アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

FreeSmartphone"handy"が増えてきた

handy FreeSmartphone
FreeSmartphone"hanady"を備えるホテルが増えてきた。

2年ほど前からホテルの客室に備わっているのを目にしていたが、定宿を決めていることもあり、そのホテルだけの導入なのだろう...と、あまり意識することがなかった。
今回、定宿以外で宿泊し「これは、いつもあそこで見かけるスマホじゃないか。」と新たに意識した次第。

個人的には利用機会はないのだが、Tokyo2020に向けて訪日外国人の利用を見込む...といった記事もwebには散見される。
当然、利用する人はするだろうし、利用しない人は一切触れることさえもないだろう。

ここで思うのは、
世の中、いつでもどこでもBig Data収集。
匿名であるかどうかを別としても、もう行動データとターゲティングからは離れられない時代になったということ。
当然、それらが活用され「より便利な世の中」になるのは大いに歓迎したい。
しかしながら、プライベートな空間であってほしい(と個人的には感じている)ホテルの客室内および滞在期間中の行動データは収集して欲しくないもの。
嫌なら使わなければいいだけ。であり、それ以上の何ものでもないのだが...。

テクノロジーは人間側の感覚を一気に飛び越える。といった感覚には慣れているはずながら、何かしらモヤモヤしたものを感じるのは、GAFA(アメリカ合衆国に本拠を置く、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc. の4つの主要IT企業の頭文字を取って総称する呼称。)に見るようなデータを握る特定企業が巨大化・寡占化してしまった世の中に対するある種の拒否感、そして、そこに日本企業が入り込む余地がない現状に対する焦燥感が背景にあるのかもしれない。

便利だから...。タダだから...。
その先に作られた、現在の日本の状況。
プロセスとともにその結果は自分たちのアクションが作り上げたもの。と、考えるほどにモヤモヤが立ち込める。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

FUJIFILMのカラーと不思議なご縁

富士フィルムのカラーイメージ photo 宮本章光 Akira Miyamoto
猛暑が続く。
あまりの暑さに公園廻りは諦めたものの、この風景が目に止まった。
「これ、FUJIFILMのカラー!」
そんな感覚での一枚。撮影はiPhone7 plus。

いつもは「能動的に自分の意思で撮る、と意識して複数枚を撮る。」
しかし、このカットは珍しく本当に一枚だけ。
今になって思えば、何かの力によって「撮るよう導かれた」のかも、とさえ感じる。

この約6時間後。
隣の席に、たまたま乗り合わせた見ず知らずの方。
手には「X-T10」(FUJIFILM ミラーレスカメラ)。

写真・カメラ談義で移動時間を楽しく過ごせたのは有意義であったと思う。
6時間前にこのカットを撮ったことはすっかり意識の外。
そして戻ってから、この不思議な巡り合わせにあらためて気づいたのだった。

Twitter [宮本章光/陽の視点] @And_EM
[Link]
https://twitter.com/And_EM/status/1156847618330284032

たまたま、隣り合わせた方と「写真談義」になることもある。
不思議なご縁に感謝。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

背景ボケが出なくてもいい

 江戸城photo AKIRA MIYAMOTO 宮本章光

AIパワーの進化は著しく、スマホカメラの絵にも自然なボケ味を生み出すようになってきた。
今、ここで感じるのは、
「別にボケなくてもいいよね?」と感じるケースが増えてきたこと。

昨秋(2018年秋頃)から、スマホカメラは、いわゆる写真を撮る道具としての一眼レフやコンデジとは「まったく異なった世界への進化」をはじめている。
もう単独で、別のフィールドに行ってしまった。と、FMラジオでもお話しさせていただいたように、AIパワーの自動処理は、とどまるところを知らない展開になっている。

特性上、絶対にボケが「出てしまう」一眼レフのような環境と条件の場合には、ボケを「出さない」深い被写界深度を得るために、シフトレンズなどの特殊機器を使い分ける苦労もあるわけで、元々ボケが出ない(出にくい)スマホカメラなら、それはそれでOKだろう。

まるで一眼レフのように美しいボケ...。といったような、新型スマホカメラのレビュー記事から感じる、その模倣の巧さをアピールする切り口ではなく、自分のステイタスを誇る能力をすでにスマホは獲得している。

必要に応じてボケを生み出したり、不要にしたり。いずれの結果をも生み出せる時代。
ニセモノはやめて!と思っていた感覚は、すでに過去のものになったのだと思う。
もちろん、広角系構図の絵で、ほぼ出ないであろう派手なボケ加工を施された作品に違和感を感じない。というわけではないのだが...。

【pringコミュニケーション進行中】
pring ID=amco99

何も考えずに

photo AKIRA MIYAMOTO 宮本章光

「何も考えずにシャッター押すだけで。」とはよく言ったもの。
でも、
構図は考えたいし、光が印象的なシチュエーションを感じる感覚も。
そして撮影の後に、意図した結果に階調を作り上げてゆくプロセスも。

こうした部分に楽しさがあるのだが、一周回ってようやく気づきはじめた人が増えつつある。

好きなように撮ればいい

photo AKIRA MIYAMOTO 宮本章光

思いついた時に、好きなところで好きなように撮ればいい。
その瞬間、自分が撮りたい。と感じたのであればそれが答え。

特定の属性で特定の人が集まる場所では、
あれはどうだ、これはどうなってる...。的な会話が多い。

浦島太郎の玉手箱を開けてはならない。
5727993
rss_logo

New Entries

Categories / Archives