オーケストラビデオ撮影ヘッダーイメージ

オーケストラ・クラシック演奏会撮影・ブルーレイ・DVD制作

音楽に精通していないビデオ制作会社に音楽収録は難しい?

音楽に精通していないビデオ制作会社に音楽収録は難しい?

コンサートビデオ撮影使用ヘッドフォンイメージ

これはなかなか難しい部分ではないでしょうか。
「音楽を知らない(楽譜が読めない)ビデオ制作会社に演奏会収録は困難」と。


---先週のクラシック音楽館(NHKのクラシック音楽番組)はご覧になりましたか?
---どのようなシーンがお好きですか?
---サントリーホールでの収録音声はどう感じられますか?
---芸術文化センター小ホールの響きはお好きですか?

こうした話ができるビデオ制作会社は数えるほどしかないのではないでしょうか?


しかしながら、「当社は放送機器を揃えているから良い記録が出来ます。」というビデオ会社のセールストークを頻繁に目にするために、「それとは違う音楽に関する 重要な要素があるんだよ!」ということを知っていただきたいと考えています。

大きいカメラと大規模な収録をしなくては綺麗に撮れない?

コンサートビデオ撮影ホールイメージ

ビデオ制作業界は、平成のこの時代でも「おおきいことはいいことだ!」という不思議な世界です。
大きいカメラで大きな規模の収録・制作が偉い...と。

逆説的になりますが、これは間違いではありません。
大きな放送仕様カメラには解像度に優れた優秀なレンズが使用できますし、この部分を追求すると家が建つほどのコストがかかる巨大なスタジオカメラになります。また、大規模な収録ができることはその運用ができる能力がある証明ですから...。

ですが、そうした差よりも「もっと大切な音楽についての事項」があるにもかかわらず、ひたすら「大きいことはいいこと」「収録機器だけがアピールポイント」といった論議に明け暮れる。そのような論議が今でも続いています。


そのために、ビデオ制作会社が行っている「決して良くない現状」と「私が対応する考え方」を7ページにも渡って記載してきました。
もちろん、映像作品を創り出す制作の部分では素晴らしい会社が数多くあり、当方はそうした「番組制作」の部分では全く能力はありません。存在しないところから作り上げるという分野では素人です。ですが、当方は「音楽演奏会を記録し、その記録物に価値を持たせる」部分では恥ずかしくないアウトプットを行っています。


話題を戻しますが、機器は一定水準以上を満たしていれば何ら問題はなく、それとは違う「音楽」に関する部分を語らずして、演奏会ビデオの収録はできません。
他のページでも書いていますが、演奏会の収録をするのは「音楽がわかる人間」であって「ビデオカメラ」ではないことを忘れてはなりません。


近年は、楽譜が読めるスタッフが居る!とアピールすることが流行っているようですが(何を今さら...)、「楽譜はカメラ割の進行表ではない!」と声を大にして言いたいものです。
楽譜は作曲家が創り上げた作品であって、その全てから何をどのように組み立てるかを解釈して演奏家がステージで披露するもの。
自分が奏者ならどう理解して何を表現するのか?そういったアプローチをするための作曲家の作品です。
「楽譜はスイッチングのための進行表ではありません!」


昨年までは業者に依頼していた。だが不満ばかりなので、他の演奏家の方からのご紹介で...。といった形での収録依頼が増えています。大変有難いことです。

検索結果にリスティングされる多くのビデオ制作会社...。
カメラの型番、大きなカメラの写真、システムの概要...そうした標記だけを前面に打ち出して、音楽の「お」の字も出てきません。


プロフィールページでも少し触れていますが、私たちの、そしてAnd EM のビデオ収録のスタンスは音楽最優先です。 「音楽の記録が第一」というそのコンセプトに合わせてビデオ収録を行っています。

音楽の、それもクラシックのジャンルに限った映像収録、音源収録。それはとても狭い市場だと思います。
そこに特化したビデオ制作会社は僅少です。儲かりません。事業が成り行きません。
しかし、国営放送だけがクラシック音楽のコンテンツホルダーになる時代ではないと思っています。


実際にwebにサンプルを数多く掲載しアピールする方法もあります。が、個々の演奏家の方々は、それを望まれないケースや著作権等の問題が多く 残念に思います。
お問合せいただきましたら、サンプルをご覧いただくことは可能です。


映像記録制作の現状と当方でのこだわり7項目です。

■1【演】クラシック演奏会・発表会ビデオ撮影
■2【映】演奏会ビデオと制作会社の現状
■3【音】演奏会の音声の扱い
■4【劣】劣化して当然の収録が行われている現状
■5【線】音質キャラクターを決めるもう一つの要素
■6【感】計数管理では実現できない収録者の感性
■7【精】音楽に精通したビデオ会社(当ページ)
■8【板】第一に「音」こだわったブルーレイ・DVDプレス制作


今すぐお問合せください。スケジュールも調整可能な場合があります。


コンサートビデオ撮影オーダープラン・価格についてはこちらをご確認ください。
演奏会・コンサート写真撮影についてはこちらに記載しております。

コンサートをより印象的に残すためのノウハウ