アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

Archives

スマホカメラの限界と妄想

「そうだ、プロに撮ってもらおう!」

さまざまなタイミングと場所で、記念写真を撮る機会が増えているようだ。
多くの場合、使われるカメラはスマートフォンだろう。

お互いのスマホを交換し撮影が一巡すると、「そうだ、プロに撮ってもらおう!」と発言なさる方が出てくることが多い。
触ったことのない機種のAndroidのスマホ(Android機は機種ごとにカメラの作法が大きく異なる)を手渡され、次の瞬間には撮影者になってしまう。

まず、ある程度の世代以上の方だと「撮ってもらってもいい?」という感じで控えめに依頼され、こちらでOKの返事をした後で撮影になる。
だが、お若い世代の方だと「そうだ、プロに撮ってもらおう!」の後いきなりスマホを渡され、ハイハイみんな並んで〜。となる。

いや、別に構わない。みんなで楽しく記念写真を撮れればいいと思う。偉い先生でもないわけで。
しかし問題は...。

こちらで撮影したあとスマホを返却。そして画面に表示された写真を見て「う〜ん...。」という納得できない表情をなさる場合。あるいは、はっきりと発言なさる方もある。「自分が撮ったのと変わらないや...。」と。

この方達は何を求めていらっしゃるのか。
職業撮影者に撮影を頼めば、魔法のように見違えるような結果が手に入る。ということなのだろう。
だが、専門家に頼むとなぜ結果が変わるのか?について理解ができていない。あるいは漠然とそんな妄想を持っているだけかもしれない。

カップラーメンと熱湯、3分間の時間だけを手渡された歴史ある有名料亭の料理長は、どうやって自分らしさ発揮するだろうか。
湯を沸かすのは電気ポットではなく南部鉄瓶だろうか。水は富士の裾野の湧き水や六甲の天然水を使うのだろうか。
こうした部分で差別化を実現することは可能かもしれない。でも、結果はカップラーメン以外のものには成り得ないはずだ。

スマホカメラであっても、より魅力的に見える構図を考える、あるいは立ち位置や高さを変えてみる。さらにはレンズ焦点距離(デジタルズームの品質劣化は無視する)を使ってみたり、あるいは露出を少し触って表情が明るくなるようにしてみたり...。
色々なことをその僅か数秒間で考え操作してみる。
だが、スマホカメラで何か弄ると、途端にデータが破綻するレベルになるケースが多いのである。

即席麺を銅なべにあけて具材を選んで煮込む...、といったようなレベルの変更は、スマホカメラでは実現しないし、料理長に与えられた3分間の制限時間と同じく、ハイハイみんな並んで...の数秒間では、それ以上のパラメータ変更は実現不可能だろう。

今、学ぶべきこと。それは、
---撮影を依頼するには、僅か一言で良いので確認する配慮。
---結果はスマホの限界によって制限される。魔法のように結果が変わるわけはなくそれは妄想に過ぎない。
ということ。

何もかもeasyになりすぎて、日本人として大切なことが置き去りにされていないだろうか。
撮影はもっともっと楽しみたいけれど...。

夜の撮影

photo by AKIRA MIYAMOTO
夜でも気軽に、しかも片手でも撮影ができるようになった。
スマートフォンの進化はありがたい。

基本的に小さい画面内でしか鑑賞しない。
元から広角焦点域なので低速シャッターの限界が広がる。
解放F値の明るいレンズが装着されている。
手ぶれ補正もそれなりに効く。

こうしたすべての条件がプラスに作用する。
その感覚のままビギナーグレードの一眼レフに移行すると、ブレ多発、失敗作品が量産されることになる。
この結果を持ってスマホのほうがキレイ!と語る人が増える。これでいいのかカメラメーカー?

(アーカイブ参照)
Link--->入門グレード一眼レフに未来はあるか

カメラと写真をもっと語りませんか。
メルマガ【平成のデジタルフォト通信】http://and-em.com/mailmagazine.htmlへどうぞ。

作風を維持する

photo by AKIRA MIYAMOTO
スマホカメラはいつでも誰でも手軽に撮れるため、人と似たような作品になりがち。
だからフィルターで差をつけよう...と、やってしまうと、更に似たような結果となり自分らしさを欠くことが多い。

首尾一貫した作風を維持なさっている方の作品に触れると伝わるものがある。
私はiPhoneでのスナップばかりだが...。

ポケットにカメラがある有り難さ

photo by AKIRA MIYAMOTO

割れガラスに、粘着テープ張りのタイル。
パイロンにバーを渡しただけの簡易バリケード。

あと数時間で夜の喧騒が満ちてくる。
さまざまな表情をみせる街の一角を、ポケットのカメラで収めてみる。

入門グレード一眼レフに未来はあるか

photo by AKIRA MIYAMOTO

いつでもどこでも手軽に撮影...。
といったスタイルが普及したのは、スマホカメラの影響が大きいという点に間違いはないだろう。

いまここで考えてみたいのはエントリーグレードの一眼レフの弱さについて。
例えば夜間の撮影。

「こんな暗い場所だと三脚持ってなけりゃ手持ちでは満足に撮れないよ。」
それはスローシャッターに起因するブレ。手持ちではブレブレの写真しか残らないよね。
といった経験則を知らず、スマホから一眼レフの世界に入ってきた人たちが手に取ることの多いビギナークラスの一眼レフ。

過去から「1/レンズ焦点距離(焦点距離ぶんの1秒)」が手ブレによる失敗が目立たない限界。などと言われてきた。
この画像は、iPhone5sによる撮影だが、ISO250、f2.2、1/15秒、29mm(35mm換算)。

これがミラーを備えた従来からの一眼レフであったなら、
ファインダーを覗いた時点で撮影情報から「手ブレ補正がないレンズだとこれはブレるな。大きく使わない限りは目立たないかもしれないけれど...。」
といった判断をする。しかし、これはビギナーには難しい。
また、そもそも29mmでf2前後の絞り。といった条件は、汎用ズーム(購入時にセットで付いてくるキットレンズ)では実現しない。

ある程度カメラに親しんだ層は、こうしたリスクと結果を自身の経験に刻んでいるだろうが一眼レフビギナーには厳しい。
もっとも、手ブレ補正機能が備わっているモデルでは問題が大きくならない可能性はある。


逆説的だが、上記のような悪条件でもスマホカメラは種々対策や設定変更をしない前提である限り、結果としてでっかい一眼レフよりも望ましい結果をもたらす。

購入のご相談を受けることが圧倒的に多い「エントリーグレードの一眼レフと暗いキットレンズ」は、現在のレンズ性能と販売スタイルが継続される限り未来は暗いように感じる。
4498389
rss_logo

New Entries

Categories / Archives