アンド・エム宮本陽ブログヘッダーイメージ

And Emotional Message -- And EM Official Blog

宮本陽・宮本章光 AKIRA MIYAMOTO@And EM Official Blog

New Entries

Timeline

IDセルフィーの撮り方と注意点

2018年最初の放送(タッキー816みのおエフエム様)では、「新春 カメラよもやまばなし」 と題し、3つの事項についてお話しさせていただきました。

その中で、「セルフィーは本人確認資料に利用する時代に」と題し、自撮りが一般化しますと、こんな使い方もありますね。というお話しでした。
「IDセルフィー」というとピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

webでの会員登録や新規申込時に、本人確認のために、運転免許証・パスポートなどを提示することが多いと思います。これらの資料をスマホで撮影しweb経由で送ることで本人確認をする、という方法はすでに一般化してきました。
これをもう一歩進めて、運転免許証の表面と裏面の2点の写真に加え、免許証を手に持った自分自身の写真も送ることで、本当に私の免許証ですよ。と証明する方法です。

海外では普及しつつあるようですが、日本でも一部のサービスで採用するところが増えている様子です。
このIDセルフィーの撮り方と注意点を3つあげてみます。
(以下、スマホカメラで運転免許証を撮影する場合です。)

●1.免許証文字部分に指が掛からない・影ができないように
●2.シャッタータップの時にはブレないよう卓上三脚なども活用してみる
●3.免許証の顔写真と現在の自分の顔が大きく違わないこと



【1.免許証文字部分に指が掛からない・影ができないように】

意外と注意がおろそかになる点かもしれません。特に、部屋の照明によって指の影が文字部分に落ちてしまうと、その部分の文字が判読不能とされるかもしれません。


【2.シャッタータップの時にはブレないよう卓上三脚なども活用してみる】

自撮りは、スマホを片手で持ちその手を伸ばすスタイルであるため、思いのほかブレやすくなります。簡易な卓上三脚等に固定するだけでも結果は大きく変わる可能性があります。
ブレて免許証の文字が判読できなければ目的が果たせませんので、やはり基本に忠実な撮影を心がけたいものです。
また、自分の手を離れて固定できるならば、セルフィー用インカメラではなく、アウトカメラが利用できますので、画質の点でも有利でしょう。
更には、ある程度の距離に離すことができますので、自撮り特有の「鼻デカ犬風」のデフォルメされた顔にならないといったメリットも出てきます。
自分の手を離れるとシャッターを押すことができませんので、タイマーを活用するか、他の人に押してもらいましょう。


【3.免許証の顔写真と現在の自分の顔が大きく違わないこと】

運転免許の更新年月近くになりますと、撮影した自分の写真は5年ほど前の姿かもしれません。免許証記載の写真と現時点での自分の容姿があまりにも違うと、本人であると認識されないかもしれません。
また、整形を行なっていたり、髪型やメイクが極端に変化しているのもリスクとなる可能性があります。
他、服装に規定はないと思われますが、寝間着姿やあまりにも派手なリゾートスタイルであったとすると、本人確認資料としては不適格かもしれません。

IDセルフィーね…、ハイハイ、免許証持ってスマホで自撮りすればいいんでしょ。ってなノリでやってしまいますと、結局、本人確認資料に不備がある。となって最悪はそのサービスの登録や申し込みが二度とできなくなるかもしれません。
オフィシャルの証明書類である、という意識を忘れないようにしたいものです。

鼻デカ犬の年賀状多数

ドクターイエロー photo by AKIRA MIYAMOTO

元日、この場にて簡単なご挨拶のみで済ませ失礼しています。
その後も、多くの年賀はがきによるご挨拶をいただきました皆様にはご返事をせず申し訳ありません。あらためまして御礼申し上げます。

さて、戌年ならではのワンちゃんの写真も数多く。
ネガティブな意図は皆無ながら、結構な割合で「鼻デカ犬」の写真が多く目に入る。それが良いか悪いかではなく、レンズの特性を知っておくのも良いだろうと思う。

広角域(広い範囲が写る)では、近い距離にあるものは大きく強調される。反対に遠い距離にあるものはより小さくなり、結果として対比が大きくなる、といった傾向がある。
広角域では、広い範囲が写るために、周囲の余計なもの入れたくない場合には被写体に近づく。ワンちゃんの場合は、どんどんカメラごと寄って行く。

