アンドエム演奏会ビデオ撮影ページヘッダーイメージ

オーケストラ・クラシック演奏会撮影・ブルーレイ・DVD制作

プロの演奏家、音楽家のためのコンサート記録と映像記録

演奏会・DVDビデオ撮影・Blu-ray(ブルーレイ)撮影、制作

ミューザ川崎イメージ/アンド・エム演奏会ビデオ撮影

オーケストラ・クラシック演奏会、管弦楽コンサートを中心にソロ・アンサンブル・室内楽まで「演奏会・コンサート専門」のDVDビデオ撮影・Blu-ray(ブルーレイディスク)制作・web用映像制作を行っています。


日本のクラシック音楽界を支える実力ある市民・企業オーケストラ、学生オーケストラ・管弦楽団やプロ音楽家の方々との、 コンサートDVD、ブルーレイビデオ撮影制作ハイレゾレコーディングでのご縁を大切にしています。
また、放送番組でのオーケストラ撮影・制作のお手伝いもさせていただいています。


私たちの強みは...、
「音質のクオリティが非常に高い」
「音楽性を感じることができる映像」
「後から鑑賞できる完成度」
にあります。


私たちは、webに溢れる「ビデオ業者」ではありません。
多くの場合、定期演奏会ごとにリピート指名いただけること。
次のホール予約が取れた時点で日程確保のご連絡をいただけること。
webに派手なPRをしなくとも、こうしたご縁をいただけることを大変嬉しく感じています。


■写真撮影(デジタルカメラ:スチル写真)については、
演奏会・発表会写真撮影へ。

■レコーディング(演奏会録音)については、
クラシックコンサートハイレゾ録音へ。

演奏会・コンサートビデオだからこそ音楽性に徹底的にこだわった記録を

東京芸術劇場アンド・エム演奏会ビデオ撮影

クラシック演奏会、一期一会の貴重な演奏記録としてのビデオ、DVD記録、ブルーレイ制作だからこそ、
他では真似のできない「音楽演奏にこだわった演奏家の演奏作品」を「徹底的に音と音楽性こだわった演奏会記録作品」に仕上げる 必要がある、と考えています。

ご縁のある演奏会はオーケストラコンサートが9割以上、1割はプロの弦楽四重奏やアンサンブル、ソロリサイタルです。


webで見かけるキャッチには、発表会から吹奏楽やオケまで幅広く...。と書かれていることが多いようです。ですが、例えば吹奏楽とオケでは撮影から編集まで、すべての面で異なったディレクションが必要であると語る人は皆無かと感じています。
音楽専門は最低限。そしてオーケストラ専門記録制作会社であること。
ここに価値が生まれる理由があります。


近年「楽譜が読める」とアピールする業者が増えてきました。しかし楽譜はカメラ割り(シーンチェンジ)の進行表ではないと思うのです。
指揮者や演奏者がその楽譜から何を、どのように表現しているかを理解し、それをビデオ作品として仕上げることができる...。

私たちは、自身の多くのステージ演奏経験を活かし、シーンチェンジ一つひとつについて意味を考え、楽譜に基づいた作曲家の意図と演奏者の表現に合致したコンサートビデオ・DVD/Blu-rayの制作を心がけています。

お付き合いいただいているプロ音楽家の方々やアマチュア・市民・企業オケ、学生オケの皆様から高く評価いただいている理由はここにあるのだと思っています。


映像記録制作の現状と当方でのこだわり7項目です。

■1【演】クラシック演奏会・発表会ビデオ撮影(当ページ)
■2【映】演奏会ビデオと制作会社の現状
■3【音】演奏会の音声の扱い
■4【劣】劣化して当然の収録が行われている現状
■5【線】音質キャラクターを決めるもう一つの要素
■6【感】計数管理では実現できない収録者の感性
■7【精】音楽に精通したビデオ会社
■8【板】第一に「音」こだわったブルーレイ・DVDプレス制作


今すぐお問合せください。スケジュールも調整可能な場合があります。


コンサートビデオ撮影オーダープラン・価格についてはこちらをご確認ください。
演奏会・コンサート写真撮影についてはこちらに記載しております。

コンサートの映像記録をより印象的に残すためのノウハウ

いますぐお問い合わせ

(電話番号タップでスマートフォンからコール可能です)

And EM 電話によるお問い合わせ  アンド・エムお問い合わせ電話番号 And EM メールフォームによるお問い合わせ And EM メールフォームによるお問い合わせ