アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

Archives

楽しみは画面の中でも

photo AKIRA MIYAMOTO
少し「暖かめの色」にしてゆくことで、しっとり感が出るかもしれない。
反対に「冷たい方向の色」に振ると、日陰の寒さを感じるようになるのではないか。

イエローが暴れて苔が偽物になってしまうが、それもまた楽し。
あと、奥の日陰を少し見えるように復活させる。

撮影時点で楽しみ、そして画面上でも楽しむ。
自分らしさを表現できる世界。ここは長く付き合える世界だと思うよ。

自分の感覚に正直になるのは難しいことじゃない

photo AKIRA MIYAMOTO
「ホワイトバランスにも感性を」(2015.10.21)[Link]でも触れたことがあるが、自分自身の好みの色であるかそうでないか、といった部分は、肌で感じる感覚のように直感的なものではないだろうか。

電球色のように暖かい色が好きなのか、純白をそのまま再現できる色が好きなのか。
あるいは、そのシチュエーションで、その色がその対象物に合っているのかどうか?
自分自身の気持ちに正直になるだけで良いと思うのだが、そんな難しいことはわからないし、面倒なことはしたくない...。という。

電球照明の室内と曇り空の外光が混じると、青白い部分と黄色い部分が混在する。
その具合を見て「ああ、ここは電球照明の室内で、且つ窓際で外の光もさしてるんだね。」と判る。
それは何も難しいことではないし、普通に生きてきたなら日常生活の中で直感的に感じるもの。

だが「感じる」ことさえやめてしまう人が増えてはいないだろうか。
ことごとく自分の頭を使うことを放棄した人の行く末はどうなるのか、想像に難くない。

オフセット印刷で再現しにくい色

花ほたるイメージ
黄色は赤色ほどではないものの、色飽和を起こしやすいと言われる。
飽和しているように見える部分があるが、ヒストグラムの右側には、まだある程度の余裕がある。

画像処理にある程度慣れてくると、このような黄色や赤色の飽和に関しては注意を払うようになると思われる。ところが、印刷データ作成となると途端に違う部分にも意識を巡らせる必要が出てくる。
オフセット印刷では緑系が特に難しいと感じることが多い。

オフセット印刷での緑色は、Cyan(藍)とYellow(黄)の掛け合わせで表現する上、その濃度の具合は網点(ルーペで拡大すると細かい点の掛け合わせで印刷されていることが判る)で構成されるので、シビアな緑色を再現するのはかなり難しい。

Photoshopには、こうしたオフセット印刷で印刷再現できない部分を表示してくれる機能がある。
ある程度アプリケーションに慣れていらっしゃる方でもあまりご存じないケースが多いようだ。

印刷に使う前提であるなら、Photoshopが備える「色域外警告」機能を利用し、データ確定の前に再現できない部分を確認しておくプロセスも行なってみたい。もちろん、オフセット印刷に使わないなら必要ない。
PhotoshopCCの場合は、「表示」--「色域外警告」で、該当部分がグレーに塗りつぶされて確認できる。もう一度「色域外警告」をクリックすると解除される。

ちなみにこの画像では、茎の緑色系の部分は軒並み色域外警告の範囲に該当した。飽和?と感じた黄色の部分には表示されなかった。
オフセット印刷で用いられるCMYKの表現は、広い色域の再現は難しい。
これは、RGBベースで写真素材や印刷素材を提供なさっている方にとっては重要な要素であるにも関わらず、ほとんど語られない。

テレビ番組で使う写真の階調とデータ

TV放送向けに階調調整した画像
階調を意識しはじめてから最初にぶち当たる壁(Link)の記事のように、シャドウの扱いにメリハリがなくなってしまうお悩みの声を聞くケースが増えてきた。
皆さんそれぞれ、画像処理ソフトに慣れてきたとともに、階調重視への回帰は喜ばしい。

