ライトルーム画像処理講座イメージ

Photoshop/Lightroom画像処理講座

Adobe Photoshop/Lightroom写真画像処理教室

今、デジタル写真は画像処理とセットで考える時代

ライトルーム教室イメージ6

写真を撮る、というアクションが一気に身近になるとともに、デジタル写真とは切り離して考えられない画像処理。

Adobe Lightroom(アドビライトルーム)
Adobe Phortoshop CC(アドビフォトショップCC)
これら代表的なソフトウエアを通し、写真画像の調整を行い作品に仕上げるプロセスを学びます。

Mac OS Xに標準搭載の「写真」アプリ
Windows10に標準搭載の「フォト」アプリ
についてもビギナー向けワークショップとして実施いたします。


■どのボタンがどのように機能するか?を学ぶセミナーではありません。
これらは溢れるweb情報や書籍で知ることができます。肝心の「何をどのように調整・処理するか」「なぜその処理を行うか」を体得していただくのが目的です。


■いずれも「写真をより印象的な作品に仕上げる」ことに主眼を置いています。奇抜な絵や意表をついた結果にする加工、特殊処理を学ぶのではありません。

ライトルーム教室イメージ1


原則としてオフィスのPC/Macやご自身のPC/Macをご用意いただき進めます。
現在、アプリケーションの準備が整っていなくても、インストールからご一緒することも可能です。
ただ、時間が限られていますので肝心の操作のお話ができなくなる可能性はあります。

詳細はPC画像処理講座へのお問い合わせよりご相談ください 。

当講座の特徴と進め方

【当講座の特徴と進め方】

ライトルーム現像パネルイメージ

右側のイメージ(スマホ画面等では上部に表示されている場合もあります)をご覧ください。
すでにライトルームを利用なさっている方にはお馴染みの現像パネルの一部ですね。


多くの講座では、このように習うはずです。


[色温度]は、スライダーを右に動かすと暖色へ、左に動かすと寒色へシフトします。
[色かぶり補正]は、右にシフトで赤く、左にシフトで緑に調整します。
[露光量]は、画像全体の明るさを調整します。
[コントラスト]は、画像全体のコントラストを強める・弱める調整を行います。
[ハイライト]は、明るめの部分のみのコントラストを調整します。
[シャドウ]は、暗めの部分のみのコントラストを調整します。


...といった形でしょうか。
もちろん、これらパネルの各要素を知りどのように変化するかを理解する必要はあります。
しかし、繰り返しますが、これらは数多くのwebの情報や書籍等からも得ることができます。


大切なのは、ボタンやスライダーを知ること以外に、
「なぜその要素を調整するのか」
「なぜその値に調整するのか」を学んでいただくことです。


この調整パネルサンプルは舞台写真の調整を行っているところです。
トップライトが強く明暗差が強すぎるために、ハイライトを落としシャドウを持ち上げています。こうすることで飛び気味なハイライト部分を抑えながらシャドウを潰さないような階調を活かすことが可能になります。


このように、実際のプロセスを通し処理の背景とその理由、度合いを知っていただくことで、被写体や条件が変わっても応用が利くスキルを身につけていただくようにしています。


使用ハードウエアおよび画面色調整について

ライトルーム教室イメージ3

【使用ハードウエアについて】

ハードとソフトの相性や性能・操作性、バージョン・互換性については充分にご検討ください。
当方では、
MacBook Pro 15"または同13"を持参し授業を進めますが、日々ご使用になっているオフィスやご自身のPCにてご参加ください。

現在では、WindowsPC、Machintosh とハードの違いがあってもアプリケーション側が統一されているため、キーボードショートカット読み替え等の違いを除き基本操作に対する差はありません。
プロジェクター投影などによりご覧いただく画面もほぼ同一で違和感なく進められるものと思います。


【使用PCの色調整について】

近年のWindows(Machintoshの一部も含み)ノートの多くは液晶画面の色が異常に青く、満足に色調整ができないことがあります。

調整によって改善できないモデルも数多くありますので、新規購入の場合にはこうした部分についても十分にご留意ください。
画面の色調整(カラーキャリブレーション)については専用ハード・ソフトが必要(費用別途ご相談)になります。
必要とされる方は【i1 Display Pro】についてのみ対応いたします。

画像処理についての最近の傾向

ライトルーム教室イメージ4

最近の流れは「何でも画像処理」に頼る傾向があり、撮影時にFullAutoで撮って後から画像処理ソフトで調整することが主流であるかのような風潮があります。

また、スマートフォンやソーシャルネットワークの普及とともに、プリセットのエフェクト・フィルターをかけて故意にデータを劣化させたような処理をするのが画像処理だと勘違いしている方も増えてきました。


