アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

帳端(ちょうは)という言葉をご存じですか

卒業後、現在の業務を開業するより前には商社やメーカー等に在籍していたため、多くの取引先との間でお金のやりとりを経験することができた。
特に商社時代には、卸商(二次卸商店)を得意先とする部署に長く所属していたこともあり、この「帳端(ちょうは)」という言葉とは切っても切れない関係にあった。


帳端とは、文字通り「帳面の端」のことで、月次の商取引の「端=多くの場合月末」に来ると、翌月請求にすべきか、当月にすべきか。について取引先と必ず交渉する必要が出てくる。

簡単な例えを書いてみる。
本日7月24日。あと一週間で7月が終わる。
「販売側の立場」では、今月7月の売り上げを少しでも積み上げたい。
「購入側の立場」では、今月に購入しても(更に客先へは)一週間では売り捌けない。
といった判断があるため、
「販売側」は、7月売り上げを立てたいが、「購入側」は8月の仕入れにしたい。
といった利害関係が出てくる。
まさに「帳端」の扱いで双方の腕の見せ所となるのである。

購入側では、必要のないものは支払いを伸ばす(先送り)することにより、キャッシュフローをプラスに保てるメリットが出てくるため、こうした帳端の感覚は必要なものであった。

(当然商売なので、こんな単純な話では終わらず、7月購入する代わりに単価ダウンの要望があったり...など、力関係や別条件の提示などさまざまな交渉があり、実務経験を積んでゆくことができたのは今となっては宝物だと思う。)


で、令和の今。
先般騒がれた金融庁の年金問題以降、投資や資産運用それに保険絡みなど、非常に盛んなセールストークとともに、一億総マネ活...とでもいうような雰囲気になっているが、そんな方との会話の中で「帳端」の言葉はご存知?と聞いてみると、回答はほぼNo。
では、支払いを先延ばしするような施策は行なっています?とお聞きしてみても、ほぼNo。

ここに大きなギャップを感じるのは、私だけではないはずだと思う。
足元を固める金銭感覚なくして、投資や運用ばかりに目が行くのは...ま、それも時代の流れだろうし必要なことではあるのだが。

ちなみに、個人レベルでも「帳端」を意識するならば...。
クレジットカードによる物品購入の例を考えてみる。
契約カードの支払い条件が「1日〜月末(31日)締めの翌月26日引き落とし」だと仮定すると。
まさに、今日のような24日に購入するのをあと一週間控えて8月1日にすれば、支払い日は8月26日からいきなり9月26日で良い。ということになる。

この程度のことは誰でも意識してるさ。と仰るかもしれない。
また、月次に決まった金額が振り込まれる給与所得者の立場ならば、支払いを先送りするメリットはあまり感じないかもしれない。
だが、これを事業資金で考えるなら、その間のキャッシュフローをプラスで保てるメリットはいくらでも出てくる。
製造業であるなら、原材料の仕入れと製品完成・販売までのタイムラグも長くなるため、支払いを延ばすことは立派なマネ活の一つとも言える。

まして、借り入れ資金であるならば(多くはそうだと思う)支払い金利を極力下げるために必要な感覚だと思う。

更に「1日〜月末」契約のものと「16日〜翌15日」契約のものとを使い分ける。といったような形があるし、企業活動であるなら支払いサイトに合わせて金融機関を使い分ける。というスキルも必要になるだろう。

この時代。自衛のために、一億総マネ活は必要な感覚だと思う。
そして、いかにお金に働いてもらうかに意識を巡らせるのもこれからの時代は必須だと思う。

でもその前に、やはりこうした「足元をしっかり固める」感覚は、どのようなフィールド・どのようなフェーズにおいても必要ではないだろうか。と感じるのである。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

何かを感じていただけたなら、pringをご活用いただき応援いただけますと嬉しく思います。

お金コミュニケーションとは?

お金コミュニケーションアプリ「pring」プリン
このところ、お金の話しが増えましたね。と過去からご覧いただいている方からのメッセージ。

確かに積極的に取り組んでいるわけですが、日本人は今まで「お金に関すること」を話題にするのは憚られ、口にすることさえ良くない。と言われてきた歴史があるものと思います。
少なくとも、昭和の時代に教育を受けた人はそのような感覚に近いのではないでしょうか。

先日の「pring会」の記事、
[第一回「pring(プリン)会」へ参加させていただきました:Link ]でも文字として残したのですが、令和の時代に入りこうした感覚が大きく変化を見せています。

それは、コミュニケーション媒体として「お金」が流れるようになる。といった表面的なことだけではなく、プラットフォームに依存しない「送金」がいとも簡単に実現する時代が幕を開けた、という点が重要ではないかと思うのです。

感動的な作品を目にしたなら、その気持ちを「お金コミュニケーション」で伝える。
何かのお礼に、その気持ちを「お金コミュニケーション」で伝える。

従来は、送金の仕組みを備えた一部のSNS上であったとしても、あり得ない行為だったかもしれません。
ましてや、初めに記載したような感覚で居る限り、そんなことにお金を媒体として使用すべきではない。といった意見もあるものと思います。

