アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

Archives

今度は階調重視の絵が自動的に手に入るように

HDR機能をOnにしたiPhone撮影 photo 宮本章光
先の記事、
【階調を意のままに仕上げる爽快感を】
【階調を意のままに仕上げる爽快感を:2】
で記載したような、肉眼で見た感覚に近いイメージに階調を残す「撮影時点と併せての一連の処理の楽しさ」を知る人がまだまだ少ないのではないだろうか。

何より、階調を故意に破壊し奇妙な色カブリに加工するフィルター遊びがSNSで氾濫したことにより、階調に対する意識が麻痺してしまっているケース(人たち)に遭遇する機会が多かった。

ところが、流れが変わってくると、今度はスマホカメラが「自動的に階調を残したHDR的な絵」を記録するようになってきた。
極端な例では、Google Pixel 3の夜景モード(Night Sight)に見られるような、極端に明暗差が激しい被写体を、より肉眼のイメージに近づける処理を行い、一枚の絵の中に共存させる。
(ちなみに同機は所有していない。webのサンプルを見る限り。)

こうなると、ベクトルは正反対ではあるものの、SNSの階調破壊系フィルターと同様に「自動的に」結果が手に入るので、またまた同じように今度は「階調が豊富な状態」に麻痺してしまうことが予想される。
なぜ、いつも振り子は両極端に振れるのだろう?
ま、だから振り子なんだろうけれども。

過去、カルチャースクールでお話しをさせていただいていた時代、「一眼レフよりiPhoneのほうが綺麗に撮れる!(当時はiPhone4s時代だったかと)」との声が出たことがある。
さまざまな、望ましい結果を得るための加工・調整まで行って保存されるから、スマホカメラの絵が綺麗に感じるのだ、ということを理解できない人たちが少なくなかった。
そして、
その度合いを自らの手で調整する部分に楽しみがあるのですよ。
立ち食い蕎麦でも、七味や薬味を自分の好みで入れられるようになっているでしょ? 自分らしさを加える部分に楽しみがあるのと同じように、道具を操作して結果を導くプロセスが楽しいのです。
という言葉にも不満そうな表情が溢れていたことを思い出す。

AIはこうした部分から既存の常識を破壊して行く。
だが、本来、楽しみというものは、(例えば今回の階調の例ならば)その再現性をどの程度行うのかを、自分の意思で決めるところに存在していたし、今、これからも残り続けるだろう。

たとえ完全無欠な栄養素と味覚を備えた食べ物が自動的に食卓に並んだとしても、自分の手で料理・調理をする楽しみは無くならないのと同じように...。

階調を意のままに仕上げる爽快感を:2

東北新幹線車窓より photo 宮本章光
先の記事「階調を意のままに仕上げる爽快感を」[ Link ]でも書いたが、潰れて見えないであろう部分に近いシャドウ部と、飛んで白抜けしているであろう部分に近いハイライト部を、一枚の絵の中に共存させることで、肉眼で見たイメージに近い階調を作り上げる。
こうした処理を自分の手で行うところに楽しみがある。

尤も、本当に飛んでしまった部分はデータが存在していないので復活はできないし、潰れてしまった部分も階調を復活させるために必要十分なデータが残っていなければ、階調を調整することは難しい。

これらを勘案し、撮影時にはハイライトを飛ばさぬよう意識しながら、同時にシャドウ部分が後から復活できるレベルかどうかにも目配せをする。
このように、後工程と撮影時の意識との両方をセットで考えながら一枚の結果を作り上げる。

当然、元々のダイナミックレンジ以上に拡大することはできないし、派手にバンディングやノイズが浮き出すなどの副作用が表出するケースが多い。
この例でも、仮に業務使用ならば絶対にNGレベルの劣化となっているのだが、肉眼で見たイメージに近い「空の部分が飛ばず、手前の建物の手前側も黒ツブレしない。」状態を、自分の手で再現できるから達成感と爽快感を手に入れることができる。

今、スマホカメラの絵作りがHDR志向へとターンし始めたので、今後、こうした階調に対する関心が高まるであろうことが予想される。

少し前、それは僅か一、二年前ながら「そんな面倒なことなんてやってられねぇ。撮ってフィルター秒速SNS...。」だった。
だが、階調破壊系フィルターが過去になった今、感度の高い人たちは、階調を語る美学を既に意識しはじめている。

階調を意のままに仕上げる爽快感を

日比谷の街角スナップ photo 宮本章光
街歩きの移動途上でも、興味深い被写体に巡り合うことは多い。
あっ、と思ったその時に、ほぅ、と感じたその場所で、シャッターが押せる環境があることに感謝。

そして、
データを故意に破壊する遊びが終焉を迎えた今、階調を意のままにコントロールする後工程の楽しみを、より多くの方々に知って欲しいと願う。

HDRの考え方を理解する

photo AKIRA MIYAMOTO
HDRと聞くと、フィルター遊びの一種だと思っている人がまだまだ多い。
極端な明暗差を一枚の中に押し込み、ありえないほどに彩度を持ち上げた加工をするフィルター(スマホアプリ)がある。

一枚の画像の中に、本来は共存できない明暗差を実現している(かのように見せている=撮影時点でnot HDR)点で、確かに「HDR風味」の一つには違いないのかもしれない。
但し、一つだけ誤解しないようにしたいのは、フィルター加工にあるHDRは見る人の「意表をつく」ことを最大の目的にしているが、一般論でいうHDRは、広範囲に及ぶ自然界の明暗差の大きなデータを、いかに肉眼で見たようなリアリティを持って再現するか。といった点を目的にしていることである。

よって、前者は「ありえない!スゴイ!」と思わせるために、HDRの範疇を超えたこともやってしまうし、上記のように撮影時点で記録されている以上にダイナミックレンジを広げることはできない。
もちろん、ヒストグラムの両端に余裕があるならばそれを目一杯拡大すれば広げたことになるのかもしれないが。

後者は、最先端の技術革新の賜物であり、エンジニアの努力の結晶である。
映像の世界では、HDRがみるみる進化を遂げていることがあまり語られないのはなぜなのか。

iPhoneの2018年モデルは、階調重視の方向へ舵を切ってきたようだ、と先日の記事に書いた。
AppleがiPhoneに託したアンチテーゼ [Link]
ハードの処理能力を持て余すことなく膨大な事前処理を行ってから画像・映像データとして保存する。という方向性は、まさにHDR時代を先読みしたものと言えるだろうし、インスタ風の「飛ばして潰して破壊する」ベクトルとは正反対に位置している。

こうした方向が好きか嫌いかを別にして、振り子は時代の流れとともにどちらかに振れて行く。
フィルター命。な方々は、確かに最近あまり見かけなくなったように感じるのは気のせいだろうか。

楽しみは画面の中でも

photo AKIRA MIYAMOTO
少し「暖かめの色」にしてゆくことで、しっとり感が出るかもしれない。
反対に「冷たい方向の色」に振ると、日陰の寒さを感じるようになるのではないか。

イエローが暴れて苔が偽物になってしまうが、それもまた楽し。
あと、奥の日陰を少し見えるように復活させる。

撮影時点で楽しみ、そして画面上でも楽しむ。
自分らしさを表現できる世界。ここは長く付き合える世界だと思うよ。
5378820
rss_logo

New Entries

Categories / Archives