を起こすにもその確率自体があり得ないゾーンになる。といった論説も目にすることができます。



かくして、人間の存在そのものと地球外の生命体との関係を見直すべく、宇宙軍・宇宙作戦隊が稼働したのだ、と考えるのが無理のないところのように思われます。

ここで、昨日から書いていますように、
文明の大転換のタイミングであるといわれる今、再びDNA操作をした宇宙人との遭遇も、あながちあり得ない話ではなくなってくるはずです。



真実は一つだけ。
もう、カッチカチに固まった思考回路を開放するタイミングではないかと思うのです。

いまだに、
第二波、第三波... 怖いから自粛??
感染者数を追い、マスクにフェイスシールド??


自分の行動や発言に対する「恥ずかしい」という感覚。
日本人なら持ち合わせているはずです。

もはや、この国に日本人は居ないのかもしれませんが...。










5947171
rss_logo

New Entries

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします