アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

MVNO(UQモバイルiOS12)のリスク

UQモバイルSMS
ということだそうです。
UQモバイルからSMSを受信。

iOS12は、今日2018年9月18日午前2時過ぎから配布されている様子。
事業者としては、14時間後でも十分に迅速な対応だと考えているのかもしれない。だが、この約14時間ほどの間にアップデートなさった方はアウト、ということになる。

メジャーアップデート(今回は11-->12)は初物に注意すべし。
といったリスクを知っておくことは当然だと思われるし、自己責任の範疇だろうとは思う。
また、webにはさまざまな情報が上がってくるので、それらを確認するのも必要な行動だろう。

更には、au系のMVNOは、過去にも他社(mineo)でトラブル事例があるし、同じくau系のMVNOサービスを提供しているIIJmioでは、このSMS到着より前に動作確認情報にて「赤色X印」が公開されていた。

だが、こうしたアクションを取らない人たちもある程度存在するだろうし、別にトラブってもいいや。的なノリの人たちも居ることだろう。
人それぞれ、多様化の時代。というと聞こえは良いが、何事もノリでやってしまうクセをつけると色々な意味でトラブルの元になる。
アタマは生きているうちに使え。という先人の言葉がよぎる。

#UQモバイル #iOS12 #iPhone5s #不具合 #トラブル

「リーズナブルなのに高品質」の行く末?

MVNOサービスのmineo界隈がこのところ騒がしい様子。

通信データの中身を不可逆圧縮し、データ輻輳の原因となる容量圧迫を軽減する「通信の最適化」稼働とのことで、ネガティブな空気が充満しているようだ。

---約款に定義されてるとはいえ、今までは実施されていなかった
---自分でOFFできない
---事前の案内はなく、ユーザーの指摘で判明した

といった、一方的なやり方がどうなのか?という声も多い。
ま、このあたりは、誠意を欠いた部分があるように感じるものの、企業の資本系列を見れば判る話かもしれない。

私は、mineoのサービスを2014年に利用していたが、当時のiOS8アップデート絡みで高い授業料となった違約金を支払って逃げ出した。
その後、MVNO数社を試行錯誤したが、自分が必要とするパフォーマンスを得ることはできず、結局は「安かろう悪かろう」のイメージを超えることがないMVNOの利用をやめキャリアに戻った。

今、考えたいこと。
それは「リーズナブルなのに高品質」といった、日本のお家芸的な物事の展開について。

良いものを安く提供するのは大変良いこと...といったイメージがある。
もちろん、技術革新に伴ってクオリティが上がり、コストは下がる。その展開自体は望ましいことであり、ユーザー・消費者側でそのメリットを享受できるのはありがたい。

だが、ここで考えなくてはならないのは「その結果を得るためにはコストがかかっている」ということ。
その技術革新には莫大な開発費用が投入されたかもしれない。
その技術革新に投資された費用はどのように回収されているだろうか。

昭和の高度成長期には、コストが下がった分に比例し生産量が増え、同時に消費量が右肩上がりでついてきたことで歯車が回転したのではなかったか?

今、右肩上がりの消費が望めない状況下、提供・販売価格だけを提供者自らが下げ続けるのが美徳。といった感覚になってはいないだろうか。
また、数字を取り繕うために偽装や改ざんが正当化されるかのような風潮が蔓延していないだろうか。

ここで気づくべきは、
価格には理由がある。ということではないのか。

なんでも無料、無料、タダ、タダ...というキャッチコピーは、広告を絡めたwebサービスにおいては有効(だった)だろう。だが、何でも広告ビジネスモデルに当てはめるのは無理がある。
安いものには安いなりの理由があり、高いものには高いなりの理由が存在している。

当然、相場を外れた価格を見極める眼識を養う必要はあるが、「リーズナブルなのに高品質」という展開は、平成の終焉とともに、私たち自らの感覚の中からもフェードアウトする必要があるかもしれない。

少なくともワールドワイド視点では、価格を低く提供することこそが美徳...的な感覚は少数派ではないだろうか。

格安sim市場は飽和

格安simと注目されるMVNOサービス。
そろそろ飽和状態、あるいはもう終焉に向かっているような気がする。

キャリア契約での割高感が強かった月次費用を下げるため、さまざまな過剰サービスを削ぎ落とした点が受け入れられたはず。
しかしながら、乱立する同業他社との差別化のために、通話定額を加えてみたり、回線速度をより早くする上位プランを作ってみたり...。
他方、カウントフリーの項目を増やすことに注力してみたり、表向きには見えにくくした2年や3年の縛りがあるような内容など、契約・課金プランは複雑化する一方だ。
また、低品質をよそに契約者心理を掴む手法も固定化した様子。

