アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

QFS Moneyと紙屑になる紙幣

間もなくではないか、と言われています。
QFS Money はGold Standardの元に、すでに各国で準備完了した、と書かれている記事が多く存在します。
(主として海外記事、DuckDuckGoでの検索を。)

もちろん、誤った情報である可能性もあります。
この半年で学んだように「すべては自分で調べ、自分で考え、真偽は自分で判断。」というアクションは必須かと。
ただ、方向性としては明確であり、また前向きの進捗であることには違いがないように感じます。


今般のコロナ騒動は、グローバリストによる監視社会実現のためであったことが、もはや疑う余地さえない状況になりました。
究極の目的は、個人識別チップをワクチン接種の名を借りて全人類に投与し、ファイブ爺(検閲対策の記載)により、意識や思考さえもコントロールすること。そして肉体を滅ぼし、AIの家畜・奴隷にすること。
そのために、事前に特許まで取得したVirusを故意にばら撒きパンデミックを発生させたこと。
もう説明するまでもありません。
(いまだ、メディアで踊らされイソジン買いに走る人たちは、だから論外なのです。)


ここで道が大きく分かれたこと、以下に続けます。

悪の権力者による監視社会実現のためにデジタルマネー化し、各国政府・政治レベルで預金封鎖を行い、個人資産を巻き上げる...。
これが悪のシナリオでした。

ところが、Q情報やCOBRA Resistanceに見られるように、この数百年間に蔓延った「諸悪の根源」であるマネー社会を一旦崩壊させリセットするために、今回のパンデミックがうまく利用されたと語られています。
まずは、
悪人を捕らえる(上記情報源では:大量逮捕)必要があるため、一般人に影響が及ばないよう・めだたないよう、各国でロックダウンが行われてきました。
Virusの感染拡大防止の看板が掲げられていますが、本来の目的ではないことは、もう説明の必要さえありません。

山手線や御堂筋線の通勤ラッシュが問題ないのに、なぜ特定地域だけロックダウンするのか?
という問題も、ここに繋がります。
ですが、
日本、とりわけ新宿歌舞伎町界隈や、大阪ミナミ日本橋界隈だけの特定地域を指定して夜の飲食業だけを自粛要請(強制)するのは、別の目的もあろうかと思われます。
これは、
事業を崩壊させ、その地域の土地価格を暴落させることにより中国資本に買い取らせる流れだともいわれます。
(そんな媚中派の政治家のいいなりになって、マスクだイソジンだ、歯磨き粉だ。とやってるのはウマシカですよ、ということ。)


こうした動きのあとに、
QFS Money Charge(現在すでに完了かと)を行い、世界中の金融機関(銀行等)を崩壊させます。
この時点で、金融期間が止まることによる社会混乱の可能性があるため、"Be Not afraid"と事前に情報が拡散されています。一部では停電もあるといいます。
COBRAでは、もう何年も前から語られてきました。

今、このフェーズに入ったのではないかと思われます。


金融機関の意図的な破壊、それは本来の目的=ロスチャイルド発祥の金融社会をリセットするための、大本命の各国中央銀行(日本では日本銀行)を破壊して政府管理下に組成し直すための動きですから、「日本銀行券=お札」も紙切れに成り下がります。

上記のように、悪のシナリオの道に進んでいたのであれば、それは預金封鎖・徳政令...の大変な状況になっていたわけです。
しかしながら、QFS Moneyでの「善のデジタルマネー」に移行するわけですから、"Be Not afraid" ということなのです。


ここを間違っている人が散見されます。
BI(ベイシックインカム)についても同様で、悪のシナリオでエサとして目の前にぶら下げられるBIと、QFS Moneyにより、稼ぐ必要がない社会を実現するために支給されるBIとは、まったく正反対の性質のものです。


こうして「日本銀行券」は、近いうちに「紙切れ」になるでしょう。
取り急ぎ、上記のような金融機関破壊状態を過ごすため、数日から一週間程度の食料と現金を手元に用意することが望ましい、といわれています。

どうやら、悪のシナリオは避けられたであろうこと、ようやく目に見えるようになってきました。
あとは、
地球のメンバーである人間も、宇宙規模での次元上昇に同行するため、魂を磨き、昨日の記事のように自ら備わっていたはずのパワーを認識できるよう、日々過ごすことだと思います。

 Share歓迎です。








6050619
rss_logo

New Entries

Archives / Serch

Categories

Donation/応援をお願いいたします