アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

監視社会への拒否感

photo AkiraMiyamoto 宮本章光

一昨日[2019/08/03(Sat) 21:21:39] に【FreeSmartphone"handy"が増えてきた】の記事を書いた。
[Link]https://and-em.com/blog/index.php?no=r4499

単なる無料スマホがホテルに提供されているんだろ、それがどうした...なんだよこの投稿...。
といったイメージで流された方々も多かったように思う。

しかし、個人的にはこの記事には、すべての行動データが監視されターゲティングに利用されるのはどうなのだろう?といったニュアンスも含め、GAFAの栄華に示される、データを制するものが世界を制す。のような現状にしてしまったのは「私たち一人ひとりの行動の結果であり、そこに日本企業が入る余地がなくなってしまったことも残念でならない。」
そんな論調を交えたつもり。

今日8月5日になって、ある方からご連絡があり一つの記事をご紹介いただいた。

【日常のすべてが監視され、収益化される「監視資本主義」への警告】
[WIRED.jp:Link]


詳細はWIRED.jpの記事をお読みいただくとして、
ポケモンGOに熱中した(今でも稀に見かける)人々は、そのプレイに関する自分自身の行動といったBigDataを提供していたことすら気づいていなかったのではないだろうか。
「監視資本主義」という記事内にある表現では、もう既に人間そのものが素材であり特定企業だけを儲けさせる元になっている。という現実を再認識させてくれる。

そういった流れなんだから仕方ない...。
自分の個人データなんて、別にそんなに大きな価値はないし...。
そもそもこうした企業に逆らうことなんてできないんだし...。

そうだろうか?
その考え方を改めない限り、GAFA(あるいは第二第三のGAFA)はさらに寡占化し、いずれあなたの給与はゼロ円になるかもしれない。
今、webやSNSには、投資や運用を説く人たちが山のように増えはじめた。
大いに結構だと思うし、今後必要な考え方に間違いはないはずだ。

しかし、その根本である自身の行動に意識を巡らせる必要性を説く人は見当たらない。

【pringコミュニケーション進行中】
是非応援をお願いしたく思います。
pring ID=amco99

令和を一緒に創るという意識

このところ、note.mu サテライトで過ごす時間も少し...。

Macアプリケーションフォルダ破損?

Macのdockが???になった場合
写真系の業務に使用のMacBook Pro(Retina, 15, Late2013)。
アプリケーションフォルダが飛んだのだろう、この画面。

なんと、講演開始前10分を切った時点で発生。
セミナー実施の会場にはすでにご参加の方が揃い始めている時間帯。

発生までのプロセスは、

1. 投影用プロジェクターへHDMIケーブル接続
2. 完全シャットダウン状態から正常起動・ログイン
3. データが出ていない様子なので環境設定からディスプレイ設定メニューへ
4. 会場機器側のセレクターが入力信号を出力していないことが判明・切替依頼にて対応
5. Mac側複数ディスプレイ設定・「ウインドウを集める」が見当たらない
6. HDMIケーブルの接続・接触不良を疑い、一旦抜き差し
7. 無事に投影を確認

と、これで難なく進められるはずだった。

ところが、
資料を開くためにプレビューアプリケーションを起動しようとすると「見当たらない」という。
仕方なく、アプリケションフォルダを開くと、各アプリケーションのアイコンが無い。
そして、Dockのアイコンも軒並み「?」マークの連続...。
アプリケーションフォルダ内のデータが破損したのだ、と、この瞬間に理解した。

主催社ご担当氏とは、事前打ち合わせ時点で、トラブルに備え資料データを保存した主催者所有PCを会場に準備いただいていたので、こちらにリプレイスしスタートした。

今回のトラブルは、稼働状態でのケーブル抜き差しが原因なのだろうか。
近年のOSでは、外部ディスプレイ出力のhot plugは特に問題を感じなかったのだが、基本に忠実に。ということなのだろう。

書類・ピクチャなど、OSがデフォルトでメディア格納場所として用意してあるフォルダ内のデータは全て無事だったので、種々ドキュメントは、属性に応じたしかるべき場所に保存すべし。ということも証明されたのかもしれない。

カラダを現地へ持って行く

その場所に行かなくては、判らないことがある。

その場の空気、雰囲気、通り過ぎる人々の表情、姿勢、歩く速度。
そして、語られる会話やそのトーン。

そこに何かを感じることができたなら、その移動の時間とコストは無駄ではなかった。
ということではないだろうか。

その街のパワーは、その場所に体を持って行かなければ判らない。

どうなってる?

何か違う。
どこかおかしい。

日本人のビジネスマナーや、社会の常識や、その他いろいろと。
まるでタイムスリップしたかのように。

僅かここ数年で、過去の規範や常識がまるで通用しなくなってきているように感じる。
いきなり10年後にワープしたなら、時代の変化なのだろうと理解できないこともない。
しかし、ほんの一、二年前の常識も通用しなくなっている。

自分が劣化しておかしくなっているかと思っていたが、どうやらそうではなさそうな気配。
世の中の歯車がことごとく狂いはじめている。
5697352
rss_logo

New Entries

Categories / Archives