アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives [All Entries:1285]

資本主義経済崩壊のその先を見る

「バブル経済」。
この言葉を聞いて、1986年頃~1990年頃のイメージを思い浮かべることができる方は、すでに中堅以降の世代になったようです。
実体以上に急激に膨れ上がる状態...、という意味では、いまの株式市場なども現在進行中かもしれません。

昭和の終わりから平成初期にかけての日本、世の中がまさにバブル経済に沸きました。
会社の接待交際費が、ひとつの部署ひとつの課だけで7桁超えが当たり前、そんな時代でした。
何をやってもOK! 常に後から後から数字が上回り実績が自動的に作られるかのように感じる時期でした。
(わたし自身も企業に籍を置き、その7桁の部署に居ました。)

この時期、
「いずれ限界が来て崩壊するだろう。」と、冷静に判断する瞬間もありました。
崩壊したらどうする?給与は?雇用は?
でも、
目先の数字がどんどん右肩上がりに積み重なるので、そんなもの杞憂に過ぎないぜ!というノリで日々を過ごしたのです。
そして、来るべくしてバブル崩壊。

しかし、数字のマジックという悪知恵により、見た目だけを取り繕い、更に捏造と虚栄を作り出し、悪事の上塗りを重ねてきたのはご存知の通り。


いつかは反動がやってくる。
絶頂期にはそのことを考えようとしませんし、考える行為自体が「ダメなネガティブ発想」とさえ言われたのです。
しかし、必ず反動はやってきます。
実際やってきました。

現在、
昭和-平成バブル経済をご存知ない世代にとってみても、この2020年の状況・経緯を考えると「間違いなく経済崩壊」してしまうことは火を見るより明らかでしょう。
いえ、もうすでに崩壊していることは何度も綴ってきました。

また、
---いやいや崩壊させるのが目的でしょ!
---それが今の世の中なんだからさぁ!
と、軽やかに口にすることが流行っているのでしょうか?
月次の給与が減らない人たちの間で、このような会話が流れるのを見る機会がありました。


大きな、それも超弩級の宇宙規模の流れがやってきていることを知っていれば、そんな軽い会話を口にすることは難しいはずなのですが、ま、人それぞれですのでこれ以上は触りません。


人間、その瞬間になってみないと気がつきません。
もっと言えば、命に危険が及ばない限り実感しないのです。
ソーラーフラッシュの検索が激増しているように、これから先、しかもカウントできるほどに近未来の発生が語られています。
どうあがいても避けられないのならどうするのか?
黙って死を迎えるだけですか?


覚醒した人は、もう魂の行き先を「自分の意志」により決定しています。
そして、そのための準備さえも、まだセミの合唱が元気な時期、いえ、もっと何年も前から整えてきています。
この言葉の意味が理解できない方々もあるでしょう。
大変失礼ながら、そして大変残念ながら、そうした方々とはこれから先に住む星は異なるはずです。

自分の行き先は自分で決めるものではないでしょうか。
すでにレイヤーは分岐し、体験する世界が変わりつつあることを実感しています。
分岐したレイヤーは二度と元に戻ることはありません。
6148722
rss_logo

New Entries

Archives / Serch

Categories

Donation/応援をお願いいたします