こうして撮影されたものは「鼻デカ犬」風の、顔が強調された写真になる。
で、それがカワイイんですよ。という意図で作られているカレンダーが売れる。
でも、鼻デカ犬風に撮らないようにするにはどうするの?と言えば、明確に回答できる人はあまり多くない。
(こういう話になると、鼻デカ犬ポスターやカレンダーは、それで売れてんだからいいだろ。煩いこと考えて撮るもんじゃねぇ。と文句を言う人が出てくるが、話の流れとは関係がないので横に置いておく。)

このドクターイエローのように、手前の「鼻」を強調したほうが良い場合には、広角で寄る。
いや、スマホカメラしか手元になかったから結果として鼻デカになったんだよね。というツッコミはなしにして、その特性が自分の撮りたかったイメージと同じであればシアワセな結果が手にはいる。

何か違うんだよね。どうしたら思うようなイメージになるんだろう?という疑問に対する回答は、こんなところにある場合が多い。
今年は、もうインスタ映えではなくインスタ萎えだそうだ。
萎えずにもっともっと写真を楽しみましょ。

2018年-新年ご挨拶

photo by AKIRA MIYAMOTO
2018年、新春のお慶びを申し上げます。

年賀はがき発送による新年ご挨拶は十数年前に終えております。この場にてのご挨拶とさせていただきます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

今年から投稿スタンスを変更し、半世紀を越え蓄積したナレッジを、webの属性から乖離しない範囲においてアーカイブできれば、と考えています。
世の中、世代交代が進みます。もちろん、業務上では現役続投に変化はありませんが、情報検索やより高度な情報集約が行われる時代、個人レベルのスキルであってもwebベースに載せて行く必要がある、と強く感じるようになってきました。

どこへ行った、何を食べた、誰と何をした...。そして、いいね!を集めて友人と交流する。
こうしたSNSに見られる投稿は、それはそれで楽しめばよいのであり否定するものではありません。
しかしながら、そのデータはSNS提供・運営元の人工知能を育て、広告データをはじめとする各エレメントのプレイヤーに利益をもたらすばかりで、昨年社会問題化したキュレーションメディアによる偏ったニュース報道を見るまでもなく、世論さえも左右しかねない危うさを孕んでいることを意識している人は皆無に近いかと感じます。

且つ物理データは北欧などのデータセンターに蓄積され、その稼働に電気エネルギーを消費し続けます。
自ら過去投稿を削除しない限り、そして新規投稿アクションが続く限り、そのデータは無限に増え続けるという認識も持っていないのではないでしょうか。

こうした状況を鑑み、やはりスキル継承や(言葉が悪いながら)啓蒙などに注力が必要だと私は考えています。
キッチリと体系立てたサイトを別々に構築するのが望ましいのでしょうが、前述の、検索や情報収集選択の機能・役務提供がめまぐるしく進歩していることを考え併せると、必要な情報が必要な人の手元に届くためには、整理整頓され見た目が整っていることよりも、まずはwebベースでの情報アーカイブが必要であると考えます。

ここではBlogという過去のスタイルと枠を残した状態ではありますが、その範疇を超えた投稿を続けてみたいと思います。しばらくはカオス状態になることが予想されますが、現在は、webに存在するデータは、必要な人が必要な事項のみを手にいれることが可能になりつつある点にフォーカスしていただき、おつきあいいただけると嬉しく思います。
2018年、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年大晦日

photo by AKIRA MIYAMOTO
大晦日。
環境激変の2017年、各地・各所でご縁をつないでいただきました皆様にあらためて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

新年以降、この場への投稿スタンスを若干変更してみようと考えています。
あと数時間でやってくる戌年も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

そこに意図があるなら

photo by AKIRA MIYAMOTO

暮れに向かうに従い「インスタ映え」だ「忖度」だ...、と喧しい。
2017年の流行語大賞だとか。

何を楽しもうと、何を語ろうと、それはそれで人好き好き。
だが、朝令暮改のごとく、流行だからとにかく合わせる。
カリスマの言葉だから右に倣えするだけ。
他方、
論理的な思考もなく、とにかく否定するのみ。
何でもケチをつけるだけ。

もちろん、それもこれも人好き好き。
ただし、そこに自らの意志と意図、目的があるならば。

Categories / Archives