アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

大きな写真になりましたね、と。

すみだ水族館 photo=宮本章光
随分とご無沙汰していたある方からメールをいただいた。
Blogの写真、かなり大きくなりましたね。と。

割と前からサイズ変更していたので、久々にご訪問いただけたのだと思う。
こちらは、更新に関しては不定期かつインターバルが長い...と、ご覧いただく方にはフレンドリーではないのでお恥ずかしいばかり。

当Blogで掲載の写真は、大半がiPhoneでの撮影であり、一眼レフを持ち出す機会は業務案件を除いて皆無になった。コンデジも皆無。
だが、この程度のサイズでも解像度の点ではまったく問題はないし目的が果たせる。
クオリティの面では若干の不安も残るが、業務案件ではないのでこちらも目的は果たせる。

令和を目前にした今となっても、まだスマホの画素数...だとかを語る人たち。たまに見かける。
いや、確かに高画素であるならトリミング耐性も上がるかもしれないけれど...。

高画素が必要なら一眼レフ、あるいは本当に必要なら中判業務用デジタルバック(Digitalback )に行けばよいわけで、すべてに対して最高の品質と最高の画素数とをスマホに求める必要はないはず。

道具を選ぶところに楽しさはあるし、そうしたスキルも作品創造の一つの要素ではないかと思う。

どこへ向かうのか?スマホカメラ

浅草松屋 photo 宮本章光

観光客に紛れて、片手でラフに構え、そのままシャッタータップ。
ブレは無いし、見た目にインパクトのある色再現、それに階調も街角スナップには文句なし。

スマートフォンカメラは、もう「カメラ」という道具の域を超えてしまったように感じる。
スマホカメラは、この先どこに向かって進化を続けるのだろうか。

スマホカメラと一眼レフの間の大きな壁

そりゃカメラそのものが違うんだから、壁があって当然でしょ。
というハード的な観点ではなく、機器として「それぞれの種類のカメラを使う人の間」に大きな壁がありますよね。というお話。

スマホカメラネイティブとでも言えば良いのか、物心ついた時からスマホが身近にあり写真や動画を撮るのも生活の一部になっている世代や、世代が違っても写真や動画はスマホでしか接点がない。という人たち。

こうした人たちにとってみると、極論すればカメラはスマホ以外にないので、すべてスマホ上でできることしか行わないし、それ以上の「カメラを使うために生じる面倒なこと」はしないように感じる。
他方、
一眼レフのように、道具を使うといった撮影アクションそのものを楽しむことを知っている人たちも存在する。


昨今、スマホカメラのアピールポイントとして目立つようになった「ボケ」。
被写界深度の浅い、背景(もしくは前ボケもあり)を柔らかく溶かしたかのようなボケ味が、スマホカメラでも加工技術の進歩によって楽しめるようになってきた。

このボケ味を楽しむためのアプローチ方法を見ると、上記二つの層に別れる人たちそれぞれの間において、まったく異なる傾向があることに気づく。

前者では、ポートレートモードで撮るんでしょ?他にはどんなアプリがあるの?といった部分が全てだろうか。
カメラやレンズの原理はまったく必要なく、どれだけ自分にフィットするアプリが見つけられるか?に最大のパワーと時間を注ぐ。
後者では、より美しいボケ味を得るためにはどのようなレンズが良いのか、焦点距離はどうか、絞りの値はどうすれば自分にフィットする結果が得られるか?
といった部分に意識が注がれる。

カメラ講座やセミナー・写真技術講習、といった接点で多くの方々とお会いする中で、こうしたターゲティングを見誤ると、この人たちは何を求めていらっしゃるのか?といった部分に齟齬が生じる。
また、それぞれの層の方は、他の層の手法に一切関心を示さない。あるいはむしろ排除しようとさえしているケースも多いように感じる。

スマホベースの方にとっては、絞り?はぁ?何それ。めんどくせぇ。ということになるし、
一眼レフベースの方にとっては、アプリ?えっ、めんどくせぇ。という感じに近い。

はてさて、この大きな壁をどのように料理すれば良いのか。
どちらも楽しみは大きいし、それぞれを理解している立場としては、相互乗り入れを実現するために心を開いていただく点に注力することになる。

結局、ボケりゃいいんでしょ?ってことになるのだろうか。
アプリもポートレートモードも使わなくても、条件・シチュエーションによってはこの程度のボケは簡単に手に入る。
だが、時代はもっと大きなボケがトレンドなのかもしれない。

