アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

Content

iPhoneXの分割払いが通らない?

毎年、このシーズンはiPhoneの新型が世に出る時期。
iPhoneXの話題がそれなりに目に付くのだが、今年は少し異なった話題が増えている様子。

iPhoneXの分割支払い審査が通らない。と。
もちろん私のことではなく、そうした情報がwebでチラホラ目に入る。

割賦購入時には個人信用情報機関の情報を参照される。こうした信用情報機関の情報(CIC、JICC等)に傷があると恐らく審査は通らない。
ケイタイ代支払いをコンビニ払いなどにして、今月はちょっと物入りだったので来月に...。といった感覚で滞納してしまう。そして督促ハガキが届く。
これを繰り返していると、自分自身の信用情報には支払い期日を守らなかった(入金が無かった)記録が残る。
こうした傷があることに気づいていない人が多いのではないだろうか。

結果として、予約を入れ入手を待ち望んだiPhoneXを分割では購入できなくなる。
それどころか、クルマのローンも通らないだろうし、更に大きな買い物など推して知るべし。

たかがケイタイ代金、と侮るなかれ。
500万円のローンでも、月額数千円のケイタイ代でも、支払い履歴には同じようにその結果が残る。
だから「毎月決められた日にしっかりと支払いをする」ことで、約束を守ったという記録を残すことができる。
キッチリ決められたことを守る。といった、ただそれだけのこと。
クレジットヒストリーと呼ばれるこうした信用情報は、積み重ねてきた自分自身の信頼の証であることを忘れないことだ。

webには、同じく「そんな10万円くらい一括で払えばええやろ!」的な声もチラホラ。
確かに割賦でなくても良い金額だろう。
だが「払わなかった傷ではなくキッチリ支払った実績を残す」ことは信用としてプラスに作用する点を忘れてはならない。
現金主義の人は、それはそれで立派だと思う。だが、ある程度の年齢まで現金主義を貫き通すと、こうした履歴が一切残らないため「スーパーホワイト」と呼ばれる。
こうした人たちは、クレジットヒストリーを蓄積していないため、割賦を組む場合の信用はゼロに等しい、ということも知っておきたい。

何というのか、学校の校則を守るのは優等生ぶって嫌、ちょっとした軽微な違反をするのがカッコいい。
とでもいうのだろうか。
今日は残業はしんどいから、日報は明日でもいいか...的な。
横断歩道で、クルマ一台も見えないし誰もいないから赤信号でも渡っていいだろう...的かも。

ちょっと昭和すぎる例えもあるが、こと金銭絡みでは優等生であり続けることが自分の身を守る。

過去に、ソフトバンクが信用情報機関へ誤った申請(ケイタイ代金を支払っているにもかかわらず遅延したという記号をつけた)を行ったトラブルがあった。なんとその数、6万人を超えていたらしい。
大手携帯キャリアでさえ、絶対にあってはならない事故を起こしている。

キッチリとクレジットヒストリーを蓄積することと、自分自身の信用情報機関の情報は、自分の手で確認するのが良いのではないだろうか。
私は、SB社のiPhoneを契約したことはないし今後もするつもりはない。そしてCICの情報は自分自身で定期的に確認することにしている。
2017/11/05(Sun) 18:12:06 | others
4671445
rssロゴ

New Entries

Categories / Archives