アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

Archives

2018年-新年ご挨拶

photo by AKIRA MIYAMOTO
2018年、新春のお慶びを申し上げます。

年賀はがき発送による新年ご挨拶は十数年前に終えております。この場にてのご挨拶とさせていただきます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

今年から投稿スタンスを変更し、半世紀を越え蓄積したナレッジを、webの属性から乖離しない範囲においてアーカイブできれば、と考えています。
世の中、世代交代が進みます。もちろん、業務上では現役続投に変化はありませんが、情報検索やより高度な情報集約が行われる時代、個人レベルのスキルであってもwebベースに載せて行く必要がある、と強く感じるようになってきました。

どこへ行った、何を食べた、誰と何をした...。そして、いいね!を集めて友人と交流する。
こうしたSNSに見られる投稿は、それはそれで楽しめばよいのであり否定するものではありません。
しかしながら、そのデータはSNS提供・運営元の人工知能を育て、広告データをはじめとする各エレメントのプレイヤーに利益をもたらすばかりで、昨年社会問題化したキュレーションメディアによる偏ったニュース報道を見るまでもなく、世論さえも左右しかねない危うさを孕んでいることを意識している人は皆無に近いかと感じます。

且つ物理データは北欧などのデータセンターに蓄積され、その稼働に電気エネルギーを消費し続けます。
自ら過去投稿を削除しない限り、そして新規投稿アクションが続く限り、そのデータは無限に増え続けるという認識も持っていないのではないでしょうか。

こうした状況を鑑み、やはりスキル継承や(言葉が悪いながら)啓蒙などに注力が必要だと私は考えています。
キッチリと体系立てたサイトを別々に構築するのが望ましいのでしょうが、前述の、検索や情報収集選択の機能・役務提供がめまぐるしく進歩していることを考え併せると、必要な情報が必要な人の手元に届くためには、整理整頓され見た目が整っていることよりも、まずはwebベースでの情報アーカイブが必要であると考えます。

ここではBlogという過去のスタイルと枠を残した状態ではありますが、その範疇を超えた投稿を続けてみたいと思います。しばらくはカオス状態になることが予想されますが、現在は、webに存在するデータは、必要な人が必要な事項のみを手にいれることが可能になりつつある点にフォーカスしていただき、おつきあいいただけると嬉しく思います。
2018年、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年大晦日

photo by AKIRA MIYAMOTO
大晦日。
環境激変の2017年、各地・各所でご縁をつないでいただきました皆様にあらためて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

新年以降、この場への投稿スタンスを若干変更してみようと考えています。
あと数時間でやってくる戌年も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

FM放送番組アーカイブについて

【告知】
現在、FM放送2局2番組でお話しをさせていただいています。
これらの放送済み音源アーカイブは、すべて公開し、引用・参照の場合には、ご一報いただきたくお願いしておりました。
しかしながら、連絡なし引用・連絡なし参照等が増加の一途であることから、限定公開とさせていただきます。

メルマガ【平成のデジタルフォト通信】ご登録にてご縁のあります皆様には、ご覧(お聴き)いただけるよう別途ご案内いたしますのでご安心ください。
新規ご登録はこちらからどうぞ--> 平成のデジタルフォト通信新規登録

大変勝手を申しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

新たなご縁に感謝

出張写真研修・セミナー・講演が続く。
今年に入り、いわゆる有名企業・一兆円企業様からのご依頼が増加。大変ありがたく光栄なこと。

出張写真セミナーイメージ

何も考えない...のがイマの主流でしょ。だってスマホが勝手に綺麗に撮ってくれるんだし。
難しいことなんて考えても何も変わらねぇし、そんな面倒なことやってらんねー。

確かにそうした声もあながち間違いではない世の中になってきた。
だが、「伝えるため」には、意図や意思があるはずだし、その結果を導くためのプロセスも必要になる。

講義・授業の進行途上、解説をしながらの比較2枚。
この間10〜15秒間ほど。
iPhone7plus使用。

出張カメラ講座撮影イメージ

もちろん、箸の位置だとか盛り付けに関すること、また更に追い込む必要がある構図など、詰めが必要な部分は数多くある。
webでは、とにかく人を貶すことに喜びを見出す奇妙な趣味の人が増えたが、この講義で学ぶべきことは、そんな部分ではない。

「すごく楽しかった。(ご参加者)」
「参加者の満足度はかなり高かったと思う。(主催者)」
こうしたお声をいただき、拍手で送り出していただくのが何よりもの喜びであり誇りとするところ。

【出張写真教室・カメラ研修セミナー・講演講師派遣】よりお声がけください。新たなご縁に感謝。

「らしさ」を追求する

photo by AKIRA MIYAMOTO

先般のティーブレイクミーティングでは、それぞれの方がご自身の作品を持参いただいており拝見することができた。
その中で強く感じたのは「自分らしさ」をしっかりと確立なさっていること。

もしかすると、ご自身ではあまりそうした部分を意識して撮影されていない可能性もあるのだが、見る側にはしっかりと伝わってくる。

例えば、構図。
例えば、光の向きや加減。
例えば、色彩・トーン。

それぞれ、撮影時の撮影者の意図がはっきりと判り、画像処理工程での各プロセスに意図が見える。
結果として「統一感」が生まれ「意図や意思」として見る者に伝わる。

ネガティブに言うならば「似たような絵」かもしれない。
しかし「統一感による明確なメッセージ」が見える点で、撮影者の「らしさ」を伝えることができたとも言える。

頻繁に開催することは難しいものの、継続開催を目指したいと思う。
4848441
rss_logo

New Entries

Categories / Archives