アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

Archives

Apple PayのSuicaにオートチャージができるのはビューカードだけ

「Apple PayのSuicaにオートチャージができるのは、ビューカードだけ。」

ブルー地にかりあげクンのイラストを配した、こんなキャッチの広告が大阪市交通局(大阪市営地下鉄)に出ている。
だが、VIEWカードはJR東日本傘下カード会社の発行。どうやら全国的に広告を打っている様子。

もちろん、どこの地域に何を出そうと問題ではない。
でも、ちょっと待てよ。オートチャージはSuica圏内でしか効かなかったはずだが...。
VIEWカードのwebを見ても「首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアにてオートチャージをご利用いただけます。」とある。

なるほど、関西でもオートチャージできます。とは書いていないし、Apple PayのSuicaにオートチャージができるのはビューカードだけである点に違いはない。

その広告を見た地域・場所でも可能だと勝手に解釈したに過ぎないわけで、これだけ注意を引き付けた時点で、マーケティングとしては大成功。ということなのだと理解した。

閑話休題。
自分自身も、iPhone7plusにFeliCaチップが載った時点で、プラスチックカードのSuicaからApplePayのSuicaに取り込み、チャージ決済にはVIEWカードを利用、対象域内ではオートチャージしている。
Suica圏内の居住でなくてもVIEWカードは発行(審査については別の話)されるし、確かにオートチャージは対象圏内でしか効かないが、手元のiPhone内Suicaアプリから任意のタイミングでチャージができるので問題にはならない。

ここで考慮したいのは、オートチャージ云々よりもチャージ決済によるポイントの有無について。
上記アプリ上で、決済カードを(VIEWカード以外でもある程度)自由に設定できるが、多くのカードではSuicaチャージに対してポイント付与対象「外」にしていることである。
唯一、VIEWカードだけは1.5パーセントの還元率でポイントを還元する。
月2万円程度の利用だとしても年間約24万円。1.5パーセント還元は約3,600円になる。

同じように、JR西で普及しているSmartICOCAのチャージに利用する決済カードも、特定のものを除きポイント付与対象外が大半である。
ちなみに、手元のSmartICOCAのチャージではキッチリ2パーセント還元を実現するカードで決済している。(お詳しい方はブランドやグレードまで判ると思う)
尚、
一般決済クレジットカードとして見た場合には、VIEWカードは0.5パーセントのポイントしか蓄積されないので、メイン決済カードにはなり得ない点、Suicaチャージ専用と認識しておく必要はある。

年間7桁の旅費交通費を使うので、決済に関わるポイントは侮れない。
また、
現在では交通系電子マネーは交通利用だけでなく物販にも拡大しているし、利用に際しては全国「相互乗り入れ」が実現している。

現金至上派の方々を批判するつもりはないし、人それぞれ自由でよいと思う。
だが、首都圏のコンビニで小銭ジャラジャラ...は、後に並ぶ人の時間を奪うのは確かだろう。

ケイタイ代を滞納すると怖い理由

iPhoneXの分割払いが通らない?
http://and-em.com/blog/index.php?no=r4338

この記事への流入が相当な数になっている。
専門家ではないものの、自分の知識と経験によって書いてみた。

ケイタイ代金払いを滞納して金融ブラック入りする人が増えているらしい。
キャリアのケイタイ(docomo、au、SB)を契約すると、必ずCICやJICC(信用情報機関)に登録しますよ。という書面にサインをしているはず。
そして、登録された情報と支払い実績は、他のクレジット会社やローン会社などが自由に閲覧できますよ、と念押しされている。(docomoのwebでも朱記表示されている)

CIC(信用情報機関)を自分で開示して見てみると良く判るが、支払い(あるいは遅延等)が記録される記入枠は24マスある。ケイタイ代は24回払いが最長(最近は48回も出てきたらしいが...)であるため、そこに記載された記号は消すことができない。
例えば、24ヶ月を超えてずっと継続して払い続けるのであれば、24マスを超えた時点でその記録は押し出されて消える。直近24回分の記録が残るため、25回より古い記録が見えなくなるためである。
だが、24回が最長である限りその記録は消えることがない。

そして、24回完済し「完了」となってからも、その記録は更に5年間保存・掲載し続けられる。
私の記録も、今やiPhone8、iPhoneX時代であるが、5や5s時代の記録がまだ残っている。もちろん無傷で完了ではある。

住宅ローンじゃあるまいし、たかがケイタイ代...、という感覚の人が増えたのかもしれない。
「約束を守らなかった=支払い期日に入金がなかった」事実は、大きな金額の負債であろうが、数千円のケイタイ代であろうが、ネガティブな情報としては同じであることを忘れない。

一つでも傷が付くと、クレジットカード審査にも影響があるだろうし良いことは一つもない。
たかだかケイタイ代。だが、クレジットヒストリーには傷をつけないことを心がける。
「ちょいワル」なノリや、「ま、ひと月くらいいいかっ」ってな感覚は捨て去ることだ。

iPhoneXの分割払いが通らない?

