アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

New Entries

Timeline

スマホを照明機器として使う

昨日(2018.04.19)の、FMaiai 82.0MHzエフエムあまがさき様---【宮本章光のビデオをポケットに】でお話しさせていただいた項目の一つ、「スマホを照明機器として使う」について。

アーカイブ記事、「iPhone内蔵フラッシュの使い道」(2013.10.29記事)[Link]のように、カメラとしてではなく、ライトとしてスマホを使うという方法。
当然、スマホではなく、バッテリーライトでも良いし、他にデスク周りの蛍光灯や照明機器でも構いません。
カメラ用のLEDライト(電池式)が最適!
とコメントをいただいた方、ありがとうございました。

私がお伝えしたかった主旨は、スマホの「カメラ機能」ではなく「懐中電灯の機能」だけを使う。といった部分。
機種変更などで余ったスマホが引き出しで眠っている方も増えてきたと思われる現状、スマホ本来の使い方として多くの方が意識する「カメラ」以外の機能でも利用価値がありますよ。と提案する目的があったのです。

敢えて、光量が少ない機種変した古いスマホを照明機器に使わなくても、バッテリーライトのような専用機器が優位であることは十分に理解していますし、もっというならば専用の照明機器は、AC電源を使うものまで含めるならバリエーションは更に広がります。

今回は、照明について語るのが目的ではなく、余ったスマホが照明機器としても活用できるんだね、と気づくことで撮影のプロセスを楽しんでいただければ。といった思いを込めています。
また同時に、スタンド固定ではなく、手持ちでさまざまな方向から照明を当てることが可能になるため、光の当て方によっても被写体のイメージが変わります。

放送では毎回、こんな楽しみもあるんだね、だとか、プロセスをもっと楽しみませんか。といった部分をお伝えしたい、との意図があります。
トークが至らず失礼申しました。

16:9の縦横比に改めて感心する

IMG_2895_2018.jpg
「縦横比に意識を巡らせる(2016.08.30記事)」[Link]でも書いたが、現在の地上波放送の規格である16:9の画角。
この16:9の画像を、あらためてじっくりと眺めてみると、なかなか収まりの良い構図が作れる優れたフォーマットだと感じる。

動画ソースから静止画切り抜きをするのも良いだろうし、写真撮影時に16:9フォーマットで撮影しても良いと思う。
更には、3:2や4:3の写真から16:9を切り出してみるのも楽しい。

スクエアの絵に疲れた、といった状況以外に、映像に親しむ時間が増えたことで目が慣れたといった理由もあるのかもしれない。

結局は、自分の肩幅と同じように、最もしっくりくるフォーマットに描くのが回答ということなのだろう。

SNSタイムラインでニュースを読むのをやめる

断捨離シリーズ...というわけではないが。

SNSのタイムラインでニュース記事を読むのを止めるだけで、随分と能動的になれるはずだ。
Facebookアカウントは削除済み、Twitterは化石と化し、LINEはもう何年もログインすらしていない。こうした媒体を通してニュース記事を読むことがなくなり久しい。

昨今のキュレーションメディアの弊害を語るまでもなく、SNSのタイムラインに流れるニュースや種々情報は、かなり偏った表示がなされているのは周知の事実。

本来、それは情報を受け取る側の意思によって設定した条件に基づき、セレクトされソートされていたはず。
しかしながら、Facebookの事案に見られるように、イギリスのEU離脱もアメリカ大統領選挙も、SNS運営元が意図する情報選択と、意図的に偏った表示をするスタイルにより「洗脳」されてしまった可能性もあるかもしれない。というのが現在の状況かと。

旧来のメディア、それは新聞をはじめとしてラジオもテレビも、はたまた出版物においても、すべてその提供元の意図や意思により作り上げられている点では同じかもしれない。
しかし、社会システムに及ぼす影響といった観点では、その力関係に大きな変化が起きている。


ほんの数年前までは、ニュース記事はRSSリーダーで読んでいたはずだ。
RSSリーダーなんて過去の遺物...と捨て去ったのはもう随分と前の話かもしれない。だが、それはGoogleがそのサービスを止めたから。ではなかったか?
多くの人たちは、その背景にあった「AI(人工知能)によって、あなたに最適な情報がキュレートされる新しい体験を。」という、AIを育てるための壮大な人体実験に供されていたことに考えが及ばなかったのではないのか。
それが良いか悪いかの論議をするのではなく、考えが及んでいるかどうか。ではないだろうか。

自分の手で、必要なタイミングに、必要とされるニュースソースを選び、作為的な香りをもろともせず、手に入れた情報は自らの意思を持って判断する姿勢を忘れてはならないと思う。
RSSフィードは、現在も多くのニュースソース発信元から提供され続けているし、私は、[Newsify (Link)]のような優れたアプリを利用し、SNSによって作為的に表示されるソースとは接点を持たないようにしている。

AIがけしからん、だとか、Fecebookが嫌い、だとか、Googleがどうだ。だとかの狭い了見ではなく、自ら考えることをしなくなった私たちの将来は、僅か10年先でさえ真っ暗かもしれない。

「人間は考える葦である」という言葉を思い出しておきたい。

SmartICOCAの解約

SmartICOCAを退会解約。

既に半年以上チャージを行っておらず、残額を消費するのみの状況であった。
断捨離か、いや、まだ先とは感じているが終活の一つとも。

メリット・デメリットは、webに大量の情報があるのでそちらに任せたい。
私にとっては、デメリットがメリットを上回ったための判断。

モバイルSuica(東日本)は、スマホ上でチャージが完結し、その場所は全国とこでも地域を限定しない。ネットに接続ができる環境さえあればその場でチャージが完了する。
しかし、SmartICOCA(西日本)は、西日本管内でしか「クレジットカード経由」チャージができない。もちろん、全国のJR駅の券売機で「現金」によるチャージは可能であるが、その操作にメリットはなく、現金を置き換えるだけなら、その時点で切符を買えば良いように感じる。
私の使用状況では、これが最大のデメリットであった。

また、SmartICOCAへのチャージによるクレジットカード利用ポイントは、多くのブランドでポイント対象外にされている。傘下のJ-west cardと、他、特定の限られたカードしかポイントがつかない。
私は、2パーセントを実現していたので、上記モバイルSuica(VIEWカード決済)に一本化することで1.5パーセントに減少するが、利便性を得ることと、財布の厚みを一枚分薄くできるメリットを取った。
さようなら、カモノハシのイコちゃん。

残りの時間と役目

リスク要因には近づかず触れず。
残された時間は決して増えることがない。
必要としている人へ必要な役務提供・役目を果たす。

Categories / Archives