【最近よく見かけるイメージ(比較)】

故意にカラーバランスを崩し、意図的に色カブリを発生させた画像。
どことなく年月を重ね劣化してきた写真といった感じ、古き良き時代を感じさせる、という解釈もあるでしょう。
ですがオリジナルのデータをより魅力的・印象的な方向に処理することで見ていただく方にメッセージを伝えるという写真本来の目的を大きく外れ、意表をついた意外性だけに頼った処理はデータを破壊し劣化させています。
これでは見ていただく方を不愉快にするケースもあり得ます。


こうした処理はあくまでも「お遊び」として楽しむべきで、本来の画像処理の方向性を見失わないようにしなくてはならないのでは?と感じています。

Adobe Photoshop Lightroom画像処理

実施内容 Adobe Photoshop Lightroomを活用し、写真をより印象的に見せる方向へ調整する画像処理のポイント。操作実務。
開講場所 貴社オフィス、ショウルーム等にお伺いして実施(ご相談)
開講人数 5名程度
開講時間 約90分間
費用 32,400円(税込)
開催地域 開催地域不問。(日本国内に限る)
交通費等 往復交通費・宿泊費は実費をお願いいたします。
日程など スケジュールをご確認ください。先約があっても調整可能な場合があります。

phone:090-5657-2552(アンド・エム 宮本 陽)
webフォーム:PC画像処理講座お申し込み・お問合せ

Adobe Photoshop CameraRAWフィルター画像処理

実施内容 Adobe Photoshop CameraRAWフィルターを活用し、写真をより印象的に見せる方向へ調整する画像処理のポイント。操作実務。
開講場所 貴社オフィス、ショウルーム等にお伺いして実施(ご相談)
開講人数 5名程度
開講時間 約90分間
費用 32,400円(税込)
開催地域 開催地域不問。(日本国内に限る)
交通費等 往復交通費・宿泊費は実費をお願いいたします。
日程など スケジュールをご確認ください。先約があっても調整可能な場合があります。

phone:090-5657-2552(アンド・エム 宮本 陽)
webフォーム:PC画像処理講座お申し込み・お問合せ

Mac[写真]・Windows[フォト]を使った画像処理

実施内容 MacやWindows10に標準で備わっている「写真」や「フォト」アプリを活用し、写真をより印象的に見せる方向へ調整する画像処理のポイント。操作実務。
開講場所 貴社オフィス、ショウルーム等にお伺いして実施(ご相談)
開講人数 5名から10名程度
開講時間 約90分間
費用 32,400円(税込)
開催地域 開催地域不問。(日本国内に限る)
交通費等 往復交通費・宿泊費は実費をお願いいたします。
日程など スケジュールをご確認ください。先約があっても調整可能な場合があります。

phone:090-5657-2552(アンド・エム 宮本 陽)
webフォーム:PC画像処理講座お申し込み・お問合せ

【画像処理に関する話題はメルマガでも記事にしています】

当方のメルマガ「平成のデジタルフォト通信」にて写真談義・撮影ワンポイントなどの内容を不定期に配信しています。近年は画像処理に関する話題を取り上げる頻度も上がってきました。
ぜひご登録ください。

ご登録はこちら【平成のデジタルフォト通信】よりどうぞ。


【当講座だけの強み!】

アプリケーション自体の操作方法や設定の仕方を学ぶだけの教室は多数存在しています。また、そうした知識はwebや書籍からも入手可能です。ですが当講座では「職業カメラマンが実際に行っている画像処理」をそのままお伝えすることと、「何をどのように調整するか」「なぜその処理を行うか」を見極める力を養うことに注力しています。

また、近年流行のお手軽エフェクトばかりで遊ぶこと(それが良いか悪いかという論点ではありません)で、本来写真が備える階調や色彩に関する麻痺してしまった感覚を取り戻していただく目的もあります。

webに溢れるフォトレタッチTipsは、高コントラスト・高彩度の方向に偏っており、作品を仕上げる方向とは正反対であることにもご留意いただきたいと思います。

業務上必要な処理のみをご希望に合わせお伝えする研修・講習も行っています。
「仕事に使う写真術」をご確認ください。


【お問い合わせ・お申し込み】

phone:090-5657-2552(アンド・エム 宮本 陽)
webフォーム:PC画像処理講座お申し込み・お問合せ