毎年、このシーズンはiPhoneの新型が世に出る時期。
iPhoneXの話題がそれなりに目に付くのだが、今年は少し異なった話題が増えている様子。

iPhoneXの分割支払い審査が通らない。と。
もちろん私のことではなく、そうした情報がwebでチラホラ目に入る。

割賦購入時には個人信用情報機関の情報を参照される。こうした信用情報機関の情報(CIC、JICC等)に傷があると恐らく審査は通らない。
ケイタイ代支払いをコンビニ払いなどにして、今月はちょっと物入りだったので来月に...。といった感覚で滞納してしまう。そして督促ハガキが届く。
これを繰り返していると、自分自身の信用情報には支払い期日を守らなかった(入金が無かった)記録が残る。
こうした傷があることに気づいていない人が多いのではないだろうか。

結果として、予約を入れ入手を待ち望んだiPhoneXを分割では購入できなくなる。
それどころか、クルマのローンも通らないだろうし、更に大きな買い物など推して知るべし。

たかがケイタイ代金、と侮るなかれ。
500万円のローンでも、月額数千円のケイタイ代でも、支払い履歴には同じようにその結果が残る。
だから「毎月決められた日にしっかりと支払いをする」ことで、約束を守ったという記録を残すことができる。
キッチリ決められたことを守る。といった、ただそれだけのこと。
クレジットヒストリーと呼ばれるこうした信用情報は、積み重ねてきた自分自身の信頼の証であることを忘れないことだ。

webには、同じく「そんな10万円くらい一括で払えばええやろ!」的な声もチラホラ。
確かに割賦でなくても良い金額だろう。
だが「払わなかった傷ではなくキッチリ支払った実績を残す」ことは信用としてプラスに作用する点を忘れてはならない。
現金主義の人は、それはそれで立派だと思う。だが、ある程度の年齢まで現金主義を貫き通すと、こうした履歴が一切残らないため「スーパーホワイト」と呼ばれる。
こうした人たちは、クレジットヒストリーを蓄積していないため、割賦を組む場合の信用はゼロに等しい、ということも知っておきたい。

何というのか、学校の校則を守るのは優等生ぶって嫌、ちょっとした軽微な違反をするのがカッコいい。
とでもいうのだろうか。
今日は残業はしんどいから、日報は明日でもいいか...的な。
横断歩道で、クルマ一台も見えないし誰もいないから赤信号でも渡っていいだろう...的かも。

ちょっと昭和すぎる例えもあるが、こと金銭絡みでは優等生であり続けることが自分の身を守る。

過去に、ソフトバンクが信用情報機関へ誤った申請(ケイタイ代金を支払っているにもかかわらず遅延したという記号をつけた)を行ったトラブルがあった。なんとその数、6万人を超えていたらしい。
大手携帯キャリアでさえ、絶対にあってはならない事故を起こしている。

キッチリとクレジットヒストリーを蓄積することと、自分自身の信用情報機関の情報は、自分の手で確認するのが良いのではないだろうか。
私は、SB社のiPhoneを契約したことはないし今後もするつもりはない。そしてCICの情報は自分自身で定期的に確認することにしている。

二者択一しかない世の中

デジタル思考というのか?(2009年12月31日記事)http://and-em.com/blog/index.php?mode=res_view&no=2195で書いたことがあるが、以降8年近くの時間が流れた現在、更に「二者択一」的判断が幅を利かせる世の中になってきた。

YesかNoか、正しいか誤りか...。
そんな単純選択しか結果を求めない風潮。

もちろん、事を細分化して行くと、最終的には二者択一判断の積み重ねによって物事が動いているのだと思う。まさにデジタルデータを符号レベルで解析したかのような感じとでも言うのか。

だが、表面的な二者択一判断を繰り返していると、イレギュラーな事項が発生した場合に必要とされる「何を優先しどう判断するか?」という総合的な思考能力が落ちてしまうリスクはないのだろうか。

AIに仕事が奪われるかどうか?を心配する以前に、どこへ行き何を食べたか...といったようなビッグデータの一つひとつを、せっせと日々SNSへ蓄積することに精を出している限り、自ら条件を悪くするばかりかもしれない。
同じように、自分自身が◯か×かしか判断しない生活を送ることは、自らの思考能力も閉ざしてしまっているのかもしれない。

世の中が便利になることは大いに歓迎したいし、AIがどんどん賢くなるのも避ける方向にはないだろう。
こうした環境の中で、自らのポジションや判断基準をどこに置いているか?という客観的な思考を忘れてはならないと思う。

AIが飛躍的に進歩する将来、あなたは単純判断しかできない人間であり、世の中の役に立たないとマークされている。存在・必要性が低いためリソースの無駄と判決が降りたので抹消する...と、クルマをハッキングされて事故死を装い消される。といったSFのような最期を迎えることだけは真っ平御免こうむりたい。

礼儀とバランス感覚

礼儀なんてどうでも良いし、中身があればいい、結果が出ればそれでいい。
といった感覚の人がいらっしゃる。
当然、人ぞれぞれ。

ただ、人と人が面と向かって会話を交わす場合には、最低限のマナーや言葉遣いにも配慮が必要だと思う。
この人は幼少時からしっかりと躾られてきたんだね。と、瞬間に分かるものである。

また、形だけを重んじていても冒頭のように結果が出せなければ生きてゆけない。
このあたりは業務上の駆け引きもあるだろう。
だからこそ、これらのバランス感覚がものを言う。

蓄積され形成された人格は、信頼に結びつく要素としてかなり大きなウエイトを占める。
4720178
rss_logo

New Entries

Categories / Archives