アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

宮本章光/陽の視点 -- And EM Official Blog

みやもとあきらのしてん AKIRA MIYAMOTO@And EM

New Entries

Timeline

大きな写真になりましたね、と。

すみだ水族館 photo=宮本章光
随分とご無沙汰していたある方からメールをいただいた。
Blogの写真、かなり大きくなりましたね。と。

割と前からサイズ変更していたので、久々にご訪問いただけたのだと思う。
こちらは、更新に関しては不定期かつインターバルが長い...と、ご覧いただく方にはフレンドリーではないのでお恥ずかしいばかり。

当Blogで掲載の写真は、大半がiPhoneでの撮影であり、一眼レフを持ち出す機会は業務案件を除いて皆無になった。コンデジも皆無。
だが、この程度のサイズでも解像度の点ではまったく問題はないし目的が果たせる。
クオリティの面では若干の不安も残るが、業務案件ではないのでこちらも目的は果たせる。

令和を目前にした今となっても、まだスマホの画素数...だとかを語る人たち。たまに見かける。
いや、確かに高画素であるならトリミング耐性も上がるかもしれないけれど...。

高画素が必要なら一眼レフ、あるいは本当に必要なら中判業務用デジタルバック(Digitalback )に行けばよいわけで、すべてに対して最高の品質と最高の画素数とをスマホに求める必要はないはず。

道具を選ぶところに楽しさはあるし、そうしたスキルも作品創造の一つの要素ではないかと思う。

令和のデジタルイメージング通信への文字置き換え

Official e-mail Magazine【平成のデジタルフォト通信】から、
Official e-mail Magazine【令和のデジタルイメージング通信】へ。

サイト内に存在する、上記テキストを置き換え。
過去サンプルとして旧タイトルを残すほうが良いと思われる記事を除き、キーワード検索でリストアップし、該当記事を引っ張って文字を置き換え。

サーバーログのパーミッション変更を伴う上に、この作業、思いのほか時間が必要。
テキスト置き換えコマンドなどないし、仮にあったとしても怖くて使えない。

一つづつ手作業で進めることで、過去のその時に「こんなことを考えて書いてたな。」と振り返ることも可能になるので、単純作業も無意味ではないと肯定することにした。
しかし、14年間もよくアーカイブできたことだな、と思う。

これからもご贔屓のほどよろしくお願いいたします。

AKIRA MIYAMOTO Official e-mail Magazine
【令和のデジタルイメージング通信】

【登録:subscribe】

「平成のデジタルフォト通信」のタイトルを変更

photo AKIRA MIYAMOTO 宮本章光

e-mail Magazine「平成のデジタルフォト通信」のタイトルを変更いたします。

新タイトルは「令和のデジタルイメージング通信」。
元号が変わっただけだよね。というツッコミは無しにして、フォトの括りを外しもっと広くお話しをしてみたいと思っています。

AKIRA MIYAMOTO Official e-mail Magazine
【令和のデジタルイメージング通信】

【登録:subscribe】

更なるご縁が広がりますよう。

枝は広がる

桜2019 photo 宮本章光

幹から枝に向かって、枝分かれし、複数の蕾が生まれ花開く。

何事も、拡がることによって、さらに発展し活発化する。
立ち止まって、身近な植物を見習うことも必要かもしれない。

2019年の桜にも出会えたことに感謝。
一期一会。

時間の経過を楽しむ贅沢

神戸総合運動公園 菜の花の丘 photo 宮本章光
ある方から、いつものカットをご希望、とご連絡いただきましたので。
やっぱ、これでなきゃ、という定番のイメージをどうぞ。

雲の位置や形など、一期一会の瞬間を時間の経過とともに楽しむのも良いのだろうと思います。

Categories / Archives