階調に対する知識がなくても、ご趣味で取り組む限り大きなトラブルになることはあまりないように思われる。但し、ヒストグラムの両端に位置するデータは、モニター環境(モニター画面の個体差や調整具合)によっては再現されない可能性は残る。
過去に、出張撮影指導(Link)出張画像処理教室(Link)でお伺いした先でお使いのモニターを見せていただいた時に、この両端の部分が「見えない」事例は数多く経験している。それは、真っ白に飛んでいるか、真っ黒に潰れているか。という状態で、その部分に存在している被写体を認識することができなかった。

このように、視聴環境が大きく異なっても「見えない・認識できない」リスクを最小限に抑える必要がある最たるもの。それはテレビ放送かと思う。
ここで使用されるデータは、設定基準を超えてしまうと事故につながる可能性もあり厳格な決まりが設けられている。

上記写真は、先の記事「階調を意識しはじめてから最初にぶち当たる壁(Link)」で使用したデータをテレビ放送波に載せる用途で使用するならば、といった仮定で調整している。厳密には映像アプリケーション上で確認が必要であるが、実際には利用しないので一つの事例として。

パッと見は、少し眠い程度にしか感じないかもしれない。近年はインスタのフィルター遊びで階調に対する感覚が麻痺してしまっている可能性もあり、差がわからない場合もあるかもしれない。とんでもない時代になった。

地上波デジタルの規格である8ビット信号では、256階調のうち220階調分しか使えない。
写真画像の場合には、PC上で調整なさっている方にはおなじみのRGB8ビット処理0から255までの256階調が利用できる。だが映像信号のビット幅は、写真の階調スケールで示すと下限16から上限235までということになる。

特に、235を超える明るい部分はスーパーホワイトと呼ばれ超えてはならないものと規定されている。民放とNHKでは微妙なニュアンスの違いが残るものの、基本的にこれらハイライト部分は気を使う。
上記画像は、この16から235の範囲に収まるよう調整をしたもの。

近年、タレントのインスタ画像をそのまま放送番組内で見せたりする事例を目にするが、初期の頃は相当酷く、これ、ハイライトIRE=100をホントに超えてない?、だとか、ブラック潰れ階調なしでアウトでしょ。的な画像が流れていた。

故意に階調を両極端化しデータを意図的に破壊するようなお遊びはどうなのだろう。と言い続けてもう10年くらい流れた気がする。

階調を意識しはじめてから最初にぶち当たる壁

photo by AKIRA MIYAMOTO
「階調」に目覚めると、カメラがデフォルトで出す絵は、とにかく一次直線的に明暗差が大きく出過ぎるように感じる。(実際にはそんな単純ではないが...。)

「希望色」とは言うが「希望階調」の言葉も欲しい[ Link ]でも書いたように、明るい部分は見た目よりも早めに飛ぶように、暗い部分も早めに潰れ気味に感じてしまう。
人間の目は、もっと階調豊かに「飛ばず潰れず見えている」のだから、そのイメージに近づけようと狭い範囲の階調の中に可能な限り押し込むことで、相対的に広い範囲が残っているかのように見える方向の処理をする。

こうした処理を覚えるうち、最初に越えなくてはならないハードルに突き当たる。
1.暗めの露出でハイライト寄りの階調を温存する
2.シャドウを上げて狭い範囲に階調を復活させる
この段階で、いわゆる「黒が浮いてしまう」現象と戦わなくてはならない。

単純にシャドウのスライダーを上げたり、ガンマカーブを上げたりするだけでは、ヒストグラムの左側方向に座しているメンバーが全員揃って上がってきてしまうためだ。
また、赤系の色は問題なくても、緑系が沈み気味だとすると、構成員が揃って同じように上がってしまうことで、問題がなかった赤系の色の深さが失われ、極端な場合には薄いピンクのようになることもある。

あ〜そんな面倒なことやってらんねえ。というのもひとつの考え方。
でも、その壁を突き破った後に、自分だけの階調の世界が出来上がる。
自分で一から創り上げる満足感は何物にも代えがたい。
5022699
rss_logo

New Entries

Categories / Archives