アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

顔出し・名前出しの信頼度

webに情報が溢れかえるようになり、また、そこには腐敗した生ゴミのごとく激しく異臭を放つ情報も数知れず。
いえ、もはやそうした情報が大半ではないかと思います。


今年2020年になり、一つだけはっきりと変化したもの・ことがあります。

それは、
自らの名前や顔を出して意見を述べる人たちが増加したこと。
また、こうした人たちの情報は段違いに信頼性が高いこと。
です。


webは匿名だから。
言いたい放題。
責任は持たない...。

そうして、ゴミ箱になってゆく姿に気づかない。
SNSしかり、個人Blogしかり。
自分たちが生ごみを廃棄し続けるから全体がさらに腐敗する。という意識さえ持たない。


先日、
代表番号から取り次いでもらう部署への電話をかける機会がありました。

2分を超える保留音楽が流れて、突然切られます。
手が滑ったんだな...。
と、再度コールし取り次ぎを依頼。

同じく、何分間も保留音楽を聴いたあとに、また突然切られるのです。
三度目の正直、同じく突然切られます。


状況を確認しましたら、忙しいから...と、新人さんが電話口に。

故意にやっていることがわかります。
電話口に誰がいるのか見えません。面倒だ。だから受話器を上げて瞬間に切る。



これが今の日本人の民度だと理解しました。

顔が見えないから、名前が判らないから。
何をやっても関係ねぇ~。


反対に、初めに書きましたように、
自分の名前と顔を出して意見を述べる限り、そこに責任がありますし信用に関わります。

こうして、ホンモノを追及する人たちとのご縁を大切にしたい。
と心から思ったのでした。


26,000年ぶりの地球のイベント。
どちらの道に進むのかは、個々人の自由です。
この地球上では、現在の三次元で、次のもうひとまわり26,000年間、人間を続けることはできないようです。

どちらを選ぶかは本人次第...。










大阪府下からのアクセス激減に見る現実

昨日の記事2本掲載後、大阪府下からのアクセスが激減しました。
アクセスIPアドレスにより、おおまかな地域が判定できます。

該当の投稿は、以下の2本。

[イソジン買いに走った人たち:Link]
[雨ガッパとイソジン:Link]


非常に判りやすい結果です。

「他県の人間がうるさいんや!」
「ほっとけや、大阪のことなんやから!」
「あんたに言われる筋合いはあらへん!」

こういう意識により、アクセスをやめた。ということだろうと予想できます。
この場は定期訪問の方々が大変に多いため、このような傾向がすぐに数字として出てきます。


ここで考えたいこと。
それは、
現実を再度認識して、よい方向に持って行こうと意識を変えることだと思うのです。
それが現実の姿なのですから。
ですが、「ほっとけや!おまえに言われたないんや!」的な発想で離れる...。

この時点で、やはり図星だったことが証明されてしまったのかもしれません。
もう一度、日本人の原点である心を一つにし、悪の権力者・闇の勢力に打ち勝つべく進めたいものです。

ネガティブパワーは避けなくてはなりませんが、避けられない場合の「矛先」は、悪を働く権力者に向けるべきであって、ここではないはずなのですが...。









雨ガッパとイソジン

その地に在住の方々には何も責任はないのかもしれません。
ご自身は彼らに投票していない...とおっしゃるかもしれません。

しかし、
市長は「無いよりマシやろ!」と雨ガッパを集め、知事は「イソジン(ヨード液)」が...と発言。

該当居住区にお住まいの方は、ご自身の居住地として恥ずかしいという意識は持つべきでしょう。
そして、より良い近未来を取り戻そう、と行動を起こすことも必要でしょう。

自分には関係がない、
自分の給料は減ってないし関係ない。
政治を語る人間は民度が低いからスルーする。
自分は趣味で楽しく過ごせばいい...。


結果として、
歴史に「汚名」を残す自治体になったかもしれません。

過去、10年間の府民だった経験があるだけでも、大変に恥ずかしく不名誉なことと感じています。

思考は具現化する。
まさに、ノリだけを追い求め、自分に関係ない...とスルーし続けた人たちが「具現化」させたのが、この現実かもしれません。

こんなところに「分岐点」は存在しているのだと、その神妙さに驚いています。








イソジン買いに走った人たち

まさか、ここでご縁のあります皆さまの中には、一人もいらっしゃらないと思いますが。

これ、一般庶民がどの程度「洗脳」されているか、どの程度「忠実な羊であるか」を実験・調査しているわけです。
もう、そんなバカな。だとか、そんなことあるかい!などの発言によって「私の思考はゼロです・私の頭は空っぽです」アピールをする人は、恥ずかしいを通り過ぎて惨めかと。

また、府の首長と塩野義製薬と何か関係があるのかどうかは不明ですが、本社は大阪の道修町(どしょうまち)にある企業ですので。

とはいえ、
実際に薬局やドラッグストアの棚から商品が消えた...とか、4日の同社の株価は急上昇(5日朝からは落ち着いた様子)した...といった状況を見ますと、「忠実な羊たち」が大多数ということになります。


すでにwebでも多数の声が上がっていますように、
過剰な殺菌・消毒により、本来必要な免疫機能を担っている常在菌まで排除してしまうことになり、逆に各種Virus耐性を落としてしまうことにさえ気がづかない。

これも悪の権力者のミッションであること。
ネガティブ発言は避けておこうと思っていましたが、少しだけ触れました。

今回もリトマス試験紙、いえ、踏み絵に、まんまとひっかかったのなら、今すぐにあなたの思考を変えていただきますように。








この世はマトリックス

現実とは何なのか?

この世はマトリックス。
タイムラインは複数あり、どれが現実として具現化するのかは、大衆の意識次第。


これが真実なのだと気づくタイミングです。
もう「踊らされるばかり」の思考は捨て、新たな未来を意識することでタイムラインが「置き換わる」とされています。

一人ひとりが意識を合わせ、明るい社会をイメージする時なのです。
逆説的ですが、だから悪・闇の勢力・権力者は、パワーを持たせないよう恐怖で煽り、分断させている、と理解すべき時です。


一人ひとりのイメージが統合できれば、明日からでもタイムラインは置き換わる。といいます。








5995305
rss_logo

New Entries

Categories / Archives

Donation/応援をお願いいたします