ユーザーは本当にそうした展開を望んでいるのだろうか。
通話はほぼしないのにキャリア契約では通話定額を外せなかったからMVNOを選んだ。
サポートやショップは不要でコストダウンしたいと感じたからMVNOを選んだ。
平時では高パフォーマンスは不要だったからコスト削減できるMVNOを選んだ。

だが、キャリア側も徐々に改善が見られるようになってきた。
対してMVNO側は、ネゴ確立さえできないほどの劣悪回線品質が常態化し、契約プランは複雑化の一途。
ファンミーティングやユーザーコミュニティは助かる人たちも多いと思う。その回線品質で満足している限りは他人が口を挟むものでもない。
しかしながら、全体を底上げする発展像が見えてこない。何でもタダ...を求めた結果、何でも安かろう...を求めた結果、自分で自分の首を締めることになった事例・事象はそこかしこに転がっている。

これでは遠くないうちに淘汰されるのが目に見える。
私は5年ほど遊んでみたが、サブブランド一つのみを残し、他はキャリアに出戻った。

MVNO(格安sim)は卒業

ここ5年ほど、MVNO(いわゆる格安sim)を渡り歩いた。
だが、これ以上のお付合いはやめることにした。イコール大手キャリアに戻った。ということ。

そもそも、MVNO会社との契約をするのは、スマホの月額料金を下げるのが目的。
実際、コストは下がった。だが、品質は自分の利用シーンでは劣悪であり、キャリアのサブブランドを除くと、現時点では「安かろう悪かろう」でしかなかった。
もう一度書くが「私の利用シーンと目的においては。」つまらない言葉の揚げ足を取り批判する人が多いので念のため。

また、大手キャリアのプランでは「音声通話をまったくしない」にもかかわらず通話定額部分の契約が不可避であったこともMVNOへ逃げる理由の一つだが、ここにきてdocomoでは通話を含まないプランとともに、永年1,500円を減額し続けるプランも発表となったので、これらをうまく活用すれば従来よりコストダウンが可能になる。

もちろん、それでもMVNOとの比較ではまだまだ割高なのは仕方ない。代わりに品質が担保されるわけで、その点に納得すればよい。
ウチの場合はキャリア回線1本は保険の意味で維持しているので、MVNOで遊んだ回線をサブ回線で転入し、データ量もシェアすることで従来ではありえない低コストで維持できるようになった。

docomo2回線とUQmobile1回線。これでモバイルにおける通信インフラは確定。
あとは、低速なMVNOに合わせるような馬鹿げた規制が発効しUQの品質が低下しないことを願いたい。

使いたいときに繋がらない、遅すぎる、切れる...というなら、そのリスクは月額費用で解決すべきだと私は判断した。残りの人生の中で、こんな部分に無駄な労力と時間を費やすのはやめた。大切なことを見失わないようにしたい。
とにかく安いだけしかメリットがない回線はもういい。

高いけど高速が新潮流?

「高いけど高速」が新潮流だとか。

コストメリットがあるからMVNOを選択したのではなかったか?
速度が欲しいならキャリア回線でいいでしょ。と。

キャリアの契約から離れて格安simを味見したい、その気持ちからMVNOに来てみた。
けれど時間帯によっては遅すぎ!という声に対応するためのオプション。
この展開自体は理解できないことはない。

しかし、MVNOであっても、多くの実使用場面で問題が無い程度の速度が確保され、極端な速度低下が起きないならば「高いけど高速」なんてオプションは要らないわけで...。

そう、常時数十Mbpsだとかの回線速度キャパが欲しければキャリア契約でいい。
でも、多くの用途で問題がない1〜5Mbpsで良ければ、昼間でも実現しているsimはある。
探せば「実使用上問題ないレベルの速度」は手に入るのだから。

この「高いけど高速」という展開、
時を同じくして、webではMVNOのデメリットが目につき始めた。
止まらない流出・転出ユーザーを阻止したいキャリアの思惑と、収益構造の改善が必要とされるMVNO陣営の背景がオーバーラップして何か大きな力が働いているように思えてならない。

5378816
rss_logo

New Entries

Categories / Archives