それに、何かのお礼や気持ちを伝えるにはお金ではなく、何か「物を持って伝える」といった習慣も長らく続いてきました。しかしちょっとしたお礼の気持ちに「菓子折り」を渡すのは大げさで、これもあり得ない行為かもしれません。

ところが「あぁ助かったよ、ありがとう。」の気持ちで、pring(プリン)アプリ上で[ Thank you=39円 ]を送る。なんてことが、もうすでに行われはじめています。
先般の記事に重複しますが、これがお金コミュニケーションの凄いところであり、これから爆発的に増えてゆくものと期待しています。


特定プラットフォーム上で行われるコミュニケーションは、その運営事業者へのBig Dataの提供と二次利用、AI成長の手助けをするのみならず、そこで展開される広告宣伝費やそれに対する課税まで含め、日本の国益が海外流出している事実を「まったく意識せず、あるいは知らず」に平成の時代が流れてゆきました。

今、GAFA(アメリカ合衆国に本拠を置く、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc. の4つの主要IT企業の頭文字を取って総称する呼称。)への課税に関する話題も、先日のG20会議で論議されたように報道されていますが、ここまで放置してきた「日本人一人ひとり」の意識こそが、その結果の根底にあることを忘れてはならないと思うのです。


タダだから、便利だから、みんなが使っているから...。
その結果が今のGAFAやLINE(日本国内)の栄華であり、激しく日本の富が海外流出している現状ではないでしょうか。

そして、現在のキャッシュレス化の流れ。
PayPayキャッシュバック〜、LINE Payすげ〜。その事業者の資本元はどこでしょう。どこの国でしょう。

今、失われた平成30年間を取り戻しV時回復させるには、私たち一人ひとりの意識と行動が必要ではないでしょうか。
私がpringを推す理由はここにあります。当然、CEOのイズムが自分の波長と合ったというのもありますが...。


自身のwebサイトにおいて、こうして特定プラットフォームに依存せず個人レベルのお金コミュニケーションを実現できる時代がやってきました。
ここは「いいね!」ではなく、pring(プリン)によるお金コミュニケーションの場として公開させていただきます。

いただいたご縁は、今後の取材費や活動費に有効活用させていただきます。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99


お金コミュニケーションの普及を願って!

App Store[ iOS ]
https://itunes.apple.com/jp/app/pring-プリン/id1295628648?mt=8
Google Play[ Android ]
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pring&hl=ja

第一回「pring(プリン)会」へ参加させていただきました

[pring](プリン)というアプリをご存知の方も少しづつ増えていることと思います。

お金コミュニケーションアプリ「pring(プリン)」
「pringはキャッシュレスアプリの会社です」

といったキャッチを見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

株式会社pring pring inc.
[ Link ] https://www.pring.jp/


先日、同社が主催なさるファンミーティング、第一回「プリン会」に参加させていただきました。
事前応募抽選方式で、それなりの競争率だった様子。
一部非公開の情報もありましたので、ここではレポート的な内容は記載しませんが、以下「宮本章光の視点」としてご覧ください。

写真は、終了時に撮影させていただいた一枚。
荻原CEOにはBlog掲載のご了解をいただきました。
(私の方は、以前からラジオ番組のアーカイブも含めwebには結構な数の顔が出ており、重ねてお目汚しになりますがご容赦ください。)
第一回プリン会へ参加 宮本章光

今、日本人の「お金に対する感覚」が、大きな転換期を迎えているように感じています。
過去、昭和の時代に教育を受けた人間は、

「人前で財布を開いてお金を見せないように」
「お金の話をすること自体あまり褒められたことではない」

といった感覚で、当たらずとも遠からずではなかったかと思うのです。
そして、
お金は箪笥にしまって貯金しなさい。といったような、同社荻原CEOの言葉を借りるなら「お金を動かない」ようにする世の中だったのかもしれません。

しかし令和の時代を迎えた今、同社が掲げる「お金の通り道に発生する摩擦をなくし、お金コミュニケーションを活性化させる」方向へのパラダイムシフトが起きようとしています。
また、政府が進めるキャッシュレス化の流れにも後押しされ、モノの売買だけではなく人間の活動に関わるすべての価値の移動やコミュニケーションとお金がもっと密接に結びついてゆく時代を迎えたのだ、と思うのです。


悲しくて落ち込んだとき、目の前で勇気づけられたアドバイスをいただいた人への謝礼は?
ちょっとした相談ごとを頼んだとき、そのお礼は、頭を下げて謝辞を伝えるだけ?

これと似たような事例のお話しがありました。
その内容を聞き、激しく頷きました。

こうしたシチュエーションにおいて、対価として現金でお金を支払う...といった文化は、残念ながら現時点の日本には存在していないと思うのです。
ですが、ここに「モノの代価として認識しているお金」を超えた、「コミュニケーションとしてのお金」といった文化が生まれようとしているのではないか。ということです。


お金は汚いものではない(硬貨や紙幣の衛生面のお話ではなく...)し、まして、話題として恥ずべき対象でもない。
もっとオープンに、そしてもっと自由に、まさに「コミュニケーション」として存在するものであることに気づいた人たちが増えてきつつあることを肌で感じました。

今回のpring会では、アプリ上でスタッフとつながるとチャージされる(アプリ上でお金がもらえる=銀行口座へ戻す:ATM出金が無料でできる)だとか、名刺の裏側に「くじ(くじ引きのこと)」が仕込まれていたり、更には、クイズで高得点のメンバーには高額のチャージが振る舞われたり...。
と、まさにコミュニケーションとお金が一体化し、ごく当たり前のプロセスとして体験することができたのです。


失礼を述べる意図はありませんが、その裏にはユーザー行動や属性のデータ取得も組み込まれているであろうことは予想できますし、ビジネスとして事業展開する限りマネタイズの仕掛けがなくてはなりません。
特に、
今回ご参加のメンバーさんを見渡して感じたのは、twitterをはじめとしたSNS等でそれなりに影響力のある方々のようにも見え、アプリと事業の種まきフェーズに必要なインフルエンサーを活用するイベントでもあったと感じました。



ここまでの内容は、イベントを通して同社が狙っているであろう方向をトレースしてきました。
ですが、以下は私、宮本章光が「pringは垂直上昇気流に乗るであろうと確信」した事項です。

上記のように、pring社そして荻原CEOが目指す、コミュニケーションとお金が一体化した体験が当たり前な世の中が実現すると、まず個人間での価値の移動が極めて活発になるため、誰でも簡単にマネタイズができるようになる可能性がある、と思われることです。

私が、こうしてpring会の事例を記事としてweb公開し、その情報に対し価値を感じていただけた方から代価を受ける。
といったことも可能になるわけです。
これは「投げ銭」として、note(ノート)note.muのようなプラットフォームでは過去からすでに実現していることではありますが、
プラットフォーム経由ではなく「私、宮本へダイレクトに、しかも手数料などは一切不要で」応援いただける。
という世の中が実現します。


少しだけ脱線しますが、
中国で、支付宝やWeChat Payが急激に普及したのは、日本で今、乱戦状態にある決済事業者のQRコードではなく、個人の銀行口座に送金するためのコードが書かれているケースが多いようで、決済事業者の与信を経由しない、いわば個人間送金の括りで爆発的に伸びたものだと聞きます。


話題を戻します。
そして、pringアプリにはLINEのようなテキストベースのチャット機能も備わっているため、この記事に対する直球ストレートなご意見をいただくことも可能になる。
といった、お金の送金以外の、もう少し「緩いコミュニケーション」も実現します。


大前提として、双方でpringアプリを導入していることが条件になりますが、これは早晩越えることが可能な低いハードルかと感じています。

株式会社pring pring inc.
[ Link ] https://www.pring.jp/

App Store[ iOS ]
https://itunes.apple.com/jp/app/pring-プリン/id1295628648?mt=8
Google Play[ Android ]
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pring&hl=ja

ちなみに、
私は、pringはブレイクする、と直感したためこうした記事を公開しています。
ですが、導入に関する同社のプライバシーポリシーは、
https://www.pring.jp/policy/privacy [ Link ]
にてご確認いただき、トラブルに関する事項まで含め個人情報取扱等に関しましては、私は一切関知いたしません。ご自身の責任において実行いただくようお願いいたします。

記事を書いておいて無責任だなあ... というお声は、もう成熟したwebの時代には、出てこないものと考えています。
アカウント削除すらできない事業者のアプリを、規約も読まずに導入する人も増えていますが、今一度、こうしたセキュリティリテラシーも高めておきたいと感じます。


今後、当Blogをはじめとして、以下コードを表記してゆきたいと思います。
私のpringのコードです。

ID:amco99
宮本章光pring

投げ銭...という括りを遥かに超越した、お金コミュニケーション...。
私自身から実証実験してみたいと思っています。

是非ご協力ください。お待ちしております。
(リスクを感じた場合には、コード掲載を取りやめることがあります。ご了承ください。)


あらたな時代を迎え、大きな時流の変化が起きています。
あらたな時代は、一人ひとり自分たちのアクションで創って行きたいものです。

キャッシュレス化は国が進める政策だから...twitterで流れるキーワードを追って

【宮本章光の視点/note.muサテライト】にて、
「キャッシュレス化は国が進める政策だから...twitterで流れるキーワードを追って」記事を。


このところ、noteサテライトやtwitterに居る(少しだけ復活)ことが多くなっています。

キャッシュレス化の本命は「送金」にある?:pringやJ-Coin Payの本当の可能性

【宮本章光の視点/note.muサテライト】にて、
「キャッシュレス化の本命は「送金」にある?:pringやJ-Coin Payの本当の可能性」記事を。

◆個人間送金と信用担保決済
◆身の回りの決済は二者間送金が多い?
◆最近の話題は第三者(事業者)の信用担保決済ばかり
◆pring(プリン)の例
◆コード決済事業者の思惑に振り回されず

以上の項目で考察。
キャッシュレス推進の国策に伴い、混沌としてきた世の中に違和感を感じる理由はなぜ。

以下、note.mu。

5727977
rss_logo

New Entries

Categories / Archives