アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

New Entries

Timeline

水の季節とはお別れ

photo by AKIRA MIYAMOTO
この夏は、東は雨、西は猛暑だった様子。
また寒い北風の季節がやってくる。
そろそろ水の季節とはお別れ。

EF50mm F1.4 USM無償修理のご案内

「EF50mm F1.4 USM」の無償修理のご案内、といったタイトルのメールがCanonから届いた。
現象:
AF/MFモードに関わらず、フォーカス位置を無限端から至近側に移動させるとフォーカス作動が停止することがある。とのこと。

この50/1.4は、フォーカスリングの遊びも大きく、初期の設計なのだろうと感じる。
幸い、手元の50/1.4は対象ロットではなく現象も発生しないが、過去に2回修理をしており、新たに新品購入する以上の費用をかけているので、このまま現役で活躍してほしいと思う。

過去にご縁のあった方々も、数多く所有されているので、皆様確認をなさいますよう。

短い夏を見送る2017

photo by AKIRA MIYAMOTO
山陰の短い夏を見送り、来たる厳しい冬に想いを馳せる。
2017年8月。

残暑お見舞い申し上げます

photo by AKIRA MIYAMOTO

東では雨天続きに雷雨...の様子。
西では、まだまだ暑さが残りますが、皆様お元気でご活躍のことと存じ上げます。

残暑お見舞い申し上げます。

二者択一しかない世の中

デジタル思考というのか?(2009年12月31日記事)http://and-em.com/blog/index.php?mode=res_view&no=2195で書いたことがあるが、以降8年近くの時間が流れた現在、更に「二者択一」的判断が幅を利かせる世の中になってきた。

YesかNoか、正しいか誤りか...。
そんな単純選択しか結果を求めない風潮。

もちろん、事を細分化して行くと、最終的には二者択一判断の積み重ねによって物事が動いているのだと思う。まさにデジタルデータを符号レベルで解析したかのような感じとでも言うのか。

だが、表面的な二者択一判断を繰り返していると、イレギュラーな事項が発生した場合に必要とされる「何を優先しどう判断するか?」という総合的な思考能力が落ちてしまうリスクはないのだろうか。

AIに仕事が奪われるかどうか?を心配する以前に、どこへ行き何を食べたか...といったようなビッグデータの一つひとつを、せっせと日々SNSへ蓄積することに精を出している限り、自ら条件を悪くするばかりかもしれない。
同じように、自分自身が◯か×かしか判断しない生活を送ることは、自らの思考能力も閉ざしてしまっているのかもしれない。

世の中が便利になることは大いに歓迎したいし、AIがどんどん賢くなるのも避ける方向にはないだろう。
こうした環境の中で、自らのポジションや判断基準をどこに置いているか?という客観的な思考を忘れてはならないと思う。

AIが飛躍的に進歩する将来、あなたは単純判断しかできない人間であり、世の中の役に立たないとマークされている。存在・必要性が低いためリソースの無駄と判決が降りたので抹消する...と、クルマをハッキングされて事故死を装い消される。といったSFのような最期を迎えることだけは真っ平御免こうむりたい。

Categories / Archives