銀座和光を背景に

[ Link ]出張撮写真教室_デジタルカメラ指導・写真スキルアップセミナー講演会・講師派遣:お問い合わせはこちらからどうぞ

AppleがiPhoneに託したアンチテーゼ

photo AKIRA MIYAMOTO @ JR_IzumoshiStation
毎年、このシーズンはiPhone新型の登場とともに各種インプレ等がwebに溢れる。だが、ハードの性能は、もうこれ以上「させる仕事がない」状況に近いのだろう。
こうした状況下、Appleは少し違った部分への進化・深化に大きく舵を切ってきた様子。
実は、私は、これは世の中を大きく変える凄いターニングポイントだと考えている。

webで見かける記事は、いまだに「カメラが2018年も更に進化しました!」的な記事ばかり。
「もっと大きな世の中を劇的に変える変化」が裏側で起きているのにも関わらず...。

現時点でwebに見られる多くの記事では、
「夜景がめちゃくちゃ綺麗!、わずか一年前のiPhoneXと比べても!」
といったような掴みばかりで、
「実はセンサーサイズが3割以上も拡大していた。やっぱり最新型は違うんですよねぇ。」
で終わっていることが多い。

手元に実機がないためwebのサンプルを見る限りだが、2018年の最新iPhone(iPhoneXs、Xs Max)カメラが記録する絵は、かなり「階調重視の絵作り」がされているように見受けられる。

階調重視の絵にするために、裏側で膨大なステップ数の処理が行われているであろうことに、多くの記事ではほとんど触れておらず、触れたとしても、Appleが発表したデータの中にはスマートHDR機能ってものもある、といった程度。
救いだと思われるのは、ハードの処理能力は、膨大なプロセスが必要な機械学習の部分に使われるようになる。といった切り口で触れているケースがあることだろうか。


今回の進化は、
もはや、ハードの高性能化をアピールするだけでは成長が望めず、既に高速で膨大な処理能力を有するハードを活かすことができなくなった現在のスマートフォンに、次の仕事をさせる舞台を与えるべく、あらたな進化をしはじめた点が大きい。

撮影した後からボケ具合が調整できるかどうか?といった、見た目の変化だけではなく、スマートフォンのカメラは、このような目に見えない裏方の仕事が上手いか下手かによって勝負するようになるのだ。
と道を示したのだと思う。

これは、私は、AppleがInstagram(InstagramはFacebookが買収してしまったことをご存知ない方も多い)に対するアンチテーゼ(Antithese)として世に放った流れなのではないか?と思っている。
全世界で何億台も何十億台ものiPhoneが、階調重視の方向の絵作りに変化して行く、ということは、フィルターで故意に画像を破壊する遊びは、ほどなく終焉を迎える可能性がある。

今後数年で、写真の階調に対する絵作りがガラッと変わることが予想され、わざと、階調を破壊し、飛ばし・潰して、奇妙な色にする遊びが恥ずかしい時代がやってくる(もはや恥ずかしいと感じている人も多いはずだ)、と思う。

スマホカメラに階調重視の時代がやってきた!

photo AKIRA MIYAMOTO 日比谷図書文化館
スマートフォンカメラの絵作りに、大きな潮流の変化が訪れている。

それは「階調重視」の流れ。
そして、技術革新と真逆の方向へデータを破壊する遊びの終焉。

従来は、ハイライト温存のための撮影時のアンダー露出に加え、レタッチ段階でのシャドウの復活、そして、暗部のノイズ低減・軽減の扱い...。
と、そのプロセスを楽しんできた。
だが、これからは「何も考えず」にカメラ内部処理により、これらのプロセスが行われる。Appleでは「スマートHDR」と呼んでいる。

レタッチプロセスでの楽しみは無くなったが、時代を席巻したデータ破壊系フィルター遊びは、そう長くないうちに過去のものになるだろう。
処理工程の楽しみが無くなることよりも、故意に技術革新に逆行し意図的に性能の悪いレンズやセンサーの出す絵をシミュレートする遊びがフェードアウトするほうが精神的には随分とマシである。

上の絵をフィニッシュとしてイメージし、下のデータを撮影時点で撮っておく。
といったアクションは、今後不要になる可能性が高い。
時代は動き始めた。
失われた10年を取り戻そう!

photo AKIRA MIYAMOTO 日比谷図書文化館
5516951
rss_logo

New Entries

